タグ:上海便 ( 2 ) タグの人気記事

勝ってびっくり!

 昨日(6/18)富山地裁で市民オンブズ富山のメンバーが富山県を相手に提訴していた裁判でオンブズ側勝訴の判決が出た。私も原告の一人ではあるが、正直言ってまさか勝訴するとは思っていなかった。

 事件は、石井隆一知事らが富山と上海との定期航空路線の開設を記念して上海を訪問した際の知事(県議会議長も)の宿泊代金が1泊5万円という高額なものであったことから、住民監査請求を経て提訴に至ったものである。
 事業は殆ど県の費用で、事務も県職員が行っているのだが、形式上「上海便を育て発展させる会」なる一時的な民間団体に委託したことになっていて、そこがまた県内の旅行会社に丸投げしている。
 2000万円近い金額の事業が県→育てる会→旅行社と、随意契約で委託されていることをわれわれのメンバーのひとりが不審に思って調査を始めたのがそもそもの端緒であった。その旅行社の社長も「友好訪問団」の一員として同行していることや、航空運賃が見積もり時より大幅に下がったにもかかわらず宿泊費などをアップさせて総額を減らさないように細工をしている疑いがあるなど、不正経理もあり得ると思ってオンブズ側は裁判に臨んでいたのである。

 私自身は原告に名を連ねてはいたが、当初はまだ前知事退職金返還裁判も継続中であったから、あまり熱心なメンバーではなかった。青島弁護士や発端をみつけた会員の松永氏などは、この春には上海まで出かけて、知事らが泊まった西郊賓館なる最高級ホテルの、当の最上級の部屋に泊まってみるという実地検証までする熱心さであった。

 はたしてその熱心さを裁判所が認めたのかどうか、われわれとしても(被告の県側はもっとびっくり仰天だろう)驚きの勝訴判決となった。以下に共同通信のウェブの記事をコピーしておく。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜共同通信ウェブサイトより〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎知事らの宿泊費「高額」 富山地裁が56万円返還命令
 石井隆一富山県知事らが二〇〇五年に中国を訪問した際に公費から支出した宿泊費が高 額だとして、市民オンブズマン富山が知事に宿泊費の一部に当たる百万円を県に返還する よう求めた訴訟の判決が十八日、富山地裁であった。佐藤真弘裁判長は、宿泊費が一人に つき一泊二万円を超える分については返還すべき対象と認め、知事や県職員ら十人分の宿 泊費計五十六万円の返還を命じた。知事側は控訴することを表明した。

 判決理由で佐藤裁判長は「県が業務委託した訪中団の事務局は県庁に置かれ、実務は県 職員が担当していた」と指摘し、知事は宿泊費が県条例の上限を超えないよう是正する義 務があったのに必要な措置を怠ったとした。

 訴状などによると、石井知事と職員ら計二十七人は○五年十一月、富山—上海便の就航 記念事業として訪中し、上海などを視察した。

 この際、当初の県の試算とは違い、現地の一泊分の宿泊費として知事と議長が五万円、 県職員一人につき三万円が公費から支出された。

 判決後に会見したオンブズ側代理人は「県には、住民の大切な税金を扱っているという 自覚を持って予算運用に当たってほしい」と述べた。

 石井知事は判決について、宿泊先は中国側の推薦で決まった点を強調した上で「ぜいた くなことをした覚えは全くない。やましいこともなく、きちんとした対応をしていく」と 述べた。

 富山県は、訪問団派遣事業は経済界も参画する「上海便を育て発展させる会」に委託し たことなどを挙げ、「中国の国情を考慮すれば、県が自由に宿泊先を決められない」と判 決に強く反発。その上で、「旅費が条例を形式的に上回ったことを違法と判断するのは、 事業全体の趣旨や特殊性、困難性を全く考慮していない」と反論した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ついでに朝日の記事(富山版)を載せておく。ここには原告として「市民オンブズ富山」の文字がない。オンブズが嫌いなのか、朝日は?(笑)



c0068917_16353617.jpg

[PR]
by sumiyakist | 2008-06-19 16:41 | 地方自治

また行政訴訟!

 前知事退職金裁判の控訴審判決の翌日の3月27日、またまた石井富山県知事を相手に行政訴訟を提起することになった。

 中沖豊氏の後を襲って富山県知事となった石井隆一氏は、富山空港からの上海への定期便を就航させることに成功したのであるが(正真正銘の手柄であるのかどうか、いろんなことを言う人もいるが、いまは評価に立ち入らない)、その就航を祝って平成17年11月20日〜24日に、石井氏自らが団長になり、県議会議長をはじめとする県の政財界人など26人を団員として「富山ー上海線就航記念富山県友好訪問団」の派遣を行った。

 この事業は、「上海便を育て発展させる会」なる「傀儡(トンネル)組織」に補助金を支出して委託した形をとったのであるが、実際はもちろん、県の職員が采配をしている。総額は、決算で1730万円あまりかかったのであるが、問題はこの訪問団の交通費宿泊費などの金額である。

 県出入りの旅行業者(株)ニュージャパントラベルに委託された経費のうち、宿泊費は、知事・議長は一泊5万円、団員は3万円という金額であった。当初の仕様書では全員一泊2万円で積算されていたから、この実績はべらぼうに高額といえる。(県の旅費支給条例では、この場合、知事らは1万7400円である。)

 市民オンブズ富山では、6人のメンバーが請求人となって、これらの点について昨年末に県の監査委員に監査請求を行っていたが、本年の2月23日に例によって、県側の意見聴取に終始した監査結果をもって却下の結論を出してきたのである。

 それを受けての住民訴訟というわけである。訴状を載せるのは煩瑣になるので、いまは控える。請求の趣旨は、割高となった宿泊費の総額を100万円と計算し、その額の返還請求をするよう富山県に対して求めるものである。

 できれば市民オンブズ富山のホームページで報告するようにしたいが、差し当たって、同じく富山県を相手の、私も原告に加わっている裁判ということで速報的に取り上げてみた。
[PR]
by sumiyakist | 2007-03-30 19:46 | 地方自治