タグ:シール投票 ( 1 ) タグの人気記事

朝日新聞はトロイの木馬か?

c0068917_17563149.jpg

 過日(3月13日)、朝日新聞に国民投票法案についての世論調査の記事(上)が出た。こういう時期に国民投票法案について世論調査をするという、それ自体を批判するわけではないが、その結果を見て驚いた人は多かったはずだ。
 富山の駅前で同じく国民投票法案への賛否を問う街頭アンケート(シール投票)を行った友人たちの報告によると、賛成23 反対74 分からない20で、圧倒的に反対が多かったという。無差別の電話アンケートと、積極的な意志による街頭でのシール投票という方法の違いも考慮しなければならないが、それにしても差が大きすぎないか。
 この「シール投票運動」を提唱し集約を行っているグループが最終結果を取りまとめて発表している。
最終投票結果(3月10日)
 それによれば、賛成は758(13%)、反対は3977(69%)、分からないが997(17%)である。
 なぜこうも大きな差が出るのか? 
 朝日新聞については(切り抜きをなんどか掲載してきたが)、その編集姿勢を批判もしてきた。(例えば「朝日新聞・ヤヌスの顔」 「アンケート」のコメント最下段。)
 だいたいがこの新聞は、体制批判の装いをしながらその批判側にすりより、事態がいよいよ最終局面になったときには、くるりと身を翻す、あるいは時によっては背後から弾を撃つということを常套的に行ってきた。つい先頃の教育基本法改悪案が成立する決定的局面でも同様であった。
 権力側から送り込まれた「トロイの木馬」とでもいうべき存在だ。政治状況が煮詰まってきた時にはとりわけ注意が必要である。
 この新聞記事が出た直後に、シール投票運動の主唱者である野田隆三郎・岡山大学名誉教授がメーリングリストに発表された批判文を引用しておく。全く同感である。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2007-03-18 18:08 | 憲法・教育基本法