薪ストーブ

c0068917_2116392.jpg 今日、5月2日夜の写真である。雨模様の一日で、気温も上がらない。
 例年のことであるが、この時期も少なくとも朝夕は薪ストーブを焚いている。写真に写っている薪は、焚く前に少しでも乾燥させようとストーブにもたせかけている。材はクヌギである。炭に焼いても一級品になる。ケヤキやカシ以上に贅沢な薪である。
 「クヌギをストーブで焚いているのはうちと天皇家ぐらいだろう」と家の者や友人に豪語している。
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-02 21:26 | 自然と暮らし

山で暮らしながら下界に関わる日々


by sumiyakist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31