結審

 5月24日の第4回公判から裁判長が交替した。裁判官の異動に伴うもので、佐藤真弘裁判長となった。(左右の陪席裁判官は変わらない。)それにしても、交替したという挨拶ひとつあるわけでなし、もちろん、自己紹介など一言もない。
 今回のように途中で裁判官が替わった場合、これまでの審理をいわば「おさらい」するための「更新」という手続きを要求出来るらしいが、われわれの場合、そこまでする必要もなかろうということで、そのまま継続したのである。
 聞けば、前任の永野圧彦裁判長から引き継ぐ案件が50件ほどもあるらしく、われわれが取り上げている法律の条文解釈だけの問題のような単純なものばかりではないだろうから、大変といえば大変な仕事ではある。しかしそれにしても、民主的な制度による裁判なら、一言「こんど審理を担当する○○です。よろしく」ぐらいの挨拶はあってしかるべきだろう。
 裁判官が目の位置よりも高いところから見下ろすという裁判所の構造について、はじめて裁判所に入ったというメンバーが大いに異を唱えていたことがあるが、司法制度改革というなら、こういう法廷の構造や慣習に現れる「非民主性=非対称性」をこそ変えなければならないのではないか。
 さて、被告側の反論(準備書面1)に対して、わが方は再反論(というよりほとんど黙殺)の第2準備書面を提出した。私に書かせて貰うならもっとクソミソにやっつけてやるところであるが、青島弁護士が法廷用語を使って書いたのは次のような穏やかなものである。
 これをもって「前富山県知事退職金返還請求訴訟」の第1審は結審し、8月2日の判決を待つことになった。

           第 2 準 備 書 面

 原告は下記の通り被告の答弁書に関する主張に対して認否及び反論を準備する。
                  記
1 上記書面の第1は争う。
  晴山教授の意見書は議会の民主的統制のみではなく、条例改廃請求権等による住
民の自治体に対する民主的統制の観点も指摘しており、被告の主張は一部のみを取り
上げるもので失当である。
2 同書面第2は争う。
  上記の通り、被告の主張は前提を誤っており失当である。
  なお、原告らは訴状において選挙による住民の意見の反映を指摘するなど住民に
よるコントロールの問題を指摘しており、晴山教授の意見書も上記の通り、条例改廃
請求権による民主的統制の重要性を指摘しているのに、被告は答弁書以降今回の準備
書面(1)に至るもこの点について触れておらず、反論不能となっていることが明ら
かである。
                                         以上


[PR]
by sumiyakist | 2006-05-26 09:02 | 知事退職金

山で暮らしながら下界に関わる日々


by sumiyakist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30