市政ウオッチング

c0068917_9364968.jpg

 わが市民オンブズ小矢部は設立後まだ3年あまり。上の写真が機関誌である。何せ印刷するところまで手作りであるから頻繁に出せないが、中身は濃い。B5判・8頁。これで100円は安い(笑)。
 定例の会議は毎月1回。おもに小矢部市行政の、市長交際費・公共事業の入札などについて情報公開条例を使って監視や提言・申し入れなどを行ってきた。
 その過程で、自民党の政治資金窓口である国民政治協会への年会費1万2千円をずっと公金(市長交際費)から出し続けてきたことが判明した。(その他にも官官接待や公私混同と思われるものなど、いい加減な支出があった。)
 国民政治協会への支出に関しては2003年に住民監査請求を提起。これが小矢部市としては史上初(!)の監査請求となった。監査委員事務局は、何しろ初めてのこととあって、応対やら書類の作り方など、てんやわんやで対応していたようであるが、後日、監査委員事務局長(課長クラスの市職員)は「いい勉強になりました」と述懐したことであった。
 この件の監査結果については、1年以上経過の「時効の壁」に阻まれたが、市長が過去にさかのぼって自費で返却するという実質上の成果をあげた。
 市長交際費についてはその後も追及し、上の写真のように国会議員との飲食2件(東京・赤坂と市内の料亭)について再び監査請求をしたのである。
 この時の監査結果は、1件は「時効」で監査請求の対象とせず、あとの1件のみについて対象としたものの、出席者(国会議員・県会議員など)の氏名も明らかにせず、「社会通念上の範囲にとどまる限り許容される」と開き直ったものであった。
[PR]
by sumiyakist | 2005-09-28 09:55 | 知事退職金

山で暮らしながら下界に関わる日々


by sumiyakist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30