タグ:鈴木安蔵 ( 3 ) タグの人気記事

鈴木安蔵という人

c0068917_13584983.jpg


 昨夜(4/11)、総合会館で「日本の青空」上映会の事前学習会(第2回目)があった。元富山大学教授(憲法学)の篠原巌氏が講師。氏は、静岡大学学生であった時期に鈴木安蔵教授のゼミで2年間にわたって教えを受けられた方である。(上の写真、中央が篠原巌氏)
 平日の夜ということで参加者は24〜5人であったが、鈴木安蔵という人物について、あるいは、憲法制定事情にかんする鈴木の考えかたについて、興味深い話をいろいろ聞くことが出来た。たまたまお近くに篠原氏がおられるという幸運に感謝する声がしきりであった。

 篠原氏は1940年のお生まれで、1960年、静岡大学2年生で鈴木安蔵ゼミに入られたとのことである。60年安保闘争まっただ中のことで、勉強はそっちのけであったが、新聞会にも所属して大学新聞の編集にも携わっていたことから、鈴木教授への原稿依頼と清書(教授はたいへんな「達筆」で、そのままでは印刷屋にだせなかった)を担当することになり、親しく謦咳に接せられたという。
 氏は冒頭、鈴木が静岡大学に招かれることになった事情について以下のような興味深い話をされた。
 鈴木安蔵は、京都大学治安維持法で逮捕され自主退学したのであるから大学中退のままであった。3年間の獄中で憲法、とりわけ明治憲法が制定される過程を研究し、戦後、その「明治憲法制定史」として学位論文を提出して博士号を得たのである。その鈴木が静岡大学に職を得たのは学生の要求があって、それを教授会が受け入れて教官として招聘したのであるということを新聞会の先輩学生は教えてくれたとのことである。学生の要求で教授が招かれるなどということは、今日から考えれば夢のような話であるが、戦後民主主義下のいきいきとした大学の気分が察せられるエピソードである。
 鈴木の憲法制定にかんする見解として、印象深く聞いたのは、憲法研究会として「憲法草案要綱」をまとめ上げることに大きな力となった鈴木ではあるが、1946年の衆議院議員選挙によって成立した国会で憲法を制定してしまうことには批判的であったということである。このあたりは映画では触れられていないが、鈴木としては、国民のなかから広範な憲法制定運動が起ってきて、国民的議論を経て国民投票で憲法が成立することを期待していたのだということだ。
 憲法研究会の「草案要綱」を、会員間の意見の相違を包含して「最大公約数」的なものにまとめ上げた努力は、鈴木の力によるところが大きいと思われるが、その努力も、この草案をもとにして「民主人民戦線」(鈴木の言葉)と結合して新しい憲法制定へつなげてゆきたいという鈴木の願いのゆえと考えることができる。
 (この項続く)

 
[PR]
by sumiyakist | 2008-04-12 14:09 | 憲法・教育基本法

静岡大学教授・鈴木安蔵

c0068917_21432286.jpg

「日本の青空」の主人公・鈴木安蔵の関係者が意外に近くにいることに驚いている。
 映画を観る前に事前学習をしたらどうかということになり、もと富山大学教授で憲法学がご専門の篠原巌氏に事務局で講師をお願いしたところ、なんと、篠原先生は静岡大学教授時代の鈴木安蔵氏にゼミで2年間も教えを受けていたとのことである。これは願ってもないことと、鈴木安蔵の実人物像などの話も交えて講演をしていただくことになった。
 じつは(これは以前から聞いていた)、かなり若い世代ではあるが、市民オンブズ富山の代表である青島明生弁護士も静岡大学の出身である。念のためにメールで確かめたら、
                  *
(鈴木安蔵氏は)私が入学した頃にはおられませんでした。
 鈴木安蔵先生が後任に引っ張ってこられた丸山健先生に教わりました。
 (静大を退官されたのは)おそらく、7〜8年前の話ではなかったかと思います。
 丸山先生によれば、映画のように苦労されたので、丸山先生には「丸山君、いざというときのためにお金を貯めて貸家を持った方がいい」と言われたそうです。
                   *
とのことである。
 いわゆる「恒産なくして恒心なし」を愛弟子に諭されたのであろうが、鈴木氏自身は、恒産がなくても恒心を持つこが出来ることを身をもって示したのかもしれない。丸山健氏は後に(S.52〜57)静岡大学学長を務められた。
 なににしても、4/11の事前学習会は興味深いものになるだろう。
 午後7時半から、小矢部市総合会館。地図
[PR]
by sumiyakist | 2008-04-06 22:30 | 憲法・教育基本法

日本の青空

c0068917_23373844.jpg

 三宅晶子さんの講演の内容は次に延ばして、昨日観た映画 「日本青空」のことを載せておこう。(私にすれば珍しくも、ひと月もしない間に2本の映画を観たのだが・・・といってもこの春にもそんなことを載せたか!?)。
 この映画が制作されるにあたって広く製作資金を募っていたことを覚えている。県内の平和運動のメーリングリストでも話題になり、どういう協力をすればいいかについて意見が交わされたこともあった。が結局、10万円の資金を出して、交換に出来上がった映画の鑑賞券を100枚受け取るというシステムに合致することが出来ず、立ち消えの格好になった。

 昨日の上映はたまたま富山県弁護士会が、日本国憲法施行60周年(5月3日)を記念して弁護士会の会員・関係者で開催したものであった。座席に幾らかの余裕があるとのことで一般にも開放して、希望者数十人を、いわば無料招待してくれたわけである。

 日本国憲法がアメリカ占領軍の「押しつけ」であるという見解は、改憲・護憲の立場はともかく、当たっているところも勿論ある。その具体的な状況に関しては、近年になって当時のGHQ民政局にいて男女平等条項などを起案したベアテ・シロタ・ゴードンという女性が注目を浴びて来たというようなこともある。(彼女は自らも関わった日本国憲法の擁護を訴えて各地で講演会を行っているし、彼女を主人公にした演劇「真珠の首飾り」も公演されている。)
 しかし、じつは、そのGHQの憲法案作成に際して非常に大きな影響を与えた「憲法研究会」という民間団体の憲法案(「GHQ草案のお手本」)があったが、そのことはあまり注目されてこなかった。研究会の代表的立場にいたのは高野岩三郎(大原社会問題研究所長)であるが、実際に憲法草案作成の中心になったのは鈴木安蔵という少壮の憲法学者であった。
 映画は、この在野の憲法学者を主人公に、安倍首相が国会で改憲を述べている現在と、戦中・戦争直後とを織り交ぜながら進行する。

 憲法制定秘話という、これほど堅い政治問題はないほどの内容であるにもかかわらず、2時間という上映時間が長いと感じないほどうまく組み立てられた映画である。
 詳しい紹介はまたの機会にするが、近くで上映されることがあれば是非ご覧になるといいし、あるいは、自主上映会などでその機会を作るように協力されることをお勧めする。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-09 00:44 | 憲法・教育基本法