タグ:行政 ( 1 ) タグの人気記事

行政訴訟をする意味

 中沖前知事退職金については市民オンブズ小矢部のメンバーで裁判をしているが、私個人としては、その他にも、志賀原発に対する訴訟(北陸電力に対する民事訴訟。1号機以来、現在は2号機の差し止め)や自衛隊イラク派兵違憲訴訟などにも原告として関わっている。
 それらの裁判は、すくなくとも私に関しては、日本の司法=裁判所を全面的に信頼して裁判所の判断を仰いでいるというわけではない。このブログの中でも折にふれて述べてきたが、むしろ、司法を信頼できないからこそ裁判を起こしているといったほうがいい。
 すなわち、現代日本において、とりわけ行政相手の裁判を提起するのは、私にとっては次のような理由による。
1.裁判を起こすことによって問題を「社会的事件化」し、マスコミなどを通じて世論を喚起する。
2.裁判を継続することによって、運動自身の継続を図る。
3.司法に(裁判官ひとりひとりに)対して、「法と良心にのみ従って」行動するべきであること教育する。
4.良質の裁判官と腕前のいい代理人=弁護士のめぐり合わせという、よほどの幸運に恵まれれば、勝訴判決を得て、司法の判断を求めるという裁判本来の目的を達することができる。

 3についてはすこし説明がいるかもしれない。裁判官は、とりわけ行政訴訟にかんしては、「法と正義」を看板にしながらも、最高裁事務総局を頂点とする司法行政の中で権力支配機構に組み込まれており、自己保身のゆえに行政よりの立場に身を置かざるをえない環境にある。そういう裁判官に対して、常に「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される」(憲法第76条)を呼び覚まさせる活動こそ市民的立場からの行政訴訟であるといってもいい。
 つまり、司法をあるべき姿にするよう裁判官を啓発するために訴訟を提起するということである。「市民オンブズ運動は世直しのボランティア運動です」というのが市民オンブズ富山を立ち上げたときのスローガンであるが、そのでんで言えば、「行政訴訟は司法を監視し正すためのボランティア運動」でもある。
[PR]
by sumiyakist | 2007-02-25 21:05 | 知事退職金