タグ:志布志 ( 1 ) タグの人気記事

富山(氷見)冤罪事件

c0068917_8585170.jpg 左の記事が「えん罪事件」の発覚を伝える報道である。マスコミは今に至るもずっと「誤認逮捕」という表現を使っているが、前にもかいたように、「誤って」ではなく、明らかに警察は「故意に」冤罪事件を作り出して来た疑いが強い。


c0068917_8463583.jpg

  前々回に書いた集会が富山で開かれた。冤罪事件の元被告・柳原さんは、各地の集会や大学でこの事件に関して講演をしてきたというが、地元の富山で公開の場で話しをするのは初めてであるという。
c0068917_8472335.jpg

 同じく警察の強引な捜査によって選挙違反事件がでっち上げられた鹿児島県・志布志事件の関係者も4人が遠路出席してくれた。こちらは、13人を被告とした裁判そのものが無罪となり、その自白を「作り出した」警察・検察の捜査手法が冤罪事件を生み出したとして俎上に上げられている。国家賠償請求(国賠)訴訟が提起されているのである。
 本裁判から引き続いて担当している野平弁護士は「国賠裁判で勝つのは非常にハードルが高い。裁判が無罪なのだから国賠で勝って当然だ、といった安易な取り組みではなかなか勝訴できない」と強く警告していた。志布志では14人(20人といったかも知れない)の弁護団で捜査記録などを徹底的に洗い出して分析を進めているという。
 国家(公務員)の不法行為に対して賠償を求めるわけだが、その不法行為(つまり違法な捜査)の立証責任は原告側にあり、しかも証拠の文書などは殆ど警察・検察側が持っているという構造のなかで闘わなければならないからだ。

c0068917_848289.jpg
 志布志事件で違法な捜査手法として有名になった(悪名をはせたというべきか)「踏み字」の説明をする川畑幸夫さん。
[PR]
by sumiyakist | 2008-09-22 10:20 | 裁判批判