タグ:不二越 ( 3 ) タグの人気記事

不二越女子挺身隊訴訟

 朝鮮女子勤労挺身隊という言葉をご存じだろうか? 第二次大戦末期に国内の労働力不足を補うために、植民地だった朝鮮半島から小学校を終えたばかりの少女たちを、「上の学校に行ける」「お茶やお花を習わせて貰える」「ごはんが腹一杯食べられる」などと、騙すようにして「内地」へ連れてきたのである。富山市にいまもある不二越という軍需工場にも1800人を越えるの朝鮮の少女たちが連れて来られたという。少女たちは寄宿舎に閉じこめられ工場では成人男性の職人の替わりに旋盤などの機械を使って作業させられた。
 敗戦前後、彼女らは郷里へ送り返され、補償どころか給与さえ支払われなかった。「挺身隊」という言葉から軍隊慰安婦と同一視される誤解もあって、過去を明かすことさえ出来ずに来た人も多い。
 その何人かが不二越を相手取って謝罪と補償を求めて提訴しているのが、「不二越強制連行・強制労働訴訟」である。委細は不二越訴訟を支援する北陸連絡会HPにある。

c0068917_21172148.jpg 少し前のことになるが、その第2次訴訟が10月5日に結審(控訴審・名古屋高裁金沢支部)した翌日、韓国から来た5人の原告が不二越の社長との面会を求めて富山市の本社工場へ出向いた。
c0068917_2113224.jpg

c0068917_2115347.jpg 不二越は本社入り口を封鎖し、鉄のフェンスを張り巡らせて厳重なバリケードで原告団と支援者の隊列を迎えたが、隊列はあっという間にバリケードを突破、屈強な10人ほどの警備の社員を押し返して正門前で集会を開いた。
c0068917_2162993.jpg

c0068917_2142630.jpg

 原告のハルモニたちは次々とマイクを取って、いたいけな少女を不二越はどのように酷使し、賃金も払わずに送り返したかなどを語り、給与の支払いと謝罪・補償を求めて社長・会長の井村健輔氏との面会を要求した。支援者は県内だけでなく、福井、大阪や名古屋などからも参加者がある。(名古屋ではやはり三菱重工を相手にした訴訟があった。)マイクで訴えているのは原告の一人、ユ チャンイさん。
c0068917_21281627.jpg

c0068917_21323577.jpg  不二越側は面会要求に応じず、警察を呼んだ。しかし、原告と支援者はお構いなしに正門前を占拠し、終日座り込んだ。
[PR]
by sumiyakist | 2009-10-12 21:40 | 裁判批判

また勝った!!


 市民オンブズ富山が石井県知事を相手に不当支出の返還を求めて提訴し、富山地裁でオンブズ側が勝訴し、県側が控訴している「上海便訴訟」の2審判決が昨日(3/16)、名古屋高裁金沢支部であった。私は所用があって法廷へは行けなかったのであるが、メンバーから自宅へ「勝訴」電話が入っていた。
 読売の記事を以下に引いておく。

宿泊費訴訟 県の控訴全面棄却知事に支払い命令

 石井知事らが2005年11月に訪中した際、県の旅費支給条例に違反し、不当に高いホテルに宿泊したとして、知事に56万円の支払いを命じた富山地裁判決を不服とし、県が控訴した裁判の判決が16日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明裁判長は、原告の市民団体「市民オンブズ富山」(富山市)を勝訴とした1審・富山地裁判決を全面的に支持し、控訴を棄却した。
 県側は、訪中事業は上海便の利用を促進する民間団体に委託しており、民間の事業であるため県条例に違反しないと主張。石井知事は宿泊費について知ることができなかったなどとして、旅費支給条例に違反しないとした。
 判決で渡辺裁判長は、〈1〉民間団体でも事業費用は県が負担し、事務も県職員が行っていた〈2〉訪問団が県を代表する立場でも、条例で旅費の上限額は定められている〈3〉石井知事は宿泊費の確認を県職員に指示することができた――などとして、県側の主張を全面的に棄却した。
 判決後の会見で、市民オンブズ側の青島明生弁護士は「県側の主張はことごとく否定され、合理的な判断が維持された。石井知事はメンツにこだわらず、是正すべき」と話した。
 石井知事は「判決文の内容は見ていないが、少し意外。旅費条例には事情があれば例外で(上限を超える支出を)認める規定もある。弁護士の意見も聞き、判断したい」とコメントを出した。
                 (2009年3月17日  読売新聞)


 控訴審に対応して県側は弁護士を新たに加えたりして、万全を期したはずである。とはいうものの、それほどたいした準備書面も出してこないところをみると、行政訴訟では裁判所は行政の肩をもつものという安易な思いこみをしていたのかもしれない。石井知事の「少し意外」という感想に、そのあたりの虚をつかれた思いが現れている。
 それとまったく対照的に、われわれオンブズ側としては(他の人はともかく私は)、控訴審ではひっくり返される公算がおおきいだろうな、と、半ば諦め気味であったから、これまた「少し意外」の感があった。しかし、もちろん、大いに喜んだことは当然である。
 思えば、この判決を出した渡辺修明裁判長は、やはり2審で金沢支部に舞台を移した「不二越強制連行・強制労働(女子挺身隊)訴訟」(こちらは1審の富山地裁では原告側敗訴で控訴している)の審理も担当していて、つい10日余り前に第4回の公判が開かれたところなのであるが、原告側が要求した学者証人の申請に対してきっちり対応してくれている。きちんと聞くべきは聞き、事実に則して判断を下すという、いわば当たり前の裁判官であるのかもしれない。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-17 22:37 | 地方自治

裁判を裁判する

 「平成米騒動」の主人公の川崎磯信氏のことは以前にも少し触れたが、そこでも書いた通り、氏は、ほとんど「当たるを幸い」という感じでいろいろな裁判をやっている。そうしているうちに逢着したひとつのテーマが「裁判(官)を裁判する」である。
 いずれ詳しく紹介することもあるかと思うが、氏は「裁判のプロ」「趣味は裁判」と公言するほど、被告になったり原告になったりして多くの裁判を(ほとんどを弁護士抜きの本人訴訟で)経験している。そうこうするうちに、生田暉雄氏のいう日本の司法が非常におかしいことに気づいたわけである。そこで裁判そのもの、あるいは裁判官を訴えるという裁判をやり始めたのである。
 氏にいわせれば、わが国の民事裁判(判決)は、なんの実体的根拠も実効性もない「虚構」なのであるが、殆どの人が効力があると思いこんでいるから有効であるように現出しているにすぎない、というのである。(さすがに刑事裁判にかんしては、国家が強制力(暴力装置)を持っているから虚構とは氏も言い切れないようだ。じっさい、川崎氏はヤミ米事件で罰金300万円を持って行かれた。)
 裁判官の判決は実にその場逃れのいい加減なものが多い。また、裁判所の判決に基づいて差し押さえなどをする執行官という職務があるのだが、この職務(職業)がなんとも曖昧模糊としたものであるし、差し押さえという制度そのものも実体的な基礎はなく、「虚構」に基づくのではないかというのである。そのあたりを、氏のいつもの戦法、我が身を進んでそこに投げ入れ、肉を斬らせて骨を断つというやりかたで戦いを続けているのである。
c0068917_21375188.jpg

 いっぽう、 行政訴訟については、司法が事実上、行政と一体化しているからよほどのことがない限り行政よりの判決を出すのは当然といえば当然なのである。その典型的な判決があった。
 さる9月19日、第2次不二越強制連行訴訟の判決が富山地裁であった。上の写真はそれを報じる朝日新聞 (9/20)富山版である。裁判長は、前知事退職金返還裁判の時と同じ佐藤真弘氏である。
 佐藤裁判長は原告の主張する強制連行や強制労働の事実はほぼ認め、「原告らは勧誘者の欺罔で、勤労挺身隊に参加したものと認められ、強制連行されたというべきである」と指摘し、原告らの請求権存在を認めた。 にもかかわらず、日韓条約(日韓請求権協定)によって個人の請求権は消滅したとし、国や企業に支払い義務はないとした。
 今年4月の西松建設の中国人強制連行裁判の最高裁判決をよりどころとしていることは明かであるが、しかし、その最高裁判決は、建設会社に対して、法的義務はないとしてもなんらかの救済策を図るべきだと付言していた。しかし、佐藤裁判長はそのような救済策の必要性も述べず、5分ほどの判決言い渡しのあと、上の記事のようにそそくさと退廷したらしい。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-22 21:45 | 裁判批判