タグ:上海便訴訟 ( 1 ) タグの人気記事

また勝った!!


 市民オンブズ富山が石井県知事を相手に不当支出の返還を求めて提訴し、富山地裁でオンブズ側が勝訴し、県側が控訴している「上海便訴訟」の2審判決が昨日(3/16)、名古屋高裁金沢支部であった。私は所用があって法廷へは行けなかったのであるが、メンバーから自宅へ「勝訴」電話が入っていた。
 読売の記事を以下に引いておく。

宿泊費訴訟 県の控訴全面棄却知事に支払い命令

 石井知事らが2005年11月に訪中した際、県の旅費支給条例に違反し、不当に高いホテルに宿泊したとして、知事に56万円の支払いを命じた富山地裁判決を不服とし、県が控訴した裁判の判決が16日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明裁判長は、原告の市民団体「市民オンブズ富山」(富山市)を勝訴とした1審・富山地裁判決を全面的に支持し、控訴を棄却した。
 県側は、訪中事業は上海便の利用を促進する民間団体に委託しており、民間の事業であるため県条例に違反しないと主張。石井知事は宿泊費について知ることができなかったなどとして、旅費支給条例に違反しないとした。
 判決で渡辺裁判長は、〈1〉民間団体でも事業費用は県が負担し、事務も県職員が行っていた〈2〉訪問団が県を代表する立場でも、条例で旅費の上限額は定められている〈3〉石井知事は宿泊費の確認を県職員に指示することができた――などとして、県側の主張を全面的に棄却した。
 判決後の会見で、市民オンブズ側の青島明生弁護士は「県側の主張はことごとく否定され、合理的な判断が維持された。石井知事はメンツにこだわらず、是正すべき」と話した。
 石井知事は「判決文の内容は見ていないが、少し意外。旅費条例には事情があれば例外で(上限を超える支出を)認める規定もある。弁護士の意見も聞き、判断したい」とコメントを出した。
                 (2009年3月17日  読売新聞)


 控訴審に対応して県側は弁護士を新たに加えたりして、万全を期したはずである。とはいうものの、それほどたいした準備書面も出してこないところをみると、行政訴訟では裁判所は行政の肩をもつものという安易な思いこみをしていたのかもしれない。石井知事の「少し意外」という感想に、そのあたりの虚をつかれた思いが現れている。
 それとまったく対照的に、われわれオンブズ側としては(他の人はともかく私は)、控訴審ではひっくり返される公算がおおきいだろうな、と、半ば諦め気味であったから、これまた「少し意外」の感があった。しかし、もちろん、大いに喜んだことは当然である。
 思えば、この判決を出した渡辺修明裁判長は、やはり2審で金沢支部に舞台を移した「不二越強制連行・強制労働(女子挺身隊)訴訟」(こちらは1審の富山地裁では原告側敗訴で控訴している)の審理も担当していて、つい10日余り前に第4回の公判が開かれたところなのであるが、原告側が要求した学者証人の申請に対してきっちり対応してくれている。きちんと聞くべきは聞き、事実に則して判断を下すという、いわば当たり前の裁判官であるのかもしれない。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-17 22:37 | 地方自治