タグ:クロスランド ( 1 ) タグの人気記事

「日本の青空」小矢部上映会成功!

c0068917_822367.jpg

 やや時期を逸してしまった感があるが、上映会の結果を報告しておこう。
 大型連休に入った4月27日(日)、映画「日本の青空」の小矢部での本上映を行った。わが市としては最大最高の施設であるクロスランドのメインホールを会場にして1日3回上映という大がかりな規模であった。
 「小矢部で1000人に観てもらおう」というのであるから、人口3万3千人ほどの市としては相当高い目標である。観る人が都合のいいようにと上映時間帯を設定したら、午前10時、午後2時、午後7時半と、3回の上映が必要だろうという判断になった。
 試写会はセレナホールという小ホールで16ミリフィルムを使って行ったが、本番は932人収容のメインホールで35ミリフィルムを使って上映するので、前日には朝からリハーサル上映。映写機やスクリーン・音響などのテストも兼ねて全編を通して上映してみるという念の入れようだった。
 さて当日、始めから終わりまで12時間を越える長丁場だから、スタッフは3回の上映に交替で受け付けや会場案内をつとめる。(上の写真は受付風景)

c0068917_874430.jpg 左は上映前に挨拶する上映会の代表・立川昭乗氏。
 映写にかんしては、会場専属の映写技師であるにもかかわらず若干の技術的拙劣さがあったり、朝の第1回目の上映に際しては、思いのほか気温が低く暖房を入れる必要があったにもかかわらず、スタッフの誰もそのことに思い至らず観客から苦言を頂戴するなどの不手際もあったが、大きなトラブルもなく3回の上映を完了した。
 入場者は3回の合計で720〜30人。チケットの総売上は当日の24枚を含めて1049枚。試写会では250人ほどの観客が来てくれたから(ダブルカウントはあるけれども)、チケット売り上げ枚数でも実人数でも1000人という目標はほぼ達成されたということだろう。

 映画の出来については多くの人が好意的な批評をしていた。会場で書いてもらったアンケートも、この種のアンケートとしては異例に高い回収率であったのは観客が映画を評価しているひとつの証左ではないかと思う。下にその結果の一部を載せる。
 
          <アンケートの集約> 部分
1 映画全体としての印象
1、面白かった 85    2、難しかった 30
3、まあ、分かりやすかった  63   4、興味が持て、役立った 45
5、憲法のことが分かった 76   6、憲法制定当時の雰囲気が分かった 97
7、知らないことが分かった 111   8、当時の関係者の努力に頭が下がった 74
9、もっと憲法のことを勉強してみたいと思った 34  10、疑問が残った 3
11、その他なんでもご記入ください 。(略)


2 印象に残る場面がありましたか
1、鈴木安蔵の苦労 115 2、鈴木俊子(鈴木安蔵夫人)の苦労 95 3、戦争の悲惨さ 42
4、憲法研究会の討論の様子 93   5、GHQ内部のやり取り 62
6、GHQと幣原内閣(松本国務大臣など)とのやり取り 76  7、特にありません 2
8、その他(具体的にお書きください。)(略)

以下略

 
[PR]
by sumiyakist | 2008-05-20 08:45 | 憲法・教育基本法