タグ:ガン ( 1 ) タグの人気記事

千島学説=異端の医学理論

c0068917_19433962.jpg 身の回りにガン患者のいない人はないだろうと思われるこのごろである。私も数年前に伯母を亡くしたし、いまも知り合いに何人かの患者がいる。わが国では年間50万人の新たなガン患者が生まれ、30万人以上がそれで死亡するというから、全く珍しいことではない。
 先の『裁判が日本を変える』に続いて、またひとから貰った本のことで恐縮ながら、一冊の本を紹介する。これは一般書店では入手できないようなので関心のある向きには役に立つ情報だと思う。
 その本というのは『「ガン呪縛」を解くーー千島学説パワー』(稲田芳弘著・Ecoクリエイティブ刊)である。帯の惹句には次のような文句が書かれている。

  現代医学の基礎理論が
  そもそも間違っている
  間違った現代医療に
  ガンの完治は望めない
  
  3b期のガンを宣告された筆者が
  病院治療を拒んで千島学説的治癒の旅へ
  そして1年…。さて、その結果は?

  革命的な医学理論と言われながら長い間封印され黙殺され続けてきた「千島学説」…
  その封印を いまガン患者として解く
  「千島学説」はガン完治の確かな地図 原因さえ分かればガンは恐くない


 著者は元来、環境や農業、食と健康などを世界を舞台に取材して来たらしいライターであるが、上のコピーの通り、自らが乳ガンの宣告を受ける。(男でも乳ガンに罹るということをはじめて知った)。そして、以前から疑問を持っていた現代医療による治療(手術・抗ガン剤・放射線)を拒否して、いわゆる代替え医療を選ぶ。
 これだけならある種の代替え治療体験談にすぎないが、そんな簡単な本ではない。現代医療、あるいは近代医学にたいする根底的な批判が展開されているからである。
 その中心は「千島学説」である。私はこの名前もはじめて知った。医学界では異端として黙殺されて来たらしいが、確かに、医学や生物学の常識を根底から覆す理論である。かといって、いわゆるオカルトのようなものではない。千島喜久男博士(1899~1978)という人物が実証的な科学的方法によって研究し主張したものであるという。また海外の学者にも支持者があるとのことである。
 ネット上にも詳細な情報があるが、そのもっとも中心的な原理は8項目。
1.赤血球分化説  (赤血球は凡ての体細胞の母体である)
2.組織の可逆的分化説  (飢餓・断食時には体細胞から赤血球へ逆戻りする)
3.バクテリア・ウイルスの自然発生説   (バクテリア・ウイルスは一定条件下で自然発生する)
4.細胞新生説  (細胞は分裂増殖しない。6つの形態で新生する)
5.腸造血説 (骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である)
6.遺伝学の盲点  (生殖細胞は赤血球から。遺伝は環境を重視)
7.進化論の盲点  (弱肉強食思想は行き過ぎ。進化の基盤は共存共栄である)
8.生命弁証法   (生命現象を正しく観察するための科学方法論)

 関心のあるかたは、詳しくは上のホームページなり書物なりをご覧いただきたいが、私はこの「千島学説」の概略や関連のあれこれを読んで、世にいろいろ唱えられている「代替医療」「自然治療」「ホリスティック医療」などの、非主流の医療が(直接的に依拠はしないにしても、そして、必ずしも意識的ではないにしても)千島学説やその系列の理論に基づいているのではないかと思い当たった。あるいはまた、玄米正食(マクロビオティック)などの食生活の方法の根底にも基礎理論としてこういう考え方を設定すると合点がいくように思われる。
 本書は400ページ以上もある大冊であるが、読み辛くはない。この本を読み、関連して何冊かの代替医療関連の本に目を通してみた結果、私は、もしガンの宣告を受けるようなことがあれば、少なくとも現代医療の手術・抗ガン剤・放射線の手法はご遠慮申し上げたいという気になった。
[PR]
by sumiyakist | 2007-10-22 19:58 | 自然と暮らし