タグ:いぶりがっこ ( 2 ) タグの人気記事

いぶりがっこ

c0068917_18404979.jpg 朝からカマに火を入れた。これが今年最後になる。例によって発電機と扇風機を使って送風しながらの口焚きだから、1時間もすると火勢は上がる。いぶりがっこ(燻製タクアン)を作るために、10日ほど干した大根を20本ばかりカマの煙突近くに吊す。


c0068917_18471029.jpg 煙突のあたりを写すと左のようになる。木酢採取のフード(まだ機能していない)の後ろにぶら下がっているのが大根である。臨時に小屋の内部に竿を渡して吊してある。


c0068917_1850912.jpg 裏から撮った写真。もうもうと煙が出ているように見えるが、まだ水蒸気が多く、燻すところまではいかない。午前8時から午後3時ごろまで口焚き。5センチ×10センチ程度の通風口と排煙口だけを残して焚き口も煙突も塞いで今日の作業は終了。

[PR]
by sumiyakist | 2007-12-06 18:58 | 自然と暮らし

大根・ダイコン

 夏の総菜の主役はラタトゥイユだった。ほとんど途切れることなく、毎週のように作っていた。ズッキーニをはじめ、トマト・ピーマン・ナス・玉ネギ・ニンニクと2〜3のハーブ類はいつも畑や棚にあって、セロリだけ買って来ればいつでも作ることができた。スープやパスタやカレーに変化させるのも簡単だからラタトゥイユはわが家の便利な常備菜だった。
c0068917_1534199.jpg

 冬の食材の主役のひとつは大根だろう。今年もどうやら収穫できるようになった。夏の終わり頃に畑に蒔いたケシ粒ほどの種が、3ヶ月でこんなに大きな大根になるというのは、不思議な気がする。
c0068917_1643646.jpg ブリのアラを買ってきてブリ大根を作ってみた。ユズは久利須村でただ一本だけ育てているS氏からのもらい物。今年は豊作らしい。

c0068917_1662316.jpg 正式なレシピに従ってふろふき大根も作ってみた。大根そのものの味を確認するにはこれが一番か。

c0068917_1692100.jpg

 タクアン用に作った品種は、今年はなぜか曲がりが大きい。昨年、試しに炭窯の煙でいぶして「いぶりがっこ」を作ってみたら、ずっと以前に、山形の知り合いの篤農家が作った本場の「いぶりがっこ」には及ばないものの、そこそこ雰囲気は出ていた。ことしもある程度干してから何本かを炭焼き小屋へ運んで最後の火入れの際にいぶしてみようと思っている。
[PR]
by sumiyakist | 2007-12-01 16:41 | 自然と暮らし