カジノ資本主義の次に来るもの

 このごろよく言うこと。「20年以上も炭焼きをやってきたが、これがやき物かなにかを焼いてきたのなら、いまごろはもう先生だけど、炭だからいつまでたってもただの炭焼き(笑)。」

 じっさい、炭焼きというショーバイがこんなに続くとは思わなかった。山で暮らし始めるにあたってたまたま遭遇したのが炭焼きという仕事。紹介してもらって出会った隣村の炭焼きさん「ムカイのおじじ」(=田畑のじいちゃん)は、その時ちょうど80歳。私が40歳を過ぎたところで、単純に「80のじいさんになっても出来る仕事ならあと40年間も出来るわけだ」と変に納得して弟子入りしたのである。はやその半分以上が過ぎた勘定になる。あと20年も同じように続けることが出来るかどうか、必ずしも自信はないが、けっこう性に合ったか、まだまだ当分やれそうである。(ちなみに、わが師「ムカイのおじじ」は90歳ころまで現役で炭を焼いていた。)

 実体経済といえばこれ以上実体的なものはない。自然物としての立木を自分で伐ってきて炭に焼く。炭を火鉢なりイロリなりに置いて火をつけると炭の燃焼によって熱エネルギーが放出される。それ以上でも以下でもない。私の場合、問屋だとか小売りだとかの流通経路もないから、直接の顧客との関係があるだけがある。「商品」のもっとも原初的な形態。自然が商品に形を変えるまさにその現場に立ち会う毎日ということになる。

 100年に一度の経済危機だとか、大恐慌の再来だとかいっているが、そもそも実体経済とかけ離れた金融工学=カジノ資本主義の失敗なのである。昔の(今もそうかもしれないが)博奕打ちは、賭場の勝負は賭場だけで完結させたものであろう。自分らの博奕の勝ち負けで堅気(かたぎ)の世界に迷惑をかけるなんぞは、博徒の風上におけないのではないか。

 実物経済だけが真実の経済であると極論をいうつもりはないが、アメリカが主導してきた「金融資本主義」「カジノ資本主義」が根底から自壊現象を起こしていることは誰しも認めざるをえない。

 かといって、資本主義に倫理を求めるのはオオカミに菜食主義を要求するようなものだ。本当に世の中に「倫理」を貫徹させようとするなら資本主義を廃絶するしかないのだろうが、ことは簡単ではない。資本主義というのは実際は「主義(イデオロギー)」ではなく、ヒトの自然性に根拠をおいているからである。それは仏教的な言葉を借りれば、「無明」から立ち上がってくる制度であるから、表層の社会システムのように簡単に替えるわけにはいかない。

                      *
 以上が年賀状代わりの紙版の「スミヤキスト通信」に書いた巻頭言。
[PR]
# by sumiyakist | 2009-01-03 17:40 | 自然と暮らし

新しい年

c0068917_10555786.jpg



c0068917_10565055.jpg  元旦は10センチほどの積雪であけた。
 いつもなら暮れから来て年越しをする大阪の上の娘一家が、4人目の子が生まれたばかりで移動は難しかろうと、来ないことになり、「大人の正月」となった。
 大阪のシェフPUSH-PULL氏は、昨年に続いて老犬の介護で家を離れられないとのことで不参加。息子と帰省した下の娘が参加して「おせち」づくりは(だいぶ手抜きをしたが)なんとかやり終え、玄関の花も活ける。(仕上がったあとで友人からカサブランカと金色のマツボックリを貰ったので追加)。
 雪は降り続き、昼には20センチを越す。
[PR]
# by sumiyakist | 2009-01-01 12:06 | 自然と暮らし

餅つき

 師走の19日、友人の金嶋久貴子(茎子)さんが経営するNPO法人のデイサービス施設「神通さくら野」の恒例の餅つきに、つき手の友人を誘って(わが家の正月用のもち2臼分の餅米を持って)朝から出かけた。
 「さくら野」の建設経過は、当時リアルタイムで報告したブログに残されているが、現在でちょうど満3年が過ぎたことになる。幸い、いいスタッフにも恵まれて、利用者もどんどん増えてきて、手狭になったので2階建て延べ44坪の増築にとりかかり、先日やっと完了したところである。今年はそのお披露目も兼ねての餅つきとなった。

 今日の利用者は20人を越えている。その家族の方も何人か見えていて、スタッフやわれわれ「男衆」も含めて総勢40人ほどで賑やかに餅つきが始まる。

c0068917_20494281.jpg  餅つきは、つき手と「手返し」(臼の中のモチが万遍なくつき上がるように杵の間をぬってモチを引っぱったり折り返したりする役)の呼吸が合わないといけないが、予定していなかったひとりの利用者さんが「やりたい」と名乗り出てきた。77歳の女性で、50年ぶりに手返しをしてみたいとのこと。

「では」とお願いしてみると、これがたいへん上手。50年経っても体で覚えた技は身に付いていて、すぐに使うことができるのだと、スタッフも見ている人も感心する。左の写真は、私とその利用者のSさんとのコンビの場面。


c0068917_2052363.jpg ついたモチをすぐに10時のおやつとしてアンコ・きな粉・ゴマにまぶして食べたり、昼食にはお雑煮として食べたりした。

c0068917_20533847.jpg しかし、なにしろ、お年寄りのことだから喉にモチを詰まらせたらたいへんだと、スタッフはあちこち目配りおこたりなく、心配となると小さなモチをさらに小さくちぎったりして大忙しであった。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-12-20 21:00 | 自然と暮らし

鎌仲ひとみ監督と語る

c0068917_21275893.jpg

 今日12月14日、石川県の内灘町で、「鎌仲ひとみ監督と語る会」なる講演会があったので出かけた。
 鎌仲さんは富山県氷見市の出身の女性でドキュメンタリー映画監督。イラクでの劣化ウラン弾による被曝や核施設周辺の汚染による緩慢な被曝を扱った「ヒバクシャ・世界の終わりに」や、核燃料再処理施設の建設に揺れ動く青森県六ヶ所村の様子を描いた「六ヶ所村ラプソディー」を撮った人である。(それ以前にNHKの制作になる「エンデの遺言」にも関わっている。)
 今回の講演は、次の作品になる予定の「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)の取材経過で得られた知見をもとに、スウェーデンのエネルギー政策の現状を紹介するものだった。
 スチル写真の映像をプロジェクターで映しながら、次々とスウェーデン政府のエネルギー政策や産業、人びとの暮らしなどを紹介していった。
 脱原発を実行し化石燃料への依存も徐々に減らしながら、なおかつ経済成長を続けているスウェーデンの成功例(太陽光・風力・バイオエタノール・バイオマス・バイオガスなどの自然&再生可能エネルギーの現状)をきめ細かく取材している様子がうかがえる「中間報告」であった。
 また、同時並行で取材している山口県の瀬戸内海に浮かぶ小さな島・祝島の様子も紹介された。こちらは中国電力が建設を目指してきた上関原発立地予定地のすぐ対岸にある島である。島民たちは20数年にわたって一貫して建設反対を主張しているが、そういう島民たちの細やかな日常生活と対比しつつ原発建設問題が取り上げられている。
 こうした取材過程からどのようなドキュメンタリー映画が生み出されてくるのか、多分、鎌仲監督自身もまだ模索しているところなのだろうと思う。いわば、手の内を見せてくれているわけだ。
c0068917_21351226.jpg 参加者との対話の最後で、自分のガン罹患のこと、医師の勧告を拒んで手術をせずにいたらガンが退縮していたことを告白をしたのもにも驚かされた。最新の著書『六ヶ所村ラプソディー』(左)にも書いてあるとのことである。

<12/15 追記>
 会場に少し早く着いたので、準備中の鎌仲監督に挨拶をした。というのも、目下、関係住民の一人として関わっている「高岡地区広域圏のごみ問題を考える会」の活動で、氏ともメールなどでのやりとりをしているところだったからだ。
 問題は日量270トンという巨大なゴミ焼却施設を新たに建設するという行政の計画に「待った」をかけようということなのであるが、建設予定地が高岡と氷見との境界の丘陵地ということで、故里・氷見のこととて、鎌仲氏も心配して現地踏査などの状況確認に同行されたりして、運動の立ち上げに関わってくれているのである。
 その際に、私の手渡した紙版の「スミヤキスト通信」に載せた『ガン呪縛を解く』の記事を目ざとく見つけて、ご自分のガン体験の話しをされたのである。氏もやはり、外科手術を拒否して、さまざまな「代替療法」を試みられたそうだが、そのうちに退縮(自然治癒)したそうだ。そして、そういう体験をした人が沢山いることを知ったという。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-12-14 21:39 | 自然と暮らし

西山太吉講演会(市民オンブズ富山総会記念講演)

c0068917_20453361.jpg NPO法人市民オンブズ富山の年次総会が、11月22日(土)県民会館で開かれ、この1年の活動報告と収支報告、来年度の活動計画と収支予算などが提案されて承認された。(写真は以下もすべて会員のM氏撮影)

c0068917_20505327.jpg

 今年の記念講演には遠路福岡県から西山太吉氏にお越しいただくことが出来た。西山氏は元毎日新聞の政治部記者で、1972年に佐藤内閣が沖縄返還を成し遂げた裏に、米軍基地の跡地整備にかんして、返還協定の表向きとはちがって日米間に秘密の取り決めがあることをスクープした人物である。(この記事がもたらした結末が、外務省機密漏洩事件としてあらぬ方向に展開し、西山氏は社を辞職することになったということをご記憶の人も多いと思う。)

c0068917_2120248.jpg 詳細はウィキペディアの記事や氏の著書『沖縄密約―「情報犯罪」と日米同盟 』(岩波新書=左)をご覧いただきたいが、25年経ってアメリカで公開された公文書によって、その秘密協定の報道が事実であったことが証明された。しかし、日本政府はあくまでもそれを認めず、今日に至っている。
 西山氏はこれは国家権力による犯罪であるとして国家賠償請求を提起したが、裁判所は20年の除斥期間をたてに氏の訴えを却下した。(最高裁で確定)。
 しかし、氏(および氏を支援する多くの人びと)は、アメリカでは公文書館で明々白々に公開されているにもかかわらずわが国では「不存在」となっている密約文書について、情報公開法にもとづいて開示請求訴訟を来年早々に提起する予定で、行政と一体化した司法そのものも問い詰めたいという。


c0068917_21323386.jpg

 1931年生まれの西山氏であるが、立ったままで1時間半の講演をされ、民衆と政府とマスメディアが良き緊張を保ってこそ民主的な市民社会が成立しうるという話で締めくくられた。
 西山太吉氏の講演ということで、会員・サポーター以外の聴衆も多数参加し、補助椅子を出すほどの熱い講演会であった。

12月2日 追補
西山氏の講演の一部を会員の松永定夫さんがユーチューブに投稿している。

[PR]
# by sumiyakist | 2008-11-23 21:49 | 裁判批判

美しい仕事場

c0068917_913817.jpg

 いまの仕事場すなわち、原木を伐採している場所は炭焼き小屋のつづきの尾根。立木を倒すと見晴らしがよくなって、ちょうど久利須村の集落を見下ろすことができる。村の旧家であるM家の屋敷のモミジが紅葉の盛りである。裏山も紅・黄・茶・緑とモザイクのように入り組んで見える。(カシナガ被害の枯れ木はもう見分けがつかない)。
c0068917_937740.jpg 伐り進んでいる尾根の木々も日に日に色を変える。モミジはもちろんきれいだが、ナラも条件がいいとオレンジ色に輝く。こういう美しい「職場」で仕事ができるのは炭焼きのささやかな役得である。

c0068917_921464.jpg 小屋から伐採場所へ向かう通路。もとは林だったが、切り株を起こしたりして運搬機も通れるように整備したら森の小径のようになった。このあたりは、今のカマと小屋を造った後、12,3年前に伐採した場所である。だから道の左右の雑木はみな若木である。

c0068917_9255684.jpg 通路から小屋の方をふり返るとこうなる。今年は小屋の屋根の改修が出来ずじまいで、割れた波板はそのまま。

c0068917_9122164.jpg ころあいの太さのナラは葉が落ちた頃を見計らって切り倒しておいて、来年の春には椎茸の菌を植える原木に使うことにする。
 
c0068917_9521935.jpg 
c0068917_956367.jpg
わが家の裏に置いた原木からナメコや椎茸が沢山出て来だすと季節は一気に晩秋から冬へ。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-11-19 10:07 | 自然と暮らし

公暴だぞ!

illcommonz(イルコモンズ)氏の製作になる、先の渋谷の不当逮捕事件(3人は当たり前のことだが釈放された)の映像を使ってのビデオ作品が公開されている。


 この作品とともに「公暴」ということばが生まれた。「抱きつき公妨」とか「転び公妨」とか言うときの「公妨」を換骨奪胎。敵の武器を奪って自らの武器としたわけだ。

 公安警察の使う「公妨」(渋谷事件でもタコおやじが「コーボーだぞ、コーボー」くりかえしている)というのは、「公務執行妨害(罪)」の略である。つまり、その罪で逮捕するという宣告をしているのだ。警察官のほうから目標とする人物に抱きついてきておいて「つかんで放さなかった」と主張したり、自分から転んでおいて「突き飛ばされた」と主張したりして「公妨」立件の要件にするのが警察の常套的な手口なのである。それが「抱きつき公妨」とか「転び公妨」である。

 その「コーボー」を「公暴」、すなわち公の暴力へと転換しているのがこの作品の主題である。作品の中にも以下のようなテロップが入れられている
【公暴】(こう・ぼう)名詞
1:公務員(特に公安警察)が公務執行の名の下に執行する暴力
2:公安警察の暴力及びその略称
[用例]「よし、私たちは公暴だ、公暴だぞ、公暴!公暴をふるうぞ、
公暴はおそろしいぞ」

 そして、次のような章句もある。

「野獣の政府は野獣の色で描かれなければならない」
(ジャン=リュック・ゴダール)

「野獣の警察は野獣の音で描かれなければならない」
(イルコモンズ)
下の方はイルコモンズ氏がゴダールの言葉を転用したものだろう。

 まさしく「BRUTAL PUBLIC VIOLENCE POLICE=野蛮な公暴警察」そのものだ。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-11-07 23:56 | 憲法・教育基本法

特別公務員暴行凌虐罪

 先月26日、渋谷で「麻生でてこい!!リアリティツアー」を呼びかけて実行していたグループのメンバー3人が、犯罪らしい事実もないのに(それどころか、警察の指示に従って行動していたにもかかわらず)、全く不当に逮捕された事件は、ネットでは広く知られている。(マスメディアは警察発表をたれ流しているだけだが)。
 不当逮捕に対する「救援会のブログ」で逐一状況が報告されているが、警察はあくまでも強行路線を貫くつもりのようだし、ほとんど人権侵害の取り調べを行っているようだ。
 行動開始前の警察との折衝、警察官の密談的打ち合わせの様子、逮捕前後の状況など、沢山の映像による証拠があるにも関わらず警察が強硬姿勢を取っているのは、逮捕をして起訴まで持ち込めれば上出来、そこまで出来なくても、見せしめや威嚇の効果は十分と踏んでのことだろう。それほど、警察権力が少々のことは乗り切れるという自信を持っているということだ。(誰が警察のこうした姿勢を大目にみているのだろう? ほかならぬ我々市民、国民が、警察をこれほどまでに増長させているのだ)。

c0068917_2282064.jpg 実力行使の権限を持つ集団が法によることなく(法を恣意的に拡大解釈して)、市民を引っ捕らえることが許されるとは、法治国家以前の「無法国家」と言うべきではないか。(左の写真は逮捕時の映像。手前のタコおやじが指揮官のようだ。)こんなひどい状況に対して黙っていることは「無法」を是認することだと思うから、私も抗議の意思表示をしたけれと、それだけではどうにも腹の虫が収まらない。 

 こういうケースなどはまさに、特別公務員暴行凌虐罪という犯罪に当てはまるのではないだろうか。証拠の映像もしっかりあるのだから、どんどん警察官を告発するべきではないかと思う。
逮捕前後の映像

追記
トラックバックを辿って当時の映像を3本並べて載せているブログ
「ヤメ蚊」を知った。
「以下、ビデオをみると、いかに日本の警察が恐ろしい組織であるかが分かります。」とヤメ蚊氏は書いているがまさにそのとおり。
「皆さんのブログにもぜひ、この3つのビデオを埋め込んでください。」とのこと。

ユーチューブ映像=警察との事前折衝の場面


同=刑事たちの打ち合わせ・逮捕


同=逮捕の場面



ついでに、ツアーのタイトルは「出てこい」などといった激しいものではなく、「リアリティツアー2――62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」という穏やかなものであったことも訂正する。

 警察への抗議だとか、外国へ発信するだとかにも異議を唱えるわけではないが、特別公務員暴行凌虐罪での告訴が一番だという意見は変えない。

再追記
「ヤメ蚊」氏のお勧めに従ってユーチューブの映像を埋め込んでみた。コピペであまりにも簡単にできたのでビックリ。ほんとに便利なツールだ。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-11-03 22:13 | 裁判批判

炭焼き三昧

c0068917_1740448.jpg


 秋晴れの晴天が続いている。今週はなにも予定を入れずに炭焼き作業に没頭している。
 秋は炭焼きさんの最繁忙期である。カマから出した炭をノコで切って箱詰めをしながら、カマの番をしているところである。カマは火を入れて4日目。2日目まではカマの口で燃材を投入してせっせと燃やしていたのであるが、いまはもうカマの中の温度が十分上がったので、自発炭化が進行中なのである。ときどき煙突の煙の温度を確認してやるだけでいい。(160℃になったら木酢の採取を止める)。
c0068917_17414699.jpg

 小屋の側には次の原木が用意してある。(これではまだひとカマには足りないが。)ついでに炭焼きさんの三種の神器ともいうべきトラック、運搬機、チェーンソーを並べてみた。
[PR]
# by sumiyakist | 2008-10-18 17:47 | 自然と暮らし

アメリカの市民運動

c0068917_22521097.jpg

 高岡駅前の公共施設「ウイング・ウイング高岡」の中にある高岡市男女平等推進センターで、毎年恒例になっている催し「Eフェスタ」が開かれている。先日アップした
「まちの福祉しらべ隊」のワークショップもそのひとつであった。2週間にわたって、男女平等はもちろん、平和・福祉・子育て・政治・教育など、さまざまな分野の市民グループが展示やワークショップを行っている。
 10月10日(数年前までは「体育の日」として休日になっていたが、今年は金曜日。それでも晴れの特異日は変わらない)には、<グループequality>が主催する「市民活動のスタイル」というワークショップが開かれた。講演者は富山市の出身だが、沖縄や京都、そしてアメリカ(ワシントンDC)と移り住んで、それぞれの土地で環境や反戦平和の市民運動に関わりを持ってきた宮崎さゆりさん(上の写真の右側。彼女はこのブログでも何度か登場している)。
 主催者の中心メンバーである斎藤正美(写真の左)さんも古くからの知り合いであるし、他のメンバーもたいていは顔見知りである。  
 宮崎さんの話はプロジェクターを使った分かりやすいものだった。沖縄での嘉手納基地を取り囲んだ第一回の人間の鎖行動の話では、前夜来の豪雨があって、成立が危ぶまれたことが逆に参加を促すことになって成功したことや、アマミノクロウサギなどの野生動物を原告にした環境保護裁判のこと、ワシントンDCのホワイトハウス前でのさまざまな平和・反核の行動などを紹介しながら、市民運動に対する原理的な考察を語っていった。
 思えば、われわれは(追い込まれてやむを得ず、たいていはシングルイッシューの)、なんらかの運動を立ち上げて、その進め方などを必死になって考えている場合が多いのであって、市民運動一般を改まって考えてみることはあまりなかった。そういう点では、いわば「市民運動原論」のようなメタレベルの視点を開かれて有意義であった。
 宮崎さんは、アメリカでの市民運動の現状や方法論について語ることが多かったのであるが、印象に残ったのは、日本の運動がリーダーをトップに頂くピラミッド型であるのに対して、アメリカのそれはいくつかの委員会などによって構成される車輪構造(輻)モデルで表されることや、デモや座り込みはもちろん、時としては法律に違反するような直接行動によって逮捕されることは、むしろ英雄的行動と捉えられていることなどである。
 なににしても、彼女が故郷の富山へ帰ってきて、市民運動に新しい刺激を与えてくれつつあるのは喜ばしいことだ。
 
[PR]
# by sumiyakist | 2008-10-11 23:07 | 地方自治