<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ソバの花

c0068917_2039657.jpg

 昨日(9月24日)のツカダの様子である。ソバの種を蒔いたのが8月28日だから、もう1ヶ月近くになる。草丈も伸びて、ようやく花が咲き始めた。急なことだったので種を2キロしか確保できず、復旧した面積の全部には蒔けなかったが、手作業でする刈り取りのことを考えて、スジ蒔きにしておいたのは正解だった。
 秋が深まった時期になってから、こうして一面に花が咲く情景を見るとそれなりに爽快な気持ちになる。

c0068917_20483849.jpg

 ソバの花をアップで撮った。清楚・可憐といった表現がぴったりの花である。
[PR]
by sumiyakist | 2009-09-25 20:53 | 自然と暮らし

朋あり遠方より来たる

c0068917_20112043.jpg


 今日の写真もツカダである。
 京都の丹後半島の真ん中、味土野(みどの)に住む友人夫妻が訪れてきて、再開発の現場を案内した。手をつないでいるのは、蝕手話というコミュニケーションの最中だからである。というのも、夫人は目も耳も不自由な、いわゆる盲聾者であり、普通の手話ではコミュニケートできない。夫の梅木氏が手を直接触れあって再開発途中のツカダの様子を説明しているのである。
 梅木氏は私の古くから(といっても百姓暮らしをしてから)の友人というか仲間である。堺市生まれの団塊世代の人だが、高校を卒業して直ぐに「新しき村」に入村したという、筋金入りの求道者であり、知り合ったころは丹後半島の最高地点である木子(きご)というところで黙々と百姓生活をしていた。当時は、もちろん、独身で、自動車も持たず、テレビどころか電話もないという、われわれの仲間うちでも最も「仙人」的人物だった。

c0068917_20361259.jpg 少し離れた現在の味土野という在所(細川ガラシャが隠棲した場所である)に移ったことは聞いていたが、そのうち、都会で暮らしていた、目も耳も不自由な女性と結婚するという話を聞いて仰天した。その経緯はとても簡単には説明できないが、委細は左の本『見えなくても、聞こえなくても。―光と音をもたない妻と育んだ絆』(主婦と生活社・刊)に詳しく書かれている。(版元品切れだが、アマゾンでは購入できる)。
 私は数年前、新婚の夫妻を味土野に訪ねて、山深いわずか5戸(いまは3戸5人だという)の集落での暮らしぶりを見たことはあったが、梅木氏も妻の久代さんもわが家に来たことはなかった。

c0068917_20433027.jpg それが、遅まきながら富山県でも「盲ろう者友の会」が立ち上がることになり、その記念講演に夫妻が招かれて来ることになった。左の写真が昨12日に行われた講演の様子である。久代さんが手話で話をし、好彦氏が通訳をしている。盲ろう者の聴衆には蝕手話の通訳者がついている。せっかくの機会だから久利須村を訪ねたいということで、翌日である今日、お迎えしたしだいである。
[PR]
by sumiyakist | 2009-09-13 21:08 | 自然と暮らし

氷見冤罪事件国賠訴訟

c0068917_196510.jpg じつのところ、この間、ブログネタは沢山あった。しかし、先に述べたように、面倒臭さが先に立って、もう閉鎖しようかと思っていたくらいだから、更新する気力もないまま打ち過ぎていたというのが正直なところである。
 気を取り直して(!?)、いささか自分も関わった本のことなので紹介しておこうと思う。本というのは左の写真である。『「ごめん」で済むなら警察はいらないー冤罪の真犯人は誰なのか?』(柳原浩・編 桂書房・刊 1300円+税)である。
 もう少し詳しい内容は、氷見国賠訴訟を支える会のHPからダウンロードして見ることもできる。
 氷見冤罪事件そのものはいまさら説明するまでもないと思うし、ここでも1,2度取り上げたこともあるので説明は省く。
 柳原浩氏は、明らかに警察・検察が無理やりでっち上げた「権力の犯罪」の被害者であるから、それによって蒙った有形無形の損害を国家賠償請求することになったのであるが、日弁連も全面的にバックアップすることになって147名という大弁護団が結成されて訴訟に臨むことになったのである。
 8月19日が第一回弁論期日なので、それまでに何とか本を出版しようということになり、地元富山の桂書房が発行を引き受けるといいうことから、私も少しお手伝いすることになったのである。(といっても、最近は原稿のやり取りは全てネットでやるので、たいしたことをしたわけではない。)
 また、原稿は、柳原氏の書いたもの、ジャーナリストの鎌田慧氏によるロングインタビューの他、同志社大学教授(メディア論)の浅野健一氏、奥村主任弁護人や国賠ネットの支援者などに加えて、地元支援者も何人か書いている。事件の経過年表や訴状の全文などの資料も巻末に載せた。
 私も「権力犯罪を生む富山の心的風土」と題して以下の短文を寄せた。

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2009-09-11 20:36 | 裁判批判

耕作放棄田、その後

c0068917_2319487.jpg

 比丘尼塚伝説のあるツカダの今日(9月10日)の情景。
 何度か草刈りをし、友人が手伝ってくれて、開墾グワでカヤの株を掘り起こし、再開発に取り組んできた。が、夏前から雨続き。刈った草を燃やして地表面をトラクターで耕すという作業ができず、予定していたアズキの種まきを結局やれずじまい。
 盆過ぎになってようやく種まきの準備が出来たが、すでにアズキには時機を逸してしまい、8月も28日になってやっとソバを蒔いた。
 そのソバが芽を出してこういう状態になっている。真ん中にあるのが比丘尼塚。クワの木にクズの葉が茂ってこんもりした茂みになっている。
 開墾(再開発)した面積は旧田の半分にも及ばす、向うには2メートルを越すカヤがススキの穂を出している。
[PR]
by sumiyakist | 2009-09-10 23:32 | 自然と暮らし