<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

下肥運び

 春の最初の農作業はジャガイモの植え付けである。雪が消えるのを待って、時によっては宮の裏から上がってゆく坂道の残雪をスコップで開けて、軽トラックで元肥にする下肥を運ぶ。
 屎尿は良質の肥料であることは誰でも知っているが、いまや農家でも水洗トイレが普及しているから、里(平野部)では下水道にこの良質の肥料を水に流して捨てている(しかも、おカネをかけて!)。山間地でも合併処理などの水洗化が進んでいる。
 私は20数年前にこの家を入手して殆ど自力で改修したのだが、普通の汲み取り式であった便所の改造については、農業雑誌(都市生活者であったときも愛読者だった)で知っていた「サイコン」という名称のコンポスト便所装置を取り付けた。
 原理は、屎尿に何か独特の微生物を添加してあるとかいう「おがくず」を投入して、螺旋状の攪拌装置で混ぜて発酵処理するというものである。
 螺旋構造の攪拌装置はタイマーで制御されていて、一日に一度ないし数度回転して攪拌し、一度だけ(夜中に設定してある)逆回転して混ぜた屎尿を外のタンク(便槽)に搔き出す。タンクには排気筒と電動のファンが取り付けてある。
 臭いもせず良質のコンポスト肥料ができるという触れ込みであった。たしかに、昔ながらの「ぼっとん便所」に比べると、使用感もそれほど悪くないし、下肥の利用という点についても、いったん野壷のような「中間発酵設備」に蓄える必要もないから、合理的な設備である。
 わが家では重宝しているが、残念なことに世間の流れは農村といえども「水洗トイレという文明生活」の方に圧倒的に向いているようで、この装置を製造しているメーカー自体が行き詰まって潰れてしまったらしい。
 当地の友人たちもこの「すぐれもの」を見て何人かが設置しようとしたが、既に代理店も撤退しメーカーとも連絡が取れない状態で残念がっていた。
 メーカーが潰れて特製の微生物入りのおがくずは入手できなくなったが、知り合いの木工所から広葉樹のおがくずを貰って来て、それに自家製の粉炭(木酢液入り)を混ぜて(自動投入装置が壊れてからは)ヒシャクで直接投入するという簡便な方法で運転を続けてきた。
c0068917_1314515.jpg


 写真の「S」のマークがついているのがおがくずを入れておくタンクで、この便所内のボタンを押すとモーターで便器の下に所要量のおがくずが投入される。いまは使っていない。右側が便槽の開口部。フタをあけてヒシャクで汲み取っている。便槽は720リッターの容量。5〜6人家族で3〜4ヶ月で満タンになる計算だという。
 冬の間に溜まった下肥はそっくり畑でジャガイモの元肥になる。下肥のある分だけのジャガイモの作付けができるというわけである。「入るを計って出るを制す」ならぬ、「出るを計ってイモを作す」である(笑)。
 下肥桶や密閉タンクなどを総動員してトラックで畑まで上げ、そのあとは一輪車に積み替えて畝のところまで運ぶ。結構な力仕事で、冬の間に鈍った体のウオーミングアップでもある。
c0068917_1315985.jpg


 どうかすると4月にずれ込むこともある作業なのであるが、少雪のせいで、彼岸頃にはトラクターで畑を起こすという早回りの年になった。
 あちこちで盛んに啼き始めたウグイスなどの野鳥の声を聞きながらの半日の作業である。
c0068917_13153754.jpg


 溝に下肥を入れ終えた畑。軽く土を覆っておき、後日ジャガイモの種芋を適当な大きさに切って植え付けてゆく。
 というわけで、生ごみも屎尿も、わが家では貴重な有機肥料になる。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-25 13:30 | 自然と暮らし

原発運転差し止め訴訟

 3月の16日の「上海便」訴訟につづいて、一日おいて18日、志賀原発運転差し止め訴訟の、やはり1審で被告側が敗訴した控訴審の判決が出た。裁判長は同じく渡辺修明判事。前回書いたとおり、渡辺裁判長は期待できそうな人物であったのであるが、すべて電力側の主張を容れて原判決を破棄。われわれの請求を棄却した。
 
差し止めの1審取り消し 志賀原発訴訟
2009年3月18日 19時06分
 北陸電力志賀原子力発電所2号機(石川県志賀町、稼働中)の耐震性に不備があるとして、周辺住民らが北陸電力(富山市)に運転の差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が18日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明(のぶあき)裁判長は北電による安全性の立証を認め、「原子炉に住民らの生命、身体、健康を害する具体的危険性があるとは認められない」として、運転差し止めを命じた1審金沢地裁判決を取り消し、住民側の請求を棄却した。住民側は上告する方針。
 判決は、2006年9月に改定された国の耐震指針(新指針)の妥当性を認定。「地震動を評価する手法は最新の知見を反映し、過小評価とはいえない」とした。
 渡辺裁判長は、原発直下で起こり得る地震の規模について「マグニチュード(M)6・8で十分」とする北電の想定を妥当と判断。「M7・3の地震を想定すべきだ」とする住民側の主張を退けた。
 原発の東側20キロに位置する邑知潟(おうちがた)断層帯についても、「2本の別々の断層帯からなり、連動して動くことはない」とする北電の評価を認めた。
 判決は、07年3月の能登半島地震や同年7月の新潟県中越沖地震にも言及。「外部への放射能漏れにつながる損傷は受けておらず、住民らが被ばくする危険性が示されたとはいえない」とした。
 訴訟は1999年8月、石川、愛知、岐阜など17都府県の住民が提訴。06年3月の金沢地裁の1審判決は「地震による重大事故で、住民に被ばくの恐れがある」と、商業用原発で初めて運転差し止めを認め、北電が控訴していた。
(中日新聞)


 これで金沢地裁で井戸謙一裁判長が出した画期的な3つの判決、住基ネット違憲判決・市民オンブズマンつばた、談合告発訴訟、志賀原発運転差し止め訴訟は、すべて高裁で逆転されてしまったことになる。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-19 00:18 | 裁判批判

また勝った!!


 市民オンブズ富山が石井県知事を相手に不当支出の返還を求めて提訴し、富山地裁でオンブズ側が勝訴し、県側が控訴している「上海便訴訟」の2審判決が昨日(3/16)、名古屋高裁金沢支部であった。私は所用があって法廷へは行けなかったのであるが、メンバーから自宅へ「勝訴」電話が入っていた。
 読売の記事を以下に引いておく。

宿泊費訴訟 県の控訴全面棄却知事に支払い命令

 石井知事らが2005年11月に訪中した際、県の旅費支給条例に違反し、不当に高いホテルに宿泊したとして、知事に56万円の支払いを命じた富山地裁判決を不服とし、県が控訴した裁判の判決が16日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明裁判長は、原告の市民団体「市民オンブズ富山」(富山市)を勝訴とした1審・富山地裁判決を全面的に支持し、控訴を棄却した。
 県側は、訪中事業は上海便の利用を促進する民間団体に委託しており、民間の事業であるため県条例に違反しないと主張。石井知事は宿泊費について知ることができなかったなどとして、旅費支給条例に違反しないとした。
 判決で渡辺裁判長は、〈1〉民間団体でも事業費用は県が負担し、事務も県職員が行っていた〈2〉訪問団が県を代表する立場でも、条例で旅費の上限額は定められている〈3〉石井知事は宿泊費の確認を県職員に指示することができた――などとして、県側の主張を全面的に棄却した。
 判決後の会見で、市民オンブズ側の青島明生弁護士は「県側の主張はことごとく否定され、合理的な判断が維持された。石井知事はメンツにこだわらず、是正すべき」と話した。
 石井知事は「判決文の内容は見ていないが、少し意外。旅費条例には事情があれば例外で(上限を超える支出を)認める規定もある。弁護士の意見も聞き、判断したい」とコメントを出した。
                 (2009年3月17日  読売新聞)


 控訴審に対応して県側は弁護士を新たに加えたりして、万全を期したはずである。とはいうものの、それほどたいした準備書面も出してこないところをみると、行政訴訟では裁判所は行政の肩をもつものという安易な思いこみをしていたのかもしれない。石井知事の「少し意外」という感想に、そのあたりの虚をつかれた思いが現れている。
 それとまったく対照的に、われわれオンブズ側としては(他の人はともかく私は)、控訴審ではひっくり返される公算がおおきいだろうな、と、半ば諦め気味であったから、これまた「少し意外」の感があった。しかし、もちろん、大いに喜んだことは当然である。
 思えば、この判決を出した渡辺修明裁判長は、やはり2審で金沢支部に舞台を移した「不二越強制連行・強制労働(女子挺身隊)訴訟」(こちらは1審の富山地裁では原告側敗訴で控訴している)の審理も担当していて、つい10日余り前に第4回の公判が開かれたところなのであるが、原告側が要求した学者証人の申請に対してきっちり対応してくれている。きちんと聞くべきは聞き、事実に則して判断を下すという、いわば当たり前の裁判官であるのかもしれない。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-17 22:37 | 地方自治

早春

c0068917_2093466.jpg
 
 可燃ゴミの収集は(わが久利須村は)月一度。最初の平日の偶数日。というわけで、3月は2日(月)の写真。先の写真と同じ場所である。さすがに雪は消えた。
 いまのところ出ているのはわが家のものだけだが、先月に出しそびれたので今月は3袋。つまり、ひと月あたり1.5袋である。生ごみは全部堆肥にして畑に戻すし、紙ゴミでも箱などはストーブの火付けに使うから、可燃ゴミは少ない。(容器包装プラの方が多い)。
c0068917_20192998.jpg

 さて、春一番の仕事は、山仕事としては、昨年のうちに倒してあった椎茸の原木を玉切りして運ぶことと薪を集めること。上は薪用の木を運んでいるところ。
 薪は、どうかすると4月の連休が始まる頃にも朝晩などは焚くこともあるが、一日中焚くのは冬期の100日ほど。日に50キロ焚くとしても5トンの薪が必要である。これを次の冬までに用意しなければならない。
c0068917_20394782.jpg

 そんな仕事の合間に、あちこちに出てくるフキノトウを採ったりマンサクの花を探したり。上は咲き始めたマンサク。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-09 20:44 | 自然と暮らし