<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

憲法は押しつけに決まっとる!

 前回載せた映画「日本の青空」は、現行の日本国憲法が占領軍(アメリカ)の押しつけであるという、主として改憲派からの批判(というか難癖)に対して、必ずしもそうとだけはいえず、高野岩三郎らの憲法研究会が提出した「憲法草案要綱」(起草の中心になったのが映画の主人公である鈴木安蔵)を、GHQがかなりの程度参考にして、最終的なGHQ案として日本政府に提示したのであるとする。これは、現憲法の成立過程に日本国民の意志が反映されていることを強調するための護憲派の強弁ではなく、国会図書館が作ってインターネット上に公開しているサイト=電子展示会「日本国憲法の誕生」においても原資料を載せて詳しく紹介している。
 しかしここは、さらに一歩を進めよう。そもそも憲法というものが「押しつけ」なのだ、ということを理解する必要がある。政治権力=国家権力というのはじつに強大なものなのであって、合法的に人の命を奪うこと(死刑)もできるし、人を殺させること(戦争)もできる。そういう強大な力であるから、被統治者である民衆は統治権力(政府)に対して権力行使にかんして従うべき枠をはめてきた。それが憲法である。
 つまり、憲法というのは被統治者(民衆)が統治権力(政府)に対して押しつけた枠組みなのである。統治権力を持つものはその枠組みの中でのみ権力行使をすることができるというものである。憲法が最高法規といわれるのはその意味においてなのである。それが「立憲主義」の本質である。

 さて、そこで日本国憲法であるが、知り合いの憲法学者(私的なメールの文章だし了解も得ていないので名前を出すのは控える)がいうように、
 そもそも、憲法は国民が国家権力に押しつけるものです。であるのに、当時日本の国民・人民はその力量がなくて、代わって、占領軍が押しつけてくれたということです。
 力量がない!の端的な例は、弾圧され、拘束されていた民主主義・平和の担い手を、国民運動で監獄から解放するということをやっていない。憲法草案を国民運動で練り上げて国会で取り上げざるを得ない状況をつくったわけではない。

 ということだ。
 日本人民の力不足を連合国占領軍GHQが補って時の政府に「押しつけた」ということだ。押しつけでいいではないか。
 このことは、戦後民主主義改革のもう一つのテーマ=農地改革を考えるといっそうよく分かる。当地には、現憲法をアメリカの押しつけだといって改憲=自主憲法制定を主張する保守王国の「草の根保守オヤジ」が沢山いるが、じつは、彼らの暮らしの根源には戦後改革のひとつである農地改革がある。これこそまさしく、占領軍(アメリカ)の押しつけそのものなのである。なるほど、大正リベラリズム以来の小作争議などの農民運動はあるにはあった。しかし、天皇制とその根を一にする地主層の力に屈せっざるを得なかったのが戦前の農民運動であった。多くの小作農民は、戦後になって「アメリカさんのおかげで」地主からただ同然の価格で農地を買い取って自作農になることができたのである。
 詳しく述べる余裕はないが、時の政府=権力は、解放農地の規模について、地主層の側に立って最後まで抵抗したが、結局、「マッカーサーの鶴の一声で」所有農地1町歩の自作農が誕生したのである。そのことが、ひいては高度経済成長の基礎を作ることにもなる。
 憲法をアメリカの押しつけであると非難するオヤジさんは自らの農地がどういう経緯でわが家のものになったかもよく考えるてみるべきである。
[PR]
by sumiyakist | 2008-03-18 21:32 | 憲法・教育基本法

「日本青空」を小矢部で観る会

c0068917_2140402.jpg

 映画「日本の青空」のことは昨年秋にこのブログでも書いた。この富山での上映会当日、自宅を抵当に借金をして映画を作ったという制作者が、全国全市町村での上映会を期待する旨の訴えをした。この時に観た数人が制作者の言葉を意気に感じて、わが小矢部市でも上映をしようということになり、年明けから実行委員会(世話人会)をスタートさせた。
 上映については、制作者側の意向もあって、先に招待者に対する無料試写会を行い、協力してくれるひとを募ろうということである。制作側では、無料でフィルムを提供するから是非試写会をやってくれという。確かに、まだ観もしない映画の宣伝やチケット販売はじつに難しい。
 そういうことで今日、3月15日の午後、招待者を招いて試写会を行った。
 会場(我が市の看板施設ともいうべきクロスランドの小ホール)の上映効果なども点検したいということもあり、映写機のテストもかねて、文字通りの「試写会」であった。250人ほどの観客(招待者)を迎えて試写会をやったはいいが、映写技師つきで借りた映写機が、最初のは不調で、大あわてで取り替えた2台目も、あと少しで終わるというところで故障! 
 準備の段階から客席と調整室(機械室)を何度往復したことか。いやはや、さんざんの試写会であった。しかし、観てくれた観客の多くは共感を示してくれたから、作品の力によってなんとか救われた感であった。
 本上映は4月27日(日)。午前、午後、夜と、3回の上映をする予定である。ぜひ成功させたいと思っている。(このあと、県内各地でつぎつぎと上映会が開かれる予定である。)
[PR]
by sumiyakist | 2008-03-15 22:12 | 憲法・教育基本法

雪の一の滝

c0068917_22251519.jpg

 冬の名残の一枚の写真。3月6日朝の一の滝。前夜からちらちら程度の雪が降っていて、朝には晴れあがった。木々をはじめ地表のあらゆるものに淡い雪がまといついている。陽が高くなるにつれて消えてしまうから早朝の2〜3時間だけの景色。通りがかりにに宮島峡の中心である一の滝を見下ろしてみたらこんな光景だった。
c0068917_22464459.jpg

 パソコンの中を捜したら昨年の夏に撮った一枚があった。
[PR]
by sumiyakist | 2008-03-10 22:56 | 自然と暮らし