<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フェミニズム裁判

 行政がらみの裁判についてもう一つ取り上げよう。
c0068917_028639.jpg三井マリ子さんという女性がいる(写真左)。思い切り簡単に肩書きを付ければ「フェミニズム運動家」ということになる。とりわけ女性の政治参加といった、政治活動の分野に力点をおいて活動している。ご自身も、かつて東京都議をつとめたこともある。女性の政治参加が進んでいる北欧、とりわけノルウェーの政治や行政については非常に詳しい専門家でもある。
 富山県へも、市民派の女性議員を応援するために何度も来ておられる。殆どの場合、ご自分の運動の一環としてであるから手弁当で、である。
 その三井さんが、豊中市の女性センターの館長に全国公募で選ばれたのは2000年9月のこと。三井さんを知るものとしては、豊中市の目の高さを褒めその僥倖うらやんだものであった。おおかたの予想にたがわず三井さんは次々と事業やイベントを打って、豊中女性センター「すてっぷ」の名を高からしめ市の女性政策に大きな寄与をした。
 ここまではすべて順調で、万々歳ともいうべきところであった。しかし、世の中にはそれを喜ばない人びともいたのである。男女平等(男女共同参画という持って回った言い方もある)の進展を快く思わず、その趨勢を押し返そうという動きをバックラッシュ(反動・逆流)というが、さまざまなレベルでそういう現象が現れている。安倍晋三氏もその主要登場人物であるところの「女性国際戦犯法廷」番組改ざん問題などもその典型的なものである。
 豊中市にも(市議会議員やその支持者)に日本会議系の有力な人物がいて、いろいろな形で三井館長とその活動に対する妨害工作などが始まり、ついには行政はその圧力に負けて三井さんを雇い止め(非常勤で一年ごとの更新という雇用形態だった)することにした。
 しかも、そのためにさまざまな裏工作をした。すなわち、表向きは館長を常勤化するという方針を出して、裏ではすでにある人物に就任を依頼しておきながら、三井さんに対しては常勤館長を公募するかのように説明して応募するように勧めるというあくどい仕打ちをしたのである。
 三井さんはそのやり方を許せないとして裁判を起こすことにしたのである。2005年2月裁判の始まりにあたって、三井さんが支援を訴える「全国ツアー」をしたのだが、その皮切りに富山へ来られた。その時の様子を私がレポートした記事がある。それをお読みいただくと以上のことがだいたいは分かる。
 裁判の経過などはそのホームページやブログをご覧いただくとおわかりいただけるが、2年半あまりの裁判を経て、9月12日に大阪地裁の判決が出されたのであるが、「木で鼻をくくったような」請求棄却の判決であった。

[PR]
by sumiyakist | 2007-09-27 00:36 | 裁判批判

裁判を裁判する

 「平成米騒動」の主人公の川崎磯信氏のことは以前にも少し触れたが、そこでも書いた通り、氏は、ほとんど「当たるを幸い」という感じでいろいろな裁判をやっている。そうしているうちに逢着したひとつのテーマが「裁判(官)を裁判する」である。
 いずれ詳しく紹介することもあるかと思うが、氏は「裁判のプロ」「趣味は裁判」と公言するほど、被告になったり原告になったりして多くの裁判を(ほとんどを弁護士抜きの本人訴訟で)経験している。そうこうするうちに、生田暉雄氏のいう日本の司法が非常におかしいことに気づいたわけである。そこで裁判そのもの、あるいは裁判官を訴えるという裁判をやり始めたのである。
 氏にいわせれば、わが国の民事裁判(判決)は、なんの実体的根拠も実効性もない「虚構」なのであるが、殆どの人が効力があると思いこんでいるから有効であるように現出しているにすぎない、というのである。(さすがに刑事裁判にかんしては、国家が強制力(暴力装置)を持っているから虚構とは氏も言い切れないようだ。じっさい、川崎氏はヤミ米事件で罰金300万円を持って行かれた。)
 裁判官の判決は実にその場逃れのいい加減なものが多い。また、裁判所の判決に基づいて差し押さえなどをする執行官という職務があるのだが、この職務(職業)がなんとも曖昧模糊としたものであるし、差し押さえという制度そのものも実体的な基礎はなく、「虚構」に基づくのではないかというのである。そのあたりを、氏のいつもの戦法、我が身を進んでそこに投げ入れ、肉を斬らせて骨を断つというやりかたで戦いを続けているのである。
c0068917_21375188.jpg

 いっぽう、 行政訴訟については、司法が事実上、行政と一体化しているからよほどのことがない限り行政よりの判決を出すのは当然といえば当然なのである。その典型的な判決があった。
 さる9月19日、第2次不二越強制連行訴訟の判決が富山地裁であった。上の写真はそれを報じる朝日新聞 (9/20)富山版である。裁判長は、前知事退職金返還裁判の時と同じ佐藤真弘氏である。
 佐藤裁判長は原告の主張する強制連行や強制労働の事実はほぼ認め、「原告らは勧誘者の欺罔で、勤労挺身隊に参加したものと認められ、強制連行されたというべきである」と指摘し、原告らの請求権存在を認めた。 にもかかわらず、日韓条約(日韓請求権協定)によって個人の請求権は消滅したとし、国や企業に支払い義務はないとした。
 今年4月の西松建設の中国人強制連行裁判の最高裁判決をよりどころとしていることは明かであるが、しかし、その最高裁判決は、建設会社に対して、法的義務はないとしてもなんらかの救済策を図るべきだと付言していた。しかし、佐藤裁判長はそのような救済策の必要性も述べず、5分ほどの判決言い渡しのあと、上の記事のようにそそくさと退廷したらしい。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-22 21:45 | 裁判批判

元裁判官の内部告発

c0068917_21563178.jpg 運動仲間というか、少し年長の知り合いが、『裁判が日本を変える』(生田暉雄著・日本評論社刊 1470円)という本を送ってくれた。8月に出版された新刊である。
 著者の生田暉雄氏は、15年ほど前に、大阪高裁判事を最後に22年間の裁判官生活にピリオドを打ち弁護士になられた方のようである。本書は、そういう経歴の著者による司法の内部告発とでもいうべきものである。
 ヤメ検の弁護士ならざらにいるし、裁判官から弁護士になるというのも珍しくない。また、日本の裁判の批判の本なら既に相当出版されているからこれもさして珍しいことではない。しかし、元裁判官がこれほどの激しさと緻密な方法論を併せもって日本の裁判を批判するというのは、珍しいことではないだろうか。
 裁判というのは、常識的に考えられているように(著者はそれを「マインドコントロールされている」という)、紛争解決の手段なのではなく、国民主権を実現する手段なのであることを強調する。
 そして、ただ現状を批判するだけでなく、タイトルにあるとおり、現行の法廷のルールを現場から壊してゆくような方法で、裁判を提起してゆくことが日本の「官僚社会主義」を打破する近道であると、呼びかけている。
 180ページあまりの手軽な本であるし、(多分)書き下ろしではなく、既存の論考を集めて一書としたように見えるが、内容は濃い。その柱は3本。「裁判員制度批判」「刑事捜査原論」、そして、「ヒラメ裁判官を生み出す司法制度批判ならびに、それを打破するための行政訴訟の勧め、およびその事例紹介」となっている。 
 導入が決まっている裁判員制度については、簡単明瞭にその問題点を挙げて批判している。それはむしろまやかしの「市民参加」であって現在の「官僚裁判官」による司法支配を永続させるための隠蔽策であるとする。
 なんといっても力点は第3の「国民主権実現の方法としての裁判」にある。そもそも、わが国では行政訴訟が少なすぎるという。ドイツでは年間50万件あるというが、わが国では2000件。こういう数字を示されると、市民の権利意識のレベルの差なのであろうかと、いささか情けなくなる。しかも、その行政訴訟たるや、裁判の仕組みにおいても判決においても、圧倒的に被告である行政側が有利である。その司法制度的な原因、あるいは裁判官の任用(昇給・昇進)から来るわけ、などについて元裁判官の著者ならではの見解が示される。
 生田氏がエライのは、氏の主張するところをを市民の運動として実行するために全力で市民の活動をサポートをしている点だろう。愛媛県での「つくる会」教科書採択に際しての行政の介入に対する裁判をはじめ、「新・教育基本法」違憲訴訟など、18本もの訴訟を、「主権者としての国民が行う裁判」に立脚して、裁判の進め方自体を俎上に上げて改革させつつ実行している。もちろん、原告たちは、生田氏のアドバイスを受けながら本人訴訟でも提訴を行っている。
 愛媛県の活動に触発されて杉並区や同じく「つくる会」教科書を採択した大田原市の市民たちが同様な観点と手法で裁判を行っているのも紹介されている。(杉並区の活動についてはインターネット新聞=JANJANでレポートされていたのを読んで関心を持っていたが、その背景にこういう流れがあったことをはじめて知った。)
 また、本書では触れられていないが、市民派の弁護士が不当逮捕されそうだということで抗議活動がネットで行われたことがあるが、その弁護士というのがこのほんの著者=生田暉雄氏だったのだ。
 なるほど、人権派弁護士として、警察や検察はもとより、裁判所からもにらまれ、マスコミからもバッシングを受けている安田好弘弁護士とならんで、権力にとってもっとも目障りな弁護士であり、活動を抑制するためなら合法非合法を問わずあらゆる方策で押さえ込もうとするのもむべなるかなと理解したしだいである。
 世の中にはエライ人がいるものだ。捨てたものではない。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-20 22:08 | 知事退職金

贈る言葉

 多くのブログが政権を放り出した安倍晋三について批判を述べている。入院先の慶応病院で自殺を図ったというニュースがいろいろな所で取り上げられているが、ほとんど何の情報もなく入院期間が延長されているのをみると、まんざら虚報ではないのだろう。
 なににしても、「無能で危険」という奇妙な特質をもったこの人物(アメリカにも約一名いるが)の、妙に取り繕った顔を見なくてすむというのは精神衛生上はありがたい。
 マスコミは「水に落ちた犬は叩け」と無責任男の批判を一応は書いた。しかし、この無能で危険な男(しかもダーティと来ている)のことを知りながら、一年前まではこぞって持ち上げていたのである。この男を総理にした責任を問うならマスコミ自身の責任にも言及すべきではないか。
 魚住昭『官僚とメディア』は、安倍内閣発足にあたっての共同通信内部での安倍晋三にからむ記事の出稿差し止め事件を書いている。程度の差こそあれ、どのメディアでも同じようなことはあったはずである。
 かなり前からネットでは耐震偽造問題のアパグループと安晋会の関係、あるいはもっと遡れば沖縄で自殺した(殺害された)野口英昭氏と安晋会の関係などの情報が飛び交っていた。

 この男にいまさら批判を加えるのもアホらしいことであるが、ただひとつ、言うことがあるとすれば、こんな人物によって領導されて強行採決されて成立した改正教育基本法と憲法改正手続法(国民投票法)について「おいおまえ、これもいっしょに持って帰れ!」と言うくらいだ。

 しかしながら、現在の政治状況を考えるためには、小泉純一郎と安倍晋三という2人の政権の成立とその後の経過は日本の「民主制」「代議制」の質やメディアによる情報操作という点で多くの検討材料を残してくれた。

 時おり安倍晋三氏の母親・洋子さんのことが週刊誌の見出し広告にでるのであるが、参院選の結果が出た直後にも(どういうものであったか記憶はないが)その名前があった。それを見て頭に浮かんだ句を8月31日に朝日川柳に投稿した。もちろん採用はされなかった。

 岸洋子、夜明けの歌をうたってよ
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-19 23:22 | 憲法・教育基本法

日本の青空

c0068917_23373844.jpg

 三宅晶子さんの講演の内容は次に延ばして、昨日観た映画 「日本青空」のことを載せておこう。(私にすれば珍しくも、ひと月もしない間に2本の映画を観たのだが・・・といってもこの春にもそんなことを載せたか!?)。
 この映画が制作されるにあたって広く製作資金を募っていたことを覚えている。県内の平和運動のメーリングリストでも話題になり、どういう協力をすればいいかについて意見が交わされたこともあった。が結局、10万円の資金を出して、交換に出来上がった映画の鑑賞券を100枚受け取るというシステムに合致することが出来ず、立ち消えの格好になった。

 昨日の上映はたまたま富山県弁護士会が、日本国憲法施行60周年(5月3日)を記念して弁護士会の会員・関係者で開催したものであった。座席に幾らかの余裕があるとのことで一般にも開放して、希望者数十人を、いわば無料招待してくれたわけである。

 日本国憲法がアメリカ占領軍の「押しつけ」であるという見解は、改憲・護憲の立場はともかく、当たっているところも勿論ある。その具体的な状況に関しては、近年になって当時のGHQ民政局にいて男女平等条項などを起案したベアテ・シロタ・ゴードンという女性が注目を浴びて来たというようなこともある。(彼女は自らも関わった日本国憲法の擁護を訴えて各地で講演会を行っているし、彼女を主人公にした演劇「真珠の首飾り」も公演されている。)
 しかし、じつは、そのGHQの憲法案作成に際して非常に大きな影響を与えた「憲法研究会」という民間団体の憲法案(「GHQ草案のお手本」)があったが、そのことはあまり注目されてこなかった。研究会の代表的立場にいたのは高野岩三郎(大原社会問題研究所長)であるが、実際に憲法草案作成の中心になったのは鈴木安蔵という少壮の憲法学者であった。
 映画は、この在野の憲法学者を主人公に、安倍首相が国会で改憲を述べている現在と、戦中・戦争直後とを織り交ぜながら進行する。

 憲法制定秘話という、これほど堅い政治問題はないほどの内容であるにもかかわらず、2時間という上映時間が長いと感じないほどうまく組み立てられた映画である。
 詳しい紹介はまたの機会にするが、近くで上映されることがあれば是非ご覧になるといいし、あるいは、自主上映会などでその機会を作るように協力されることをお勧めする。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-09 00:44 | 憲法・教育基本法

三宅晶子さんの講演会

c0068917_20314628.jpg

 9月1日(土)平和をつくる富山県連絡会の主催で、三宅晶子さん(千葉大学教授)をお招きして講演会を開いた。三宅さんは元来、ヴァルター・ベンヤミンをテーマとするドイツ文学研究者であるとのことだが、われわれが知ったのは「教育基本法の改悪を止めよう!全国連絡会」の活動によってである。2004年から始まったこの活動の呼びかけ人の一人として、この3年間、教基法改悪阻止運動の先頭に立って精力的に活動してこられた。
 同法については、こともあろうに「あんたに教育のことを言われたくない」人物(笑)に主導されて国会での強行採決を許してしまったが、それでもなお、新教基法の具体化を押しとどめようと引き続いて運動を呼びかけておられる。
 上の活動の中心になった4人の呼びかけ人のうち、大内裕和氏は、やはり平和連絡会でお呼びして講演をしていただいたことがあるし、高橋哲也・小森陽一の両氏は、憲法や靖国問題で何度か講演をお聞きしたことがある。そこで今回は三宅晶子氏を、ということになった。三宅さんご自身も富山へは初めて来るとのことであった。
c0068917_2033897.jpg 「私たちはどのような時代に生きているのかー格差・憲法・戦争を見すえてー」と題して詳細なレジュメにもとづいて90分、講演というよりむしろ濃密な講義というべきものであった。多分、大学での講義なら2〜3回に分けてなさるであろうほどのものであった。当日聴衆は150人ほどであったが、聞き耳を立てメモを取り、会場の緊張はずっと持続していい雰囲気であった。
 お話の内容については次回にでも紹介する。
[PR]
by sumiyakist | 2007-09-05 20:40 | 憲法・教育基本法