<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

里山の更新

c0068917_849220.jpg

 前回見た伐採の様子は、一見いささか荒っぽい伐り出し方なので、素朴な自然愛好家には抵抗があるかもしれないが、チップ業者氏は里山の本来的な利用法の枠からはみ出しているわけではなく、(原理的には)自然破壊をしているわけではない。
 上の写真は村の後背地の山で別のチップ業者氏が伐採している現場だ。これもやはり、重機で道を付け、キャタピラの運搬機で搬出するという方法である。左手の向こうに見える山が松尾の尾根の最頂部である。
 かつて薪や炭の原料の木を伐り出していた雑木林は、まさにその用途から「薪炭林(しんたんりん)」と呼ばれたり、あるいはまた、人の手のはいらない原生林や自然林(天然林)が一次林といわれるのに対して二次林といわれる。いわゆる里山であり、それは人が木を伐り出して利用することで植生が維持されてきた。このあたりではコナラを中心とする広葉樹の森林である。雑木の林は、伐っても25年〜30年でほぼ元通りに再生する。その一局面は以前にも載せた。
 少し前ならこうして雑木林を伐採(皆伐)してその跡に杉や檜の針葉樹を植林したのであるが、そうなるともう雑木林として再生することはない。(公共事業としての針葉樹の植林は「緑の森林破壊」と悪口をいわれたこともある。)チップ材として伐採してその跡を放置するだけなら、作業道などの工事によるいくらかの変容はあるにしても、多分、25〜30年経てばほぼ元通り再生するだろう。チップ伐採があながちに自然破壊でないというのはそういうわけである。
 ところで、念のために述べておくが、このあたりの山は殆ど民有林であり、勝手に木を伐るわけにはいかない。チップ業者氏にしても私にしても山林地主に代金を払って木を買い取っているのである。
  伐採しないで放置すると雑木林も老化する。ナラなどは、生えている木のそれぞれが太くなるのではなく、淘汰されて本数が減り少数の太い老木の山になってゆく。他の雑木もほぼ同様である。キノコも出なくなる。あるいは、フジなどの蔓性の植物が繁茂して山を覆ってしまうこともある。里山は人間の手が入ってあるサイクルで伐ってやることで植生が維持されているのである。それを更新といっている。
 私の炭焼きの原木としての「消費量」くらいでは到底追いつかないから、チップ業者氏は山の活性を維持する更新の役割を果たしているともいえる。ただ、重装備の機械を使うので伐採の速度が猛烈に早く、広大な面積が一時的にはげ山状態になることは問題である。伐採速度(=量)が更新の必要性(=質)の本来を損なうということもありうるからである。
 ちなみに、昔の炭焼きさんは普通1年間で1町歩(1ヘクタール)の山を伐っていたそうだが、現在のチップ業者なら1月もかからずに1町歩の山を伐採するのではないだろうか。久利須村の山は植林事業を免れて比較的広葉樹の森林が多く残っていたのであるが、チップ業者の挟撃を受けてたちまち禿げ山と化しつつある。
 そして、前回述べたように、もしカシナガが伐採によって大挙して未伐採の区域に移ってゆくとすると、ナラ枯れ現象の「濃縮」が行われることになり、困った問題ではある。 
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-30 09:09 | 自然と暮らし

伐採地

c0068917_1613774.jpg

c0068917_162283.jpg

c0068917_162236.jpg

 山の尾根(松尾という小字名)の全体を、昨日(8/27)撮影した写真を下(東)から順に並べておく。
 この山については、付言しておかねばならない特殊な事情がある。じつは写真に見える尾根の向こう側の数ヘクタールの山一帯は、ここ数年のうちにチップ業者によって全部伐採されてきたのである。
 このあたりは、林道も作業道もないかなり急峻な山なのであるが、自前でブルドーザーなどの建設用重機を持ち、道なき山に道をこしらえながら伐採・運搬をしていくベテランの専門業者のこと、驚くような勢いで伐りだしてきた。数年前、村の反対側から切り始めてついに村に一番近い松尾の尾根の向側まで伐ってきたというわけである。
 現地を見ようと、村の反対側からバイクで上がってみた。作業道といっても、もちろん舗装もなにもなく、だだ山を削っただけのむき出しの土の道が続いている。
c0068917_1663914.jpg

 高見に上ると全体が見渡せる。残った灌木や、ここ2〜3年で萌芽した若木などで(それに地を覆う笹)、緑の色は保たれているが、高い木太い木は全く見えない荒涼たる山並に赤土の道路が縦横に延びている。中景の一番向こうの尾根のひとつ手前の低い尾根が松尾になるようだ。(その向こう側が村の集落になる。)
c0068917_1674055.jpg


c0068917_1684998.jpg これは私の山仕事用のバイク、年式も分からないくらいの古いものであるが、ともかくもトライアルマシンなので、こういう時には役立つ。
 雨が落ちてきたりしたので、松尾まではたどり着けずに引き返したが、重機や運搬機を使ってとはいえ、一人でよくもこれだけの山を伐りだしたものだと感心するばかりである。

 さて、この伐採と松尾のナラ枯れとが何らかの因果関係があるかどうか? もし、カシナガが(ナラ菌を付着させて)、ある比率で里山に生息しているとすれば、伐採が進めば追われるようにして未伐採地のほうへと逃げ出してくるだろうということは考えられる。村の周辺で、ナラ枯れとおぼしき急激な枯死は他の区域でも散見されるものの、松尾ほどの集中は見受けられないから、松尾での集中的発生については、伐採と関係している可能性はあるだろう。
 
 
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-28 16:15 | 自然と暮らし

メカニズムと環境因

 このナラの枯死問題(ナラ枯れ)については、ネット上でもいろいろな報告が出されているが、最新のものとして、これまでの研究成果や対応策を集約したようなパンフレットが出されている。森林総合研究所関西支所のHPからPDFファイルでダウンロードできる。ご関心の向きには参照いただきたい。
 それらによると、ナラ枯れのメカニズムほぼ解明されているようで、カシノナガキクイムシ(カシナガ)という小さな甲虫が媒介するある種の菌類(ナラ菌という仮称で呼んでいる人もいる)がナラの中で繁殖して樹木の水の通路である導管を塞いでしまうことによって、蒸散作用の活発な夏に急激に枯れてしまうということであるらしい。
 このメカニズムはかつて大きな問題となった松枯れと似ていないだろうか? 各地の松林が次々と立ち枯れて行ったことがあった。その原因がマツクイムシだとされて、大々的な殺虫剤の空中散布が行われたことがあった。しかしながら厳密にはマツクイムシという虫は存在せず、マツノザイセンチュウという線虫が木質部で繁殖して導管を塞いでしまうために立ち枯れするということであり、また、この線虫を媒介する昆虫としてマツノマダラカミキリが特定されていた。
 昆虫と菌類(線虫)のペアが原因。従って、対策はこの両者ないし一方を退治すればいい。対症療法としてはそうなる。ただし、カシナガもナラ菌もほとんど木の内部に留まっているので薬剤散布による駆除はなかなか難しい。ドリルで穴を開けて薬剤を注入するという方法が試みられているようだ。

 さて上のように、直接的な原因はカシナガとナラ菌によるものだとしても、なぜいま急に被害が広がったのかという原因(遠因・環境因)はなんだろうか?
 先の地元新聞のキャンペーンでは、気候の温暖化によってカシナガの生息範囲が広がってきた(北上してきた)としていたと記憶するが、全国規模では被害は南から北へ広がっているわけではなく、分布からすると、日本海側に多発しているという捉えかたの方が正確であろう。そうすると、先の宮下正次氏の酸性雪説のほうが説得力がある。
 日本海側(=積雪地帯)の酸性雪によって衰弱し抵抗力が低下しているナラ類(とりわけミズナラ)にカシナガが潜入しナラ菌を繁殖させ、急激に立ち枯れさせる。それが最近のナラ枯れ現象の背後にある環境因なのではないだろうか。
 
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-25 09:23 | 自然と暮らし

ミズナラと酸性雪

c0068917_9324566.jpg
c0068917_9303737.jpg
 ナラ類は炭の原木としては(本州以北では)最重要の樹木である。従って、人の手がはいった二次林(薪炭林)としての、いわゆる里山の景観を作り上げてきた主役級の樹種である。先に述べたように久利須村の山(標高300メートル程度)ではナラ類はコナラが殆どで、まれにミズナラが混じる程度である。標高が高くなるほどミズナラの比率が高くなり、県内でも例えば利賀村のように600〜800メートルまで上がるとこの比率は逆転する。同様に(しっかり確かめたわけではないが)、東北・北海道へ行くと多分ミズナラが優勢になる。両者は樹皮も(プロの目には)はっきりした違いがあるが、ここでは比較のために葉っぱの写真を載せておく。(左がコナラ、右がミズナラ。無精をしてネットから借用)
 このミズナラのことは以前から気にかかっていた。というのも、久利須あたりの山では、直径10〜20センチほどのミズナラの比較的若い木(小径木)はあるが、それ以上のものは殆ど見あたらず、それどころか、時折若木のまま枯死したものに遭遇することもあり、ミズナラの大径木は全く見られないことに気づいていたのである。
 もう少し標高の高い山(400メートル〜500メートル)だと、ミズナラの割合は増えるのであるが、それでもやはりある程度大きくなると立ち枯れるという現象にもしばしば出くわした。ただしその枯れ方は、いま思い出してみても、眼前のような劇症型(突然死型)の枯死ではなく、徐々に樹勢が衰えて緩慢に枯れてゆくというものが殆どであったように思う。(したがって、衰弱途上にある中径木も散見された。)
 こういう現象を、私は次のように理解してなんとなく納得していた。すなわち、同じナラ類でも、ミズナラは寒冷地(高地)に適合した樹種であって、北陸あたりでは低山地にはあまり適応しないのであろう。従って、ある程度大きくなると環境に適合せずに樹勢が衰えて緩慢に枯れてゆく、と。
 たまたま、「炭やきの会」(故・岸本定吉博士を中心に始められた組織)などで知り合った登山家で在野の森林研究者でもある宮下正次氏に、この北陸のミズナラの衰弱死について話をしたことがあったが、氏は即座に「酸性雪」が原因だと断言した。氏は著書でもそのことを指摘していた。
c0068917_9395942.jpg 酸性雨については今ではよく知られているが、酸性雪というのはまだ十分研究もされていないという。北陸などの多雪地帯では酸性の雪が積もって、しかもその酸性成分が濃縮された状態で早春に樹木によって根から吸収されることになる。当然、植物には悪影響をもたらし、ナラ類でも対応力の弱いミズナラが衰弱することになる、というのである。「いずれはコナラも弱ってゆきますよ」と氏は不気味な予言をしていた。左に氏の著書2冊を載せておく。(『炭は地球を救う』『炭はいのちも救う』いずれもリベルタ出版・刊)
 さて、その酸性雪説とカシナガ原因説とはどう関係するのか? 以下次回に。

c0068917_9441415.jpg
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-23 09:51 | 自然と暮らし

ミズナラの枯死

 県内の里山で数年前からミズナラやコナラが立ち枯れる被害が目立ち始めている。後で述べるように、私はもう少し以前からとりわけミズナラの立ち枯れに気づいていたので、その広がりに注意していたのであるが、ついに我が久利須村の山にまで激発的に被害が現れた。
c0068917_21124195.jpg

 今日8月21日昼前の裏山の写真である。朝から畑に冬野菜用の畝を作るための下肥コンポストを運んでいて、久利須川の上流の谷を挟んで向かい側の山を写した。濃い緑色をした真夏の山の中で、まるで時ならぬ紅葉が始まったかのような立ち枯れ木が見える。いわゆる薪炭林といわれる広葉樹の雑木の山である。尾根近くは殆どがコナラであり、中にごくわずか(3%〜5%程度か?)ミズナラが混じる。標高は250〜300メートル。
c0068917_21154639.jpg

 もう少し近くの、すぐ向かい側の山である。
c0068917_21164082.jpg

 アップで撮るとこうなる。

 ミズナラが多いようであるが、コナラも混じっているかもしれない。そばまで行って確認しなければ詳しくはわからないが、まだ樹勢の盛んな、多分30〜40年生の木であるように思われる。
 県内でも南側の山(福光・城端)では1〜2年前から被害が拡大して、地方新聞もキャンペーンを張ったりして行政がそれなりの対応をしていた。一般的にはその原因としてカシノナガキクイムシという虫(通称カシナガ)によるといわれているようで、新聞もその線で報道していたし行政の対応も枯れた木を集めて適当に玉切りして積み上げてシートを掛けて薬剤で燻蒸して虫を撲滅しようとしているようだ。
 ネットで検索するといくつかの情報が分かる。たとえば、独立行政法人・森林総合研究所(かつての林業試験場)のHP新潟県庁の森林研究所のHPでも取り上げている。
 いずれもカシノナガキクイムシ原因説である。

 次回以降もこの問題に関する検討を続ける。
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-21 21:24 | 自然と暮らし

民宿の亭主?

 お盆は民族移動の季節。わが家の祖霊たちは大阪郊外の墓地に降臨しているのであろうが、生者たちは「いなか」を求めて久利須村へやってくるのが恒例である。娘夫婦と孫たちをはじめ、親類や知人たちが入れ替わり立ち替わり、数日間の「田舎暮らし」を体験してゆく。
 今年は家族も含めて14人がピークであった。(過去には17人という年もあった。)
 この半月ほどは民宿の亭主のような役割を務めることになる。

c0068917_19503174.jpg氷見海岸へ海水浴と釣りに行く。炭窯改修を手伝ってくれた近くの友人夫妻も同行。日陰にテーブルが備えられていて無料のシャワーなどもある「穴場」で昼食。帰りには銭湯に入って、塩っ気を落とすのが恒例。

c0068917_19581668.jpg夕食は軒下の常設の炉(といってもブロックを積んでU字溝を乗せただけ)でバーベキューというのが定番のひとつ。野菜は自家製で間に合うが、肉類は買わなければ仕方がない。獲ってきた海の獲物が並ぶこともある。

c0068917_2032134.jpg朝はラジオ体操。宿泊者の割に参加者は少ない。大人たちの方が概して真面目である。

c0068917_2051812.jpg昼食の定番のひとつが流し素麺。竹を切ってきて二つに割り、節を取って樋を作り、井戸水をポンプアップした水を流す。ソバ猪口や箸も竹で作る。子供らはもちろん大喜びであるが、大人たちにも好評。

c0068917_2095860.jpg夜は花火というのは、いずこも同じ夏休みの定番メニュー。今年はペルセウス座流星群を見に裏山の頂上近くにあるキャンプ場までみんなで出かけた日もあった。

c0068917_20132586.jpg町へ下りる途中に宮島峡という小さな観光スポットがある。今年は駐車場などの施設が整備されたので賑わっていた。孫たちは近場でも十分満足していた。

c0068917_20154598.jpg夕食の定番のひとつ手巻き寿司。この材料はほとんど買ってこなくてはならないが、スーパーで買ったネタでもそこは富山のこと、旨い。
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-17 20:24 | 自然と暮らし

天井乾し

 やり直し以前の「吊り天井」は、鉄筋と鉄板は同じだが土は全く水で練らずにさらさらの状態で上に載せてあった。土は気密と温度の保持が目的である。今度の改修は土を練って叩き締めている点では土だけで造る昔ながらの「ドロ天井」と同じである。土自体も焼き上がれば強度を持つことになるし、下の鉄筋と鉄板への荷重は少ないから堅牢性は高いだろうと思われる。
 しかし、必ずしもいいことばかりではなくて、鉄と土とでは高温になった際の膨張率が異なるので「ひずみ」が出るはずだ。そのへんの対応は試してみなければ分からない。
 さて、作業の続きであるが、自然に乾燥するのを待っていてはなかなかなので火を焚いて乾かすことにする。
 正統的なドロ天井の場合も(その時はカマの中に炭材がぎっしり詰まっているのであるが)、カマの口で小さな火を焚いて天井を乾かす手順になる。

c0068917_7454377.jpgカマの内側から天井を乾かすために中で火を焚く。

c0068917_7461269.jpgあまり大きな火でなく燃えついたら炭火にしてゆっくり乾かしてゆく。

c0068917_7463212.jpg取り外してあった煙突(土管)も立てる。中で炭火を焚きながら外からはツチノコで叩き締める作業は続ける。

 これを当分の間続けることになる。
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-11 08:04 | 自然と暮らし

天井の仕上げ

c0068917_23174466.jpg天井上げを「大団円」といったが、もちろん、あれで終わりではない。ここからは細かいけれども出来不出来が後で大きくカマの良し悪しを決めるような仕上げ作業になる。前日の、友人の評して「大仏さんの頭」(螺髪<らほつ>という)状態を、翌朝はこういう状態にする。つまり、ドロ団子の固まりを叩いて均してゆくのである。

c0068917_23244844.jpgまず、適当な木を切って細工をして写真のようなツチノコを作り、これで叩いてゆく。

c0068917_2327480.jpg叩いたところとまだ叩いていないところの差はこういう状態。

c0068917_2328923.jpgいちおう全体を叩き終えたところ。
ツチノコ作りから始めて午前中でここまでやって今日の作業は終了。
[PR]
by sumiyakist | 2007-08-07 23:37 | 自然と暮らし

天井上げ

 5日の日曜日、友人たちに手伝ってもらってカマの天井に土を載せる作業をする。「天井上げ」といって、カマ造り作業中の、いわば大団円である。

c0068917_17494873.jpg天井にのせる土を混ぜる。もとの天井の土は前の作業スペース(「カマ庭」)に積み上げてあった。「焼けドロ」と呼んで炭焼きさんが大切にする土である。新たにカマを造るときには山の古いカマ跡から掘り出してくる。結晶水を失っていて、収縮率が小さいので焼き固めてもヒビがはいりにくい。それに新しい山土を加えて耕耘機で混ぜ合わせる。

c0068917_17501984.jpg水を加えて練り始める。このときも耕耘機が活躍する。

c0068917_17513277.jpg水を加えながら耕耘機を回すが、耕耘機が回らなくなると、あとは人力。鍬やスコップでひたすら捏ねる。

c0068917_17521946.jpgときどき足で踏んで水の回り具合を確かめながら、捏ねる。全体に水が均一に回り、ドロに粘りが出たらいちおう仕上がり。

c0068917_17531145.jpgドロ団子をソフトボールかハンドボールの玉ほどの大きさにまとめて手渡しで運び上げる。

c0068917_1754398.jpg時には投げてパス。

c0068917_17545471.jpgドロ団子を順に鉄板の上に置いてゆく。

c0068917_17554163.jpg本来のやり方だと外周から始めて渦巻き状に中心へ向かってドロ団子を並べてゆくのであるが、今回は鉄筋部分に沿って荷重がかかるように置いてゆく。

c0068917_17564835.jpg練り始めてから5時間あまり、やっと天井全体にドロをのせ終わる。

[PR]
by sumiyakist | 2007-08-06 18:03 | 自然と暮らし

猛暑にめげず

 ようやく梅雨があけたと思ったら、38.5度という猛暑。台風5号の影響で南風が山越えで吹き込みフェーン現象を起こしたのだとか。午前・午後と、それぞれ別の友人が手伝いに来てくれて、猛暑をものともせず(いや、いささか熱中症気味ながら)、カマの改修作業に邁進。一人ではできない作業に差しかかっていたので、大助かりである。仕事は一気にはかどる。
 これまでの状況を逐次写真で説明しておこう。

c0068917_2219577.jpg向かって右の石積みの側壁の仕上がり状態。

c0068917_22203052.jpg反対側の側壁は土を叩き締めて積み上げた。

c0068917_22212711.jpgそれをカマの内側から見たところ。

c0068917_22245357.jpg上から見たらこうなる。右上に蚊取線香が写っている。

c0068917_22344136.jpg鉄筋を格子に組んで渡し、その上に鉄板を乗せる。鉄筋も鉄板も元のものを曲げたり伸ばしたりして再使用。

c0068917_2226212.jpg鉄板はあと手前の一枚を残すだけ。右に発電機が写っている。鉄板を切るディスクサンダーや穴を開けるドリルを使うため。

c0068917_22272837.jpg鉄筋に鉄板を乗せたところを内側から見る。

c0068917_2239377.jpg鉄筋をつり上げるための金具(これも鋼製。異形鉄筋を切って流用)を下から突き出す。


これ以下が今日の作業。
c0068917_2240579.jpg桁(けた)を支えるための束(つか)を左右の端に3つずつ、計6本立てる。写真は左側。手前の一本は写っていない。右(奥)の束に桁を乗せるとちょうど筋交いの竹にぶつかる。やむなく竹を切る。

c0068917_2241680.jpg3本の桁を渡したところ。突き上げた金具を番線(焼き鈍した鋼線。直径5ミリほどの10番線を使う)でつり上げる作業にかかる。

c0068917_22421533.jpg番線でつり上げたところ。木を差し込んでねじり上げたり、シノという道具でねじって引っぱり上げる力を出す。

 これであとは土を乗せるだけになる。それにしても暑い日だった!

追加の写真を載せておこう。(8月3日)    
c0068917_1742651.jpg吊り金具である。鉄筋コンクリートの芯になるいわゆる異形鉄筋。元は折り返した形に左側にも同型のものがある左右対称のものを2つに切り離してもらった。知り合いの銅器の工場からもらってきた。

c0068917_17475796.jpg吊り上げているところを内側から見るとこうなる。

[PR]
by sumiyakist | 2007-08-02 22:48 | 自然と暮らし