<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都から再出発

c0068917_8411879.jpg

 京都で昨日開かれた「改悪教育基本法の具体化を許さない! 5・27全国集会」に参加した。富山からわれわれは自家用車に同乗して6人で出かけたが、JRで来た人にも会場で出会った。会場は岡崎公園内の「みやこメッセ」という会館。10年近く京都で仕事をしていたことがあるが、その頃(20年以上も前になる)にはなかった建物であるから、私は初めて中に入った。
 地下の(多分、展示会場などになることが多いであろう)多目的ホールに椅子を入れて600人収容の会場としたものだが(少し早く着いたわれわれは椅子を並べる設営作業にも参加した)、参加者は750人に達し、会場はオーバーフロー状態であった。

 呼びかけ人のひとり三宅晶子さんの、これまでの運動の総括と新たな出発への問題提起に始まり、記録映画「君が代不起立」の主人公ともいうべき二人の教員=根津公子さん、河原井純子さんが報告と支援の要請を行った。(上の写真。マイクで話をするのが河原井さん)
 根津さんは映画にあるとおり、君が代斉唱時の不起立に対する停職処分中も勤務校の校門の前まで「出勤」している。また同じく停職処分中の河原井さんは、のぼり旗を持ち(写真では根津さんが持っている)脇に置いたリュックを背負って「全国行脚」している。

 じつは、河原井さんは6月22日から25日頃は富山県内を回る予定で、23日にはわれわれ平和連絡会の主催で「君が代不起立」の上映会に出演していただき、その前後に県内各地でも交流会がもたれることになっている。
 
 集会のほうは、その後、全国学力テストに唯一不参加だった犬山市からの報告や、京都市の教育行政の現状、東京都教委を相手に不当処分撤回闘争を行い、昨年9月21日東京地裁で画期的な勝利判決を勝ち取った東京の「被処分者の会」、大阪で教員の評価育成システムという<新勤評>と闘っている教員たち、鎌倉で「教育委員会ウオッチング」を続けている市民グループ、などなど、全国からさまざまな運動や闘いの報告がなされた。
 「ザ・ファミリー」という親子4人のグループがいい演奏を聞かせてくれるちょっとしたアトラクションもあるかと思うと、会場から歩いて15分ほどのところに住んでいるという参議院議員=井上哲士さんも演壇に立ち、現在参院に回ってきている教育3法案の審議予定などついての報告をした場面もあった。
 呼びかけ人の大内裕和さんは「新自由主義教育」の危険性についていつもながらの熱弁をふるい、午前中は群馬県で講演をしていたという小森陽一さんは大江健三郎氏の提言を紹介して、すでに<法律>でなくなった「前」教育基本法を、いわばもっと高次の<理念>の言葉としてめいめいが保持してゆくことの大切さなどを訴えた。もうひとりの呼びかけ人高橋哲哉さんは体調不良で参加出来ない無念をメッセージで寄せられた。

c0068917_842298.jpg  集会終了後、市内デモ・パレードが行われた。われわれはメンバーの体の都合と帰路を急がねばならない事情で途中で隊列を抜けたが、750人の隊列は四条通りのビルにある伊吹文明文科大臣の事務所(不明朗な事務諸費の幾分かの消費場所か?)前で大きなシュプレッヒコールの声を挙げたはずである。
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-28 10:56 | 憲法・教育基本法

そうだ!

c0068917_2138027.jpg

「そうだ!」と思ったので、前に引き続いてのチラシの写真で恐縮ながらアップした。なにせ明日の話だから京都・大阪近辺の人にしか役立たないだろうが、こういう催しがあるのでお知らせする。
 富山からは(他に参加する人もいるだろうが)、われわれは6人ほどで参加するつもりだ。
 写真では読み取れないかもしれないので、集会の概要を下に掲げておく。
                                                               *
そうだ、京都へ行こう!
改悪教育基本法の具体化を許さない5・27全国集会

○5月27日(日)10;00〜16;30 
○岡崎公園「みやこめっせ」
http://www.miyakomesse.jp/visitor/access.html(岡崎公園)

10:00〜12;00  映画『君が代不起立』上映とトークの集い(地下大会議室)          
根津公子さん、河原井純子さん、伏見忠さんのトーク
     制作者(ビデオプレス)も来られます。

13:30〜16:30 全国集会 「みやこめっせ」地下第1展示場
  
( プログラム)
* 問題提起「教育基本法が改悪された今、私たちの目指すこと」●三宅晶子さん

報告1「君が代処分には屈しない」      根津公子さん、河原井純子さん

報告2「全国学力テストに唯一不参加の犬山市から」   村上英子さん

*問題提起「教育基本法が改悪された今、私たちの目指すこと』● 高橋哲哉さん

報告3「教育基本法改悪を先導した京都市の教育行政批判」 蒔田直子さん
  音楽  出演「ザ・ファミリー」---(カンパのお願い) 
(15:15)
*国会報告「教育3法、国民投票法等をめぐる国会情勢」井上哲士参議院議員

報告4「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会」 近藤徹さん

報告5「教員評価・育成システムとの闘い」      大阪・井前弘幸さん

報告6 「市民運動の動きから」            鎌倉・神谷扶左子さん

報告 7 「民族学校への弾圧と親の思い」       在日朝鮮人保護者

* 問題提起「教育基本法が改悪された今、私たちの目指すこと』● 大内裕和さん
* 問題提起「教育基本法が改悪された今、私たちの目指すこと』● 小森陽一さん
(16:30) 閉会

*デモ・パレード(午後5時出発)
 岡崎公園〜京都市教委前(市役所)〜四条河原町〜伊吹文部科学大臣事務所前〜四条烏丸
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-26 21:59 | 憲法・教育基本法

憲法小矢部・一周年記念

c0068917_1423469.jpg


 国民投票法案(改憲手続き法案)は、11日に参院特別委で採決され、14日に参院本会議で成立した。18項目もの付帯決議がついているのは、民主党との妥協の産物であろうが、それだけ十分な審議が尽くされていないことを物語っている。
 特別委の審議や参考人質疑などをインターネット中継などで見ていても、こんな程度の議論で改憲への道筋が整えられてゆくのかと思うと、馬鹿馬鹿しくなる。戦後民主主義(「戦後レジーム」<笑>)のなれの果てがこの程度の国会、この程度の政治家ということか。
 私も戦後民主主義を空気のように呼吸して来た世代だが、その「嘘くささ」や「うわすべり」にある種の不快感と危険性とを感じてきた。その脆弱性がいまこうして露呈しているわけだ。戦後民主主義の自業自得といえなくもない。
 さて、昨年の6月に「憲法をまもる小矢部の会」を立ち上げてまもなく1年になる。この間、ビデオ上映会や車座懇話会などの催しや会報の発行、街頭宣伝など、様々な取り組みをしてきた。事務局で相談して上のチラシのように一周年記念の集会を計画した。
 演奏してくれるミュージシャン=千田佳生氏は石動町の出身で、ペダルスチールギター奏者である。ピースウォ−クの催しなどでも時々演奏してくれる同志でもある。
 講演者の莇(あざみ)昭三氏は、金沢市在住で民衆医療一筋の医師であるが、その一方(お歳からいってご自身に戦場の体験はないと思うが)、戦争と医療とのかかわりについていくつかの著書もある研究者でもあられる。
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-19 14:32 | 憲法・教育基本法

又市征治氏講演会

c0068917_21592530.jpg

 5月5日の午後、隣の町(高岡市戸出町)で社民党幹事長の又市征治氏の地区後援会結成の集会が開かれるという案内がきていたので、バイクで出かけた。
 氏はもともと富山県の自治労の出身であるから、なんどか富山での集会などで顔を合わせたことがある。昨年秋の東京での教基法改悪反対の行動の際には議員会館で情報を貰ったりもした。
 今年は参議院の改選の年であるので、地元富山県内の各地に後援会を立ち上げて「臨戦態勢」を取っているのだろう。選挙まであと78日になったが、幹事長として全国を飛び回らねばならず自分の選挙に専念できないと、ちょっとグチをこぼしていた。
 選挙も大事だが、国民投票法案の成立を参院でなんとかくい止めるために頑張ってもらわねばならない。
 テレビ討論などで氏の発言などに接する機会はしばしばあるが、氏の経歴はあまり知られることがないだろうから、リーフレットから略歴を転記しておく。
                 *
            「又市征治の歩んだ道」
・1944年7月 富山市で売薬と兼業の農家に生まれる
・7歳のとき母が死去。身体障害者の父を助け、小学生時代から新聞配達も
・富山市立新庄小学校〜新庄中学校〜県立富山高校へと進学。18歳の時父が死去。大学進学を断念し、1965年 富山県庁に就職。様々な社会の矛盾に目ざめ、労働運動に参画
・1974年 30歳で自治労富山県本部書記長に就任。その後、副執行委員長、執行委員長を務め、連合富山会長代理・富山県地方労働委員なども歴任
・2001年7月 社民党比例代表候補として参議院議員選挙に出馬し初当選
・党政審副会長・参議院国対委員長・参議院幹事長などを歴任し、2003年12月から党幹事長を務める
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-07 22:30 | 憲法・教育基本法

薪ストーブ

c0068917_2116392.jpg 今日、5月2日夜の写真である。雨模様の一日で、気温も上がらない。
 例年のことであるが、この時期も少なくとも朝夕は薪ストーブを焚いている。写真に写っている薪は、焚く前に少しでも乾燥させようとストーブにもたせかけている。材はクヌギである。炭に焼いても一級品になる。ケヤキやカシ以上に贅沢な薪である。
 「クヌギをストーブで焚いているのはうちと天皇家ぐらいだろう」と家の者や友人に豪語している。
[PR]
by sumiyakist | 2007-05-02 21:26 | 自然と暮らし