<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

辺見庸氏の罵倒

 この7月まで新聞労連の委員長であったという共同通信社の美浦克教氏のブログにトラックバックして記事を書かせてもらう。辺見庸氏もまたかつて共同通信社に記者として勤務していたので、私などが介在するまでもないが、大先輩の諌言の矢面に一時的に立っていただこうと思ったからである。
                 *
c0068917_944276.jpg 辺見庸氏の最近刊『いまここに在ることの恥』(毎日新聞社・刊)を読んでいる。
 氏には、氏が病に倒れる半年ほども前であったが(2003/9/11)、「体調が悪くてドクターストップを受けている」という状態であったにもかかわらず、富山くんだりまで講演に来ていただいて、講演を終えて後の夜遅くのみならず翌日までもお引き留めして(たいした講演料をお払いしたわけでもないのに)、いろんな話を聞くという主催者の特権をフル利用したことがあった。
 もちろん、氏が倒れたのが直接的にわれわれのせいであるということはないが、徐々に進みつつあったであろう病魔を幾分かは勢いづかせたであろうことは疑い得ない。半年後に、氏が講演中に倒れたというニュースに接したときには、講演会の世話をしたものたちはそれなりの責任感も感じていたのであった。
 そういうことがあったので、氏が奇跡的に(とわれわれは思った)病床から生還され、文筆活動ができることをその文章をもって世間に示された時には、本当に涙がでた。
 しかしほどなく、第一撃の脳出血につづいて、こんどはガンに冒されていることが判明し、手術を受けることになったのは、辺見氏のことをいくらかご存じの人には申し上げることもないであろう。
 その辺見庸の病後の第2冊目の本が上の本なのである。(その病中ないし療養中に書かれた第1作は『自分自身への審問』<2006/3 毎日新聞社・刊>であることも言わずもがなだろうが、いちおう書いておく)。
 さて、その『いまここに在ることの恥』の後半には、病から(癒えたといえないまでも)生還して行った講演(今年の4月)の筆録が収録されているのであるが、そのなかに、報道記者たちを「糞バエ」と罵倒している部分がある。
 2003年の12月9日、覚えている人も多いだろうが、自衛隊のイラク派兵の閣議決定が行われ、その際の記者会見で小泉首相が憲法の前文を引いて自衛隊の派兵の論拠にしたことがある。
「いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって」という、一節を首相のいうイラク派兵という「国際貢献」の根拠にしたのである。平和主義を訴える前文の全体と切り離されたごく一部のみの、まことにご都合主義の引用なのであるが、その現場にいた記者たち(なんの反論もせず、記者は反論するものでないなら、なんの厳しい質問もできず)を「糞バエ」と呼んでいるのである。
 一部を引用する。         
                   *
 ・・・あのファシストの話を黙って聞いていた記者たち。世の中の裁定者面をしたマスコミ大手の傲岸な記者たち。あれは正真正銘の、立派な背広を着た糞バエたちです。彼らは権力のまく餌と権力の排泄物にどこまでもたかりつく。彼らの会社は巨額の費用を投じて「糞バエ宣言」ならぬ「ジャーナリスト宣言」などという世にも恥ずかしいテレビ・コマーシャルを広告会社に作らせ、赤面もしないどころか、ひとり悦に入っている。・・・・
                   *
 ジャーナリストを自認する人間なら、すべからくこの辺見氏の悪口雑言に対して、弁解のひとつも述べるべきであると思うが、如何。  
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-20 21:37 | マスメディア

極右政治家の戦略

c0068917_2152439.jpg 安倍晋三や中川昭一といった、ひところならば極右とされたであろう政治家がいまや中心軸に位置することになった。思想的には中身のない、単なるオポチュニスト政治家の小泉純一郎がたまさかの僥倖とマスコミの協力によって人気の宰相であり続けたその功罪の「罪」の部分のひとつである。

 それ以前の極右政治家の役割というのは、極端に右側からの発言を続けることによって、自民党の主流的政策に右からウエイトを掛けてバランスを傾けさせることであり、彼らの役割はそれ以上でも以下でもなかった。実際、彼らは自分たちの発言通りのことが実行されるとは思いもせず、周りも期待はしなかったから、安心して(!)彼らは過激な極右的発言をすることが出来たのである。マスコミは忘れたふりをしているが、そういう時期の安倍の代表的な発言は早稲田大学の学生を前に講義したときの「日本核武装論」である。

 野党でも、いまは塀の中に転落した西村慎吾も、塀のこちら側にいるけれども立場を変えてしまった小沢一郎もその種の政治家であった。

 それが、いまや状況が全く変わってしまった。中心軸が大きく右にずれてしまい、安倍や中川がセンターにいるのである。そのぶん彼らは、政権・政策に責任を持たなければならない立場に置かれているのである。昔のように右側の端っこから無責任なヤジのような発言をしているわけにはいかない。

 その場しのぎの小泉と違って、安倍はまっとうな右翼政治家であり続けねばならない。少なくともそう装わざるをえない。「忠ならんと欲すれば孝ならず」の心境であろう。苦肉の対応が「靖国に関するノーコメント」であろう。しかし、首相になればそういうわけにはいかない。彼の矛盾は増大し爆発するかもしれない。安倍政権短命説の出る所以である。もしそうなれば、「小泉氏の功罪の『罪』の部分」と書いたが、これは案外「功」なのかもしれない。

 しかし、そういう状況に追い込まれることが必定だとすると、むしろ一か八かの賭けに出る公算が大きい。つまり、「憲法改正」を掲げて正面突破を図るだろうということである。安倍が、「次期も長期政権の必要性」を盛んに前振りしているのもそれを含んでのことだろう。
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-18 21:25 | 憲法・教育基本法

8月15日

c0068917_2141153.jpg 小泉首相は世間の「期待どおり(?!)」8月15日に靖国神社に参拝した。この日、私もその一員である「平和をつくる富山県連絡会」が主催して、富山駅の対面にあるCic前広場で「憲法変えるな!平和のつどい」という集会を開いた。
 8・15というのはいうまでもなく戦後史の始まりを記念する重要な日なのであるが、一般市民にとっては、あの世からご先祖様が来られたり、現世では都会から親族や友人がやって来たり、来客がなければ家族サービスを要請されたりと、なにかと忙しくて、イベントを開くには勇気と体力が必要な日でもある。
 しかしながら、とりわけ今年は、イラクで自衛隊(空自)が兵站輸送という事実上の戦闘行為を行っているさなかでもあり、秋からの臨時国会では教育基本法の全面改悪法案や憲法改悪のための国民投票法案の継続審議が行われることでもあるので、こういう状況に対して声をあげるべきではないかという議論になり、県内の何人かのミュージシャンの参加も得て「音楽とトーク」の集会を設定したのである。
 急ごしらえの催しであったので、参加者は少なかったけれども、ちょうど上の小泉首相の靖国参拝のニュースとも重なってマスコミも注目したから、やっただけのことはあったといえよう。
(上の写真は参加してくれたミュージシャンのうち、シンセサイザー奏者の滝沢卓さん(右)とペダルスチールギター奏者の千田佳生さん(左)。このほかに、箏奏者の高野咲子さんとシンガーの米田清美さんが出演してくれた。)

 さて、首相の靖国参拝であるが、その後の新聞社や通信社のアンケート結果を見れば、総じて支持(評価)が半数を越えている。
<首相靖国参拝>評価50%、批判46% ・・・毎日新聞
首相の参拝を「支持する」は「どちらかといえば」を合わせて53%、「支持しない」は計39%・・・読売新聞
「参拝してよかった」51.5% 「参拝するべきではなかった」41.8% ・・・共同通信

 この数字自体にも「ここまで来たか」というようなある種の感慨を感じたが、支持・不支持それぞれの理由の内訳にはむしろ驚いた。
 共同通信を例に取れば、支持の理由としては、
1.他国によって影響されるべきではない・・・56.6%
2.慰霊は当然・・・34.0%
3.公約だから・・・7.7%
 の順であり、不支持の理由としては、次のようである。
1.中国・韓国などとの友好関係の悪化・・・55.4%
2.A級戦犯がまつられている・・・26.4%
3.憲法(政教分離原則)に違反・・・17.4%

 つまり、首相の靖国参拝を支持するにしろ批判するにしろ、その理由の圧倒的多数は、外国(中国・韓国)との関係を挙げているのである。いわば、靖国神社(思想)の本質よりも、状況的な理由によって評価しているのである。
 これはまさしく、小泉首相の弁解と反批判、「中国や韓国が反対しているといって(日本人が)反対するのはおかしい」という論理の土俵に、多くの人が知らないうちに乗せられているのである。
 こういう土俵を設定したのはいうまでもなく首相とその周辺であり、そこへ世論を囲い込んでいったのはマスコミである。いつもの「小泉劇場」の筋書きだといえばそれまでであるが、意図的な世論誘導の意志というよりも、マスコミの人間の無知による「不作為」なのかも知れない。
 すなわち、靖国思想の本質は決して「戦没者を追悼(慰霊)する」ものなぞではなく、高橋哲哉氏の論(『靖国問題』)が指摘するとおり、「感情の錬金術」によって、肉親の「戦争における死」の意味を回収させ、納得させる装置である。それは「軍国主義の象徴」などといった曖昧なものではなく、「国民を戦争に駆り立てる国家」にとっては必要不可欠のシステムであるのは、少なくともマスコミレベルでは常識として確立されていなければならない。
 状況論として論じられるにしても、少なくとも「政教分離原則」という憲法論から語られなければならないが、論調は「中韓」「A級戦犯」からしか始められない。(今回はそれに「天皇の不快感」が加わった。)これは、マスコミ人の決定的な不勉強・無知であるか、そうでなければ意図的な世論誘導といわねばなるまい。
 そのゆえに、賛成にしろ反対にしろ、本質的なことと派生的な外交マターとが逆転した意識から一般の反応が起きる。そして、マスコミがさらにそれを増幅する。こういう構造がすっかり定着した。上の世論調査結果はそのことを如実に物語る。
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-17 22:00 | 憲法・教育基本法

控訴

 昨夜、市民オンブズ小矢部の定例会を開いて、前知事退職金返還訴訟の富山地裁判決に対して控訴することを正式に決定した。青島弁護士とも連絡して、8月15日に控訴状を提出することにする。

 また、法廷外の運動を盛り上げてゆくために署名運動にも取り組もうということも決めた。前知事退職金支給についての違法性を広く訴えるのはもちろんであるが、一般論として、自治体の特別職の退職金の法外な金額についても、世論を喚起して改めさせる動きを大きくしたいというのがわれわれの狙いである。
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-09 08:41 | 知事退職金

毎日新聞

c0068917_20314276.jpg 裁判、とりわけ行政相手裁判の新聞報道はたいていがベタ記事である。前知事退職金返還訴訟の判決を報じる各紙はその例外ではない。
 ただ、毎日新聞は他と違った対応をした(新任の記者氏が興味をもったらしく、会見でもいろいろ質問をしていた)。左が富山版の記事である。
 同紙は全国版でも報じたようで、関西は毎日の読者がけっこう多いから、大阪の知人などから電話やメールが来た。
 見出に「落胆と怒り」とある。記者氏はそう感じたのであろうが、原告をはじめメンバーは、怒ってはいるがあまり落胆はしていない。最初から「最高裁まで行こう!」と覚悟していたからである。

 この事件は「歴史上最初(?)で最後」なのである。つまり、全国でただひとつ整備されていなかった富山県においても、昨年6月に特別職の退職手当条例がきちんと定められたわけで、今後は同種の問題は起こりえない。
 ということからすれば、給与条例主義の厳密な解釈を法廷において検討する、そして、判例として残す重要な事件ということができる。

 さらにまた、自治体特別職の退職金問題について、ようやく各地で起こり始めた見直しの機運を継続させ大きくしてゆくためにも、裁判を続けることが必要なのである。
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-04 20:56 | 知事退職金

裁判とボクシング

「請求棄却」の判決が出ることはある程度は「想定内」だった。行政相手の訴訟で、大は自衛隊違憲訴訟から小は談合裁判まで、行政の肩をもつ判決が圧倒的多数なのは周知のことである。いくらか勝つ可能性が高いのはセクハラ裁判くらいだろう(裁判まで持ってゆくのがたいへんだが)。だから前知事退職金返還訴訟においても、われわれの勝つことは難しいかもしれないと思っていたし、内部でもそういう話が出ていた。

 とはいえ裁判というのは、いわば「上手な理屈のつけ合い」だから、裁判所がどういう理屈で前知事退職金支払いを合理化してくるかを注目していた。純粋に法律論だけで考えれば、「晴山意見書」にいうとおり、どう考えてもわれわれの主張に理がある。

 従って、主要な争点である富山県退職条例の15条が地方自治法の給与条例主義にかなうかどうかに関しては、さらっと逃げて、「条例を整備していないということで法的には瑕疵があるけれども、実体としては、当時としては<世間並み>の金額であるし、もし条例が整っていたとしてもその支給額と差があるとは考えられない。」「すなわち、県に対して、とりわけ過大な負担を与えたわけではない。」というような実体論でわれわれの主張を退けてくるのではないかと、いう意見が有力だった。

 しかし、今回の判決はわれわれの予想をまわるひどいものであった。つまり、条例なしに議会の議決で決めても給与条例主義にかなっている、というのである。この開き直りには、いささか面食らったのは事実である。

 判決のあった夜、折しもプロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦で亀田興毅とファン・ランダエタが闘った。どう見ても亀田の負け試合だが、判定は亀田の勝ち。富山地裁といい勝負だ(笑)。

 判決文の主要部を下に転載しておく。(ただし、OCRソフトによって読み取ったものを急いで校正しただけなのでまだ誤植があるやもしれない。また、句点は「。」が正しいが、ここでは「.」のままである。)

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-03 21:49 | 知事退職金

お粗末判決

c0068917_2311545.jpg
 8月2日(水)午後1時10分、待ちに待った(笑)富山地裁判決である。原告3人に、市民オンブズ小矢部の他のメンバーも2人加わって地裁まで出かける。
 判決は主文だけを読み上げるまことにあっけないもので、その間わずか30秒もかからないほど。佐藤真弘裁判長が読み上げたのは、

 「主文
1 原告らの請求をいずれも棄却する。
2 訴訟費用は原告らの負担とする。」

とまあ、これだけ。
 この段階では判決理由は分からないからなんともいいようがない。(請求棄却は十分 
予想できた判決であり、その理由がどういうものであるかが重要だとわれわれは考えていた。)さっそく書記官室で判決文をもらって検討することにする。

 じつは、今日は代理人の青島弁護士が所用で遠方に出張中なので、法律事務所の一室を借りてわれわれと支援者だけでざっと判決文を読んで、マスコミとの会見に出ることにした。(上の写真がその時のもの。左側がわれわれ原告たち、右と手前が記者たち。)

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2006-08-02 23:32 | 知事退職金