<   2005年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

退職金を全額寄付

京セラ稲盛氏が取締役退任 在任46年、全退職金を寄付
 京セラ創業者の稲盛和夫名誉会長(73)が28日の株主総会で、戦後半世紀近くにわたって務めた取締役を退任した。29日の株主総会で退く任天堂の山内溥氏や日清食品の安藤百福氏らとともに、高度経済成長を象徴した大物経営者が表舞台から姿を消すことになった。
 稲盛氏は退職慰労金を全額、母校の鹿児島大などに寄付する。
株主総会は非公開。京セラによると、稲盛氏は総会終了後、株主を前に「27歳の時に300万円集めてもらい、つくっていただいたのがこの会社。創業以来、誠心誠意仕事に打ち込み、立派な企業に成長した」と感慨深げに振り返り、会場からは拍手が起こったという。
今後は、私財で設立し、理事長も務める稲盛財団の活動や若手経営者の育成のほか、児童福祉にも力を注ぐ予定だ。(共同ニュース)
                   *
 退職金の金額はわかりませんが。そういえば、ソニーの大賀社長も退職金(10億じゃなかったかな?)で音楽ホールを建てて寄付したことがありましたね。
 稲盛氏の退職金は6億円だそうです。以下サンケイウエブから引用。
               *
 約6億円の退職金について、役員から「京セラを創業し、世界的な企業に育てた長年の功労に報いるため、もっと増額してもよいのではないか」との意見があったことを披露。
 これに対し稲盛氏は「業を起こし、社会に貢献した喜びを得た。お金のためだけに働いたのではない」と述べ、社内規定に基づく金額だけを受け取ることにしたという。
               * 
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-05 13:22 | 知事退職金

知事の退職金

 自治体のトップ、すなわち知事や市町村長のことを「首長」ということがある。「しゅちょう」が正しい読み方で、ときに「しゅうちょう」という人がいるが、それは「ラバさんのお父さん」=酋長であるから間違えてはいけない。
 冗談はともかく、首長の退職金とはいったいなんだろう?(ちなみに、議員には退職金はない。そのかわり、かなり有利な年金制度がある。)
 詮ずる所、月給の6割〜8割をプールしておいて退職時に一括して払うという給与の一部の後払いではないだろうか? 月給で支給されると(扶養者数などから、控除が少ないし)税金をたくさん取られるが、退職金で受け取ると税制で優遇されるから有利だ、という深謀遠慮があるのかもしれない。
 下の表は、今回の退職金問題を追究する過程で情報公開で得た資料である。全国の都道府県の特別職(三役)の退職金の計算方法一覧である。富山県だけが根拠条例・規則がないという特殊状態であることがわかる。(また、現下のテーマではないが、都道府県の規模の差の割には月給の格差が少ないのは意外である。もっとも、東京都知事などは週に2〜3回の登庁というから、これでいいのかもしれないが。)
 支給額算定の基本は、給料月額に在職月数を掛けて、それではあまりに高額になるので、手加減するために「支給割合」という数字を掛けて算出される、ということである。
 「在職月数」にもご注目いただきたい。民間や、行政でも一般職の場合は、ふつう「在職年数」を用いる。というか、それが常識である。
c0068917_261675.jpg

[PR]
by sumiyakist | 2005-07-04 21:24 | 知事退職金

住民監査請求

c0068917_9185995.jpg
 前富山県知事・中沖豊氏は6期、24年間に亘って保守王国・富山の行政トップとして君臨し続けた。
 なにかにつけ「日本一」が好きで、「桃太郎知事」とからかわれたりしたが、結局、「現職知事高齢日本一」とか、「自民党公認知事日本(唯)一」とかでわれわれには印象づけられることで終わった。
 本人はさらに7期目を目指して「最長不倒」を狙っていたフシもあるが、期末ごろにいたり不覚にも病に倒れ、昨年11月、任期満了をもって「円満退職」したのである。
 問題はそれからである。6期24年間を終えて退職した知事というのは、いったい、いくらくらい退職金を貰うものか? だれでも気になるというものだ。
 なんと、2億3千5百万円!! これが、現石井隆一知事が提案し、県議会が決定した額である。
 昨年暮れ、県内のマスコミもなぜかあまり大きく報じないし、年末の多忙にまぎれて気づかない県民も多かったようであるが、それを知った人々は一様に「何でそんなにでかいともらうがけぇ?」と反発した。
 しかし、いかんせん、庶民の声はお上に届かない。そこで、われわれ「市民オンブズ小矢部」はなんとかこれをひっくり返せないものかと「研究」してみた。そしてこの行政処分の決定的な瑕疵(キズ)を発見した。
 詳しくはまたの機会に譲るが、過日、右の新聞記事(6/28朝日新聞・富山版)の報ずるごとく、勇躍、富山県に対して住民監査請求をしたのである。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-03 18:26 | 知事退職金