<   2005年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「法律的」と「政治的」の違い

 地方自治法は第204条で、
「給料、手当及び旅費の額並びにその支給方法は、条例でこれを定めなければならない。」(1項の3)「普通地方公共団体は、いかなる給与その他の給付も法律又はこれに基く条例に基かずには、これを(中略)職員に支給することができない。」(2項)
としている。
 ところが、富山県職員退職手当条例には、特別職についての規定はなく、その第15条に「知事、副知事及び出納長の在職期間に対する退職手当の額は、この条例の規定にかかわらず、議会で議決する額とすることができる」とあるだけである。
 すなわち、特別職の退職金の金額並びに支払方法について明示的規定をせずに、議会に白紙委任するようなこの第15条の規定そのものが地方自治法に違反している。(今年の6月になって特別職の退職手当支給条例ができてこの違法状態は解消した。)
 したがって、特別職としての退職金235,000,000円には支払う根拠がなく、本来支払うべきは一般職として計算した44,859,750円だとすると、その差額190,140,250円については不当な支出にあたるので、県は前知事に対して返還を求めるべきである。
 これがわれわれの監査請求の趣旨である。
 ただ単に退職金が高すぎる(実際、県民感情からいえばそうでもあるが)から引き下げろ、といっているわけではない。もしも、条例が整っていたならどんなに高額であっても法律的には有効である(注)。住民としては、条例改正をさせるとか、首長のリコールをするとかといった、「政治的」な方法に訴えるしかない。
 しかし、中沖前知事の退職金の場合は、上に見たように、明らかに法律的に瑕疵(キズ)があるのである。住民監査請求に対する回答は60日以内に監査委員から示されることになっている。その回答に不満ならば住民訴訟という裁判を起こすこともできるのである。

(注)富山市では森雅志市長が合併に伴って、3年3ヶ月の在職期間でいったん退職。3千万円近くの退職金を手にした(合併後の選挙で当選し復活)。市民派議員・志麻愛子氏の富山市議会での反対討論要旨は下記にある(ページの最下段)。

2005年9月議会の一般質問と答弁
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-16 17:01 | 知事退職金

いくらが妥当か?

c0068917_854218.jpg

 県が提案し、議会が承認した退職金の金額は2億3千5百万円であった。われわれはそれが正当な根拠を欠くと考えている。では、前知事の退職金はいくらが妥当なのか?
 特別職の退職金に関する条例や規則がない以上、一般職としての条例を適用すべきであるというのがわれわれの主張である。
 上の表が一般職の退職金の算出に用いられるものである。退職の事情や勤続年数によって、倍率に差があるが、中沖前知事の場合は、24年間勤務して「円満退職」したわけで、表中に手書きで「←これを適用」と記したものを使うことになる。すなわち、
最終報酬月額130万円×34.5075で、44,859,750円になる。
 試算をしてみたわれわれは、期せずして「これで十分やチャ」と声をあげた。監査委員への陳述の際にI氏が述べたごとく、一般県民の感覚はこんなものだと思う。確かに他府県の数字と比べると格段に低いことになるだろうが、そこは「日本一」を標榜してきた中沖氏のことだから、胸を張って「日本一低い退職金!」と自慢すれば、有終の美を飾ることが出来たのである。「残念!」。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-15 08:14 | 知事退職金

退職金額の決め方

c0068917_9542960.jpg

 中沖前知事の退職金はどのように算出されたのかという質問に答えよう。上の資料が県が情報公開で出してきたものである。要は、
報酬月額×在職月数×支給割合
という、例の算式なのであるが、悩ましいのは次の2点であったろうと思われる。
1)報酬に最終月額130万円を当てはめるとあまりにも高額になりすぎる
2)支給割合をいくらにするか
 そこで、上の資料のように、報酬月額については各任期(4年)ごとに計算する、支給割合については全国平均 71.6 を少し下回る70 (7/4の図版参照)を採るという「工夫」をしたわけである。そうしておいて、有識者(特別職退職手当検討懇話会)の意見をふまえて決定したという「いいわけ」も用意して、議会に提案したのである。
 7/12の記事に書いたように、5人の有識者による「特別職退職手当検討懇話会」<注>が、この金額決定の前と後(11/29・12/4)に開かれている。
 ここからは推測なのであるが、石井知事(あるいは当局者)は、そのつどご都合主義で決めるやりかたは好ましくないと考えていたらしい。(シロートのわれわれが地方自治法204条に違反していると「発見」するくらいだから、元高級自治官僚であった石井氏も当然気づいていたと思われる。)
 そこで、昨年十二月議会で前知事退職金支給の議案を出すについて、先に特別職の退職金に関するきちんとした条例を作っておきたいと議会側(といっても自民党のボス、もとい、最大会派幹部)に持ちかけた。ところが、特別職の退職金の額を議会が議決できるとする、手綱(=退職手当条例15条。これを連中はチェック機能というかもしれんが)を手放したくない議会側は、「そんなに急がんでもええチャ」といって蹴ったらしい。
 北日本新聞はそのあたりの経緯を今年になって、次のように書いている。
「(昨年十二月議会で)県は、前知事の退職金議決に合わせ、特別職の退職金支給条例案を提出する意向だったが、議会側との調整がつかずに棚上げとなり(以下略)」(5/13)
 そして、急遽六月議会に条例が出てきたというわけだ。いかにも急だったので、われわれオンブズ小矢部では、「ワシらが情報公開でいろいろ前知事退職金のことを調べまくっとっさかいに、コラまずいと思って慌てて出してきたんやろがいね」とわれらが活動を自己評価したことであった。
 これで、ようやく全国でただ一つ根拠条例がないという汚名は返上することが出来た。しかし、だからといって、中沖前知事への退職金支給が違法であったという過去の事実は変わらない。

<注>南・県商工会議所連合会副会長(座長)を書き落としていたので追加した。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-14 10:10 | 知事退職金

次の一手

c0068917_9414946.jpg

 住民監査請求は、代議制という名のトリック(「眠れる議会」)の限界をうち破ってゆく、直接的な制度ではあるが、しかし、実のところ、それ自体にあまり期待もできない。全国各地で行われている例を見ても、あるいは、われわれが小矢部市で市長交際費の使途について監査請求したときにも、よほどのことがない限り、首長に任命された監査委員は行政側に立った判断を下すものである。かつては監査委員が公費で宴会をしていたり、事務局がカラ出張をしていた例もあるのである。(「死せる監査委員制度」といわれるゆえんである)。
 この前知事退職金問題に関しても、わが市民オンブズ小矢部のメンバーは考えた。
「県庁や議会は事実上の密室だ。知事退職金問題を広範な住民運動的なものにするにはどうすればいいか?」
 さいわい、住民監査請求というのは郵送でもできる簡単なものである。多くの県民がそれぞれ住民監査請求を出したらどうだろう。署名運動よりももっとインパクトがあるし、実効性もあるのではないか?
 「次の一手」として、上のようなチラシとともに、監査請求セット(「職員措置請求書」と証拠書類2点)を作って配布することにした。
 
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-13 09:52 | 知事退職金

意見陳述・その2

 「中沖前知事に退職金2億3千5百万円」と聞かされて、すんなり納得する県民は多くあるまい。いくらなんでも多すぎる、というのがおおかたの県民の意見だろう。
 一つには6期24年という例のない長期在職の結果(なにしろ、月額報酬に在職月数を掛けるのであるから)が数字を膨らませている。だから、多くの自治体は、見かけの額を低く抑えるために、1期4年の任期が終了するごとに支払うシステムを取っている。(この6月に富山県も特別職の退職手当に関する条例をやっと定めたが、やはりその方法を取り入れた。)
 退職金を決めた昨年12月の県議会では「中沖知事の功績うんぬん」が言われていたが、わが市民オンブズ小矢部のI氏は昨日の陳述でこんなことも述べた。
「中沖前知事の功績を考えれば、という発言が議会(や有識者の懇話会<注>)で語られているが、もし、何かそういうものがあったとしても、それは、ちゃんとした報酬を貰って知事の職務を行っていただけのことで、格別の功績というものではない。むしろ、北陸新幹線を引っぱってきたといっても、(1000億円もの)地元負担を伴ってのことであるし、在任の24年間で県債残高を1兆円近くにまで膨らましたことを思えば、退職金に2億3千5百万円というのは、もってのほかである。県の一般職としての4千5百万円で十分だというのが、一般県民の実感である。」
 県債残高については、正確な数字をあげると、中沖氏が知事に就任した1980(昭和55)年度末が、1621億900万円。退任する直近の2003年度末が、9514億7700万円ということである。(2004年度予算は中沖氏の責任であろうから更に増えている筈であるが)。ともかく、ざっと8000億円の借金を積み増ししたことになる。I氏のいうとおり、とても「功績うんぬん」どころではあるまい。
 もし、聴衆がいたなら、氏の弁論に対してきっと拍手が起こったであろう。

<注>有識者の懇話会
知事部局は、議会に退職金の提案をするに際して、直前に「特別職退職手当検討懇話会」なる、いわば私的な諮問会議を2度開いている。メンバーは、草嶋・連合富山会長、中尾・富山経済同友会代表幹事、堀内・県婦人会会長、南・県商工会議所連合会副会長(座長)、吉原・高岡法科大学長。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-12 17:07 | 知事退職金

監査委員への陳述

c0068917_15302775.jpg

 先日出した前知事退職金に関する住民監査請求について、口頭で監査委員に意見を述べることができるように定められている。形式的なものであることは先刻承知なのであるが、折角の機会だから「行ってこよまいけ」ということになって、請求人3人で県庁へ出かけた。
 県庁に入って、我々が監査委員事務局へ向かっているときに、たまたま委員の一人である菅沢県議と廊下で一緒になった。旧知の心やすさもあって、「あんたら監査委員は有給で出て来てるんだけど、ワシらは手弁当、この人(と隣のN氏を指して)などは、会社を休んで出て来とるんやで。心して意見を聞くべきだよ」と<先制攻撃>。
 菅沢県議は、かしこまって
「その通りです」と返事。
 さて、別室で陳述が始まる。「公開」というから写真を撮ってもいいだろうと、公僕である職員に私のデジカメで撮ってもらったのが上の写真である。右側が県の監査委員4人で、写真の奥から、飯(元大山町町長)、浜岡(代表監査委員・元副知事)、菅沢(県議・社民党)、吉田(県議・自民党)の各氏である。写真には写っていないが手前に監査委員事務局のスタッフが局長以下4〜5人控えている。(言うまでもなく左の3人がわれわれである。)
 意見陳述は一人あたり30分程度、多人数の場合は合計で1時間程度と前もって制限されている。写真のように、4人の監査委員が雁首を並べている前の椅子に座って一人ずつ「陳述」するわけである。わざとかしこまらせようとの計算かもしれないが、わがオンブズ小矢部の面々はそんなことに臆することなく、堂々と意見を述べた。(最後には椅子を引き出し、3人並んで前に出て自由に発言した)。
 それにしてもこの「意見陳述」という制度、書面で出した請求の補充という意味合いだそうだが、雁首を並べた4人の監査委員はなんら発言せず、ただ「聞き置く」だけ。
 われわれは、前知事退職金の支給は地方自治法に違反しており違法であると繰り返し、一般県民の感覚を訴え、他の自治体では特別職の退職金について見直そうという気運も出てきていると主張するが、何の返答もない。
 たまりかねて私はいった。
「石の地蔵さんに向かって喋っているような感じだ。監査委員のみなさんもそれなりに応答したらどうか。こういう陳述制度そのものも時代遅れだ」
 さすがに一人が苦笑しながら、「柔らかい地蔵さんです」と応えたが、それが唯一の「和やかな応対」。あとは、「私たちは今日は聞くだけですから」の姿勢をがんとして崩さない。まるでとりつく島もない。
 こうなっては1時間の間(ま)を持たせるのは至難のワザ。主張を喋り尽くして「刀折れ矢尽き」、事務局職員に促されて席を立つしかなかった次第。まあ、それも想定の範囲内なのだが。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-11 15:39 | 知事退職金

市民オンブズ(マン)

 「市民オンブズ(マン)運動」が全国的に始まったのは、10年ほど前のことである。片山義博・鳥取県知事は、「頼みもせず、報酬も払わないのに、チェックしてくれる」と感謝してくれるが、そういう人は稀で、ほとんどの首長にとっては、やっかいな「目の上のたんこぶ」と感じられているであろう。
 最初は、行政の「食糧費」の使い道を情報公開で調べることによって、それが役人同士の飲み食い、いわゆる「官々接待」に使われていることを告発した。その後、出張旅費を調べて、カラ出張をあぶり出し、いまも公共事業の談合や警察の捜査報償費の不正支出を追及している。「市民オンブズ小矢部」でも、独自の調査活動をして市長交際費の不当な支出を改めさせたりしてきた。
 要は、税金で賄われる公費の不当・不法な支出を監視する。そして、それがあった場合には是正させるための行動を起こすということである。
 元来、行政の監視をするのは議会の第1番の仕事の筈である。ところが、大抵の場合、議会は行政(首長部局)と持ちつ持たれつの<仲良し>になってしまっていて、十分な監視機能を果たしていない。議会は、いわば「首長の藩塀(はんぺい=守りの囲い)」と化しているのである。
 中沖前知事の退職金2億3千5百万円については、なるほど、昨年12月の県議会で議員のうちの何人かは反対したようであるが、結局多数決で議決されればそれまで。それ以上、手の打ちようはない。反対した議員も、何とかくい止める方法はないかと必死で調べた様子はない。(全国でただひとつ富山県だけが特別職の退職金に関して明示的に定めた条例が存在しないにもかかわらず、である。)
 そういう時に、住民監査請求というのは貴重な制度である。監査委員(富山県の場合4人)に対して、公費の支出を調査して、不当であるなら是正措置を取らせるべく行政に勧告するように、住民が直接要求する仕組みである。その後に、行政訴訟に訴える道も開かれている。こういう仕組みはどんどん使われるようにしたほうがいい。それが、議会に対しても監査委員に対しても強い刺激になるからだ。
 かつて市民オンブズ運動は「眠れる議会、死せる監査委員制度」と両者を批判した。その後、一部に外部監査制度を取り入れたりする制度改革も行われているが、まだ大勢は「形ばかり」の域を出ない。
 代議制民主主義を金科玉条のごとくに盲信するべきではない。代議制に命を吹き込み、それをいきいきとさせるのは、じつは直接民主主義的な活動なのだ。そうでない限り、代議制は形骸化し、「おまかせ民主主義」に堕する。
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-10 17:58 | 知事退職金

片山義博・鳥取県知事

c0068917_20235413.jpg
 県知事というのは、元来、国の手先機関(「出先機関」よりもたちが悪いこともある)である場合が多いのであるが、最近は「改革派」と称して、少し違ったタイプの人物も現れて来はじめた。橋本・高知県知事が元祖かもしれないが、その後、浅野・宮城県知事、田中・長野県知事、増田・岩手県知事といった人たちが出ている。あえて「好き嫌い」でいうと、私が好きなのは片山義博・鳥取県知事である。
 この人もれっきとした自治官僚出身である。にもかかわらず、鳥取西部地震の復旧に際して、国の方針に逆らって被災者の住宅再建のための公費補助制度を作ったことでよく知られている。
 また、県議会の運営について、質疑と答弁をあらかじめすり合わせて文章化したうえで、ただ議場で読み合うだけのこれまでやりかた(富山県はもちろん、ほとんどの自治体がそうだが)を、「学芸会」と批判して、シナリオ無しの真剣勝負の議会を模索してもいる。
 その片山氏が少し前の朝日新聞(4月1日)に書いた文章を右に載せた。大阪市の職員厚遇問題についての論であるが、その中に次のような一文がある。
 「改革が本物かどうかを見定めるリトマス試験紙は二つある。一つは、自分を例外にしない情報公開。もう一つは情報公開や住民監査を請求するオンブズマン等市民団体を毛嫌いするかどうかだと考えている。
 市民団体を私はありがたいと思っている。頼みもせず、報酬も払わないのに、チェックしてくれる。(中略)本当に改革する気があれば、自分たちに一番厳しい人を(改革を検討するための=引用者注)組織に入れるべきだ。継続的に市政を監視している市民団体の方々の協力を仰ぐのは効果的だ。」
 こんなにオンブズマンや批判的市民団体の存在を評価する首長はいないのではないだろうか。
 その片山知事がの退職金に関する見解や問題点を述べている記者会見がある。議会での質疑を受けて、その後での記者会見での応答のようである。
                  *
 鳥取県知事の記者会見での発言(03年10月10日)
http://www.pref.tottori.jp/kouhouka/kaiken/1010.htm#03

知事の退職金について
○山陰中央新報 弥重節子 記者
 議会のフォローをしたいということがありました。その中の一つに知事の退職金について質問があり、知事は退職金を廃止して本給に振りかえることが望ましいと答えられたのですが、それを知事がどういうふうに進められるのか確認したいのですけど、退職金を減額して見直しをして振り分けていくのか、それとも総額はそのままで本給に振り分けていくのか確認をしたいのですけど。
●知事
 そこまであまり細分化して理解していません。長岡議員は退職金が高いじゃないかと言われたので、これは各県の様子もよく見てみますと。びりかどうかわかりませんけれども、びりにかなり近い方ではないでしょうかと。でも、最新の情報で調べてみますということ、これを約束したわけです。
 それから、そもそも特別職に退職金ってなじまないのじゃないか、議員だってないしということだったのですが、これは戦前からの経緯もあって、知事が官吏だったですから、その伝統を引き継いで今日になっているのでしょうと。個人的には私も退職金というのにはなじまないと思いますと。それは特別職だけじゃなくて、今のような雇用が流動化する世の中になると、終身雇用を前提にした退職金制度というのは、官であっても民であっても、同じようになじまなくなっているのではないでしょうかという感想を申し上げたわけです。
 ですから、これについては、その後で言ったと思いますけれども、うちだけで決められる話でもありませんから、1つの問題提起として受け取っているわけです。ですから、とりあえずは全国の首長の退職手当制度、退職手当の水準というものを調べてみたいと思っています。
                  *
 すでに、この時点で(多分、知事在職一期目の終わりを迎えて)、これまでの退職金制度を漫然と続けることに疑問をもっていることを率直に述べている。
 
 
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-08 20:44 | 知事退職金

コクワガタとアリ

c0068917_1028617.jpg

 まやぞーさんの提言を容れて、きょうは「自然ネタ」を。
 いまにも降り出しそうな空模様であるが、炭ガマに入れる原木が少し足りないので山へ行った。昨年秋に伐ったクヌギの切り株をふと見ると、樹液を舐めに虫たちが集まってきている。コクワガタの夫婦(かどうか確かめたわけではないが)とアリがケンカをしているように見える。(帰ってから図鑑で調べるとアリは大型のムネアカオオアリという種のようだ。)
 写真は接写で取っているので大きく見えるが、コクワガタのオスは全長2センチほどである。
 しばらく眺めていると、アリの攻勢にヘキエキしたのか、オスのコクワガタは退散していったが、メスは平気で頭を深く樹皮の割れ目に突っ込んで、微動だにしなかった。
c0068917_10294476.jpg

 やはり昨年、こちらは春先に伐ったクヌギの切り株を見ると、猛烈な勢いで自然萌芽(いわゆる「ひこばえ」)が伸びている。雑木林は、伐った後も放置しておけばこうして自然に再生してゆく。
 最近のクマの出没騒ぎから、「山が荒れている」とかいってドングリなどの実ができる雑木林を再生させようという運動が始まっている。何とかクラブなどと名付けて行政が音頭をとっているところもあるが、ついこの間までほかならぬ行政が、「拡大造林」とかいって雑木林をどんどん切り倒して、杉などの針葉樹の植林を進めていたことへの自己批判は全くない。いい気なものだというしかない。
 そんなことに見とれているうちに、やっぱり雨。今日は自然観察だけで終業。
 自然ネタだけで終わらないのがやっぱり「硬派ブログ」ですねぇ。
 
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-07 10:38 | 自然と暮らし

おばさんも怒ってるゾォ

 市民オンブズ小矢部の仲間が調べてくれたら、こんなページがあった。日本テレビの 番組「報道特捜プロジェクト」のホームページである。
http://www.ntv.co.jp/tokuso/angry/20040717.html
04年7月17日放送分らしいが、本文だけ引用すると以下のようである。
                 *
 今回寄せられた怒りは・・・
「なぜ市長の退職金は高いのか!」です。
 先月、6月に開会されたさいたま市議会でさいたま市長の退職金の値上げが賛成多数で可決されました。
 その退職金の額はおよそ3,773万円!1,000万円アップしました。これは1期4年務めると出るのです。なぜ、アップしたかというと、さいたま市は3市合併し政令指定都市になったので、他の政令指定都市に近い金額に、ということで決まった額です。
 ではなぜ、この金額になるかというと、市長の場合は「月給×在職月数(×定率)」なので、任期いっぱい4年務めると48か月務めたことになりますので、「48」をかけることになります。
 これが一般の職員の方だと、「月給×勤続年数(×定率)」になります。例えば、大卒の方が定年まで働くと38年になりますので、「38」をかけることになります。 市長の「48」は一般の職員の場合、勤続年数が「48年」ということになるのです。だから、市長の退職金はよりいっそう高くなります。
 実は、この退職金の計算方法は市長も都道府県知事も変わりません。 しかも、一般の職員は定年を迎えた時に1度退職金をもらうだけですが、市長や知事は選挙で再選されれば、2期目終了後にも出ます。
 例えば、沼田前千葉県知事は5期務めましたので、その期ごとに退職金が出ています。すべての退職金合計はナント2億3,880万円!退職金の他に毎月の給料、ボーナスに相当する期末手当というのも出ています。これらはすべて税金から払われています。 そこで、総務省(旧自治省)になぜ市長や知事の退職金が4年で一般の職員の一生分以上の退職金が出る計算方法、つまり、在職の月数をかける方法になったのか聞いてみました。すると「いろいろ調べてみたのですが、わかりません」というお答え。
 この退職金のしくみは各地方自治体が条例で決めているもので、国が決めているものではありません。ちなみに、大阪府高石市は2003年9月に退職金の条例を廃止しました。つまり、出なくすることもできるのです。
 であるなら、地方自治体が財政難ならば、こういうところからカットできるのではないのでしょうか!!
               *
 その他、東奥日報の社説でも首長の退職金を論じている。
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2003/sha20030709.html

 かと思えば、こんな例もある。(一部引用)
               *
 去る2月14日、尼崎市の白井文市長が、退職金を現行の3千5百50万円から一
気に490万円に引き下げる条例案を、この3月議会に提出したが否決された。
しかし、提案の理由は「1期4年間で受け取る金額としては世間の常識からかけ
離れている」としていたため多くの市民の賛同を得ている。
http://www.ne.jp/asahi/kahoku/shinbun/2005/050301.htm#1-1
               *
[PR]
by sumiyakist | 2005-07-06 20:17 | 知事退職金