カテゴリ:その他( 8 )

100000年後の安全

映画『100,000年後の安全』


 「100000年後の安全」という映画を観た。

 フィンランドで目下進行中の、使用済み核燃料を最終処分(地層処理)するための施設建設のドキュメンタリーである。岩盤をくりぬいて地下500メートルへの坑道を掘り進む工事現場(主に発破作業)と、プロジェクトの頭脳とも言うべきスタッフや研究者へのインタビューなどを交互に織り交ぜながら進行する。

 使用済み核燃料から排出される高レベル放射性廃棄物の最終処分にかんしては、アメリカ、フランスはもちろん、わが国でも実際的に取り組むことができないままで、中間貯蔵(あるいは、発電所内での一時貯蔵)の使用済み燃料が溜まり続けている。最終処分を行うものとしては、このフィンランドの施設が世界で最初のものであるという。(2020年から稼働して2100年に終了=満杯、といっていたと思う)。

 そもそもフィンランドは電力の3割近くを原発に頼る、原発推進国である。3・11以前のわが国と同じということになる。自国内でウラン燃料をほとんどまかなえるというメリットもあるから、今後も原発への依存は続くことだろう。普通に考えれば、原発を動かしている限り核廃棄物は出るのだからその処分を措置するのは当たり前のことである。フィンランドは当たり前のことを当たり前のようにやっているにすぎない。

 顧みてわが国の原子力政策が「トイレなきマンション」といわれるごとく、高レベル放射性廃棄物の最終的な処理方法も場所も決めないまま、「そのうち何とかなるだろう」的楽観主義(というより無責任な先送り主義だろう)でどんどん原発を造って運転してきたことが異常だといわねばならない。(最近では国内での処分を諦めて、アメリカと一緒になってモンゴルでの処分を考えたりしているようだ。言語道断である)。

 それにしてもフィンランドが、どうして世界初の処分場を建設することができたのだろうか。もちろん、何億年も安定的に持続している強固な地質(岩盤)や、地震の心配がないことなどにもよるだろうが、私は、この国の、社会的公正さや行政の透明性、国民の政治意識の高さといったの民主主義の成熟が根底にあるのではないかと推測する。(OECDの国際学力調査=PISAにおいて、フィンランドは常に1〜3位のトップクラスを維持していることとも関連するかもしれない。)自分たちが作り出したゴミだから自分たちで処分するのは当たり前、そういう生真面目さ、まっとうさが社会にビルトインされているのだろう。そのことはいくら評価してもしすぎることはない。

 さて、その最終処分「100000年後の安全」である。何億年も安定的に持続してきた500メートルの地下とはいえ、100年200年ではない。いや1000年ならば理解できるだろう。1万年前なら縄文時代、これも何とか想像が及ぶ。しかし、「10万年」となると想像力の彼方である。さかのぼればネアンデルタール人などの旧人の時代である。歴史的時間を越えた地質年代的時間というべきか。人類史をもう一度やり直すほどの悠久の時間である。その期間を「この下に危険物あり」という情報をどのようにして伝承する保証を得るのか? 言語=文字の有効的な伝承可能時間はどの程度なのか? 10万年後の「人類的存在」(がいたとして)とコミュニケイトするのは、宇宙人と意思疎通するより困難なのではないか。

 映画の中でもそれが重要なテーマとして関係者を悩ませている様子が示されている。「いまこうして岩盤を掘っていて、10万年前の(別の滅びてしまった「人類」が埋めた)埋蔵処理物を掘り出してしまうんじゃないかと心配だ」といった冗談が語られる場面がある。冗談と笑えないところが、まさにブラックユーモア的構造である。

 フィンランドは先に述べたように最も近代的な民主主義国家のひとつであろう。(私は、アメリカ民主主義やイギリスのそれよりも、北欧において最も進んだ近代的な民主主義社会が実現されていると考える。そのひとつであるノルウェイで先頃のようなすさまじいテロ事件が起きるというのは深刻なテーマであるが、いまはそれに立ち入らない)。

 であればこそ、自分たちの出したゴミは自分たちで処分すべきだと、近代人(思想)として最も正当な近代的方法でこの処分場=オンカロを建設した。しかし、そのタイムスパンたるや「10万年!」。近代思想、その現実態のひとつたる近代科学技術、は、人類史的タイムスパンにまで関与する「資格」があるのだろうか? もう一つの人類史が始まるほどの時間をわがものとして使う権利があるのだろうか? 

 原発を動かすということは、現在地球上に住む人間、自分の子や孫、あるいは数世代あとの人間に対して責任を負うというだけでなく、そういう人類史的な問いに正面から答えなければならないことでもある。
 
[PR]
by sumiyakist | 2011-07-31 22:39 | その他

実録・連合赤軍

c0068917_13424478.jpg


 若松孝二監督が舞台挨拶にくると言うので「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」を観に富山市の映画館・フォルツァ総曲輪へでかけた。
 若松孝二の映画を観るのは実は初めてである。私の年代の人間なら彼の作品の何本かは観ているのが普通だろうが、若松作品に限らず、映画文化そのものが私には遠いものだったということだろう。(そういえば、大学の教養時代に同じクラスで親しかった長谷川和彦氏が、今村昌平監督に「弟子入り」したことまでは知っていたが、その後、話題になる映画を撮ったということさえ長らく知らないでいて、彼の不祥事※のニュースで初めて映画監督をしていることを知ったほどで、人から呆れられたこともあった。)
 さて映画であるが、3時間10分に及ぶ大長編で、60年安保闘争から始まるいわゆる「新左翼」の運動を、実写フィルムをつないでドキュメンタリーとして語りながら次第に赤軍派の武装闘争、連合赤軍の結成、その「銃による殲滅作戦」の準備、浅間山荘事件へと、つまり、ドキュメンタリーから劇映画へと、いわばなだらかにつながってゆく。この虚実のない交ぜも若松監督の工夫でもあるのだろう。
 若松氏は、上映後のトークの中で、この映画を撮ろうと思った最大の動機は、この浅間山荘事件を題材にした映画「突入せよ! あさま山荘事件」が、この問題を一方的に警察の側から描いていることに対する強い怒りであったと述べていた。思想的な共感だけでなく、個人的にも登場人物たちと交友のあった(この事件以後はもちろん、それ以前から交際があった人物もいるという話しも出た)若松氏は、この事件の真実の姿を後世に伝える義務があると自らに命じたのだ。そして、若者たちの側からそれを描ききることには成功したように思われる。(生き延びていれば、あるいは政治家として、あるいは実業家として、またあるいは医師・看護師として、有為な人生を全うしたであろう若き死者たちへの、若松監督なりの鎮魂も成就したというべきか。)
 事実がほぼこの通りだとしても、なぜ、「革命」を目指した青年たちが、心理的にも行動的にも狭い袋小路に次第に入り込んでいってしまい、そしてついには、ある種の狂信的な集団催眠状態に陥って自滅してゆくのか、その「なぜ」は解明されない。
 彼らが、「唯銃主義」ともいうべき暴発に追い込まれていったプロセスと、「総括」という名のリンチに帰結してしまう極端な「精神主義」とを解明しておく必要があるのだが、そうした内面はほとんど語られない。
 この事件の主導者である森恒夫ーー優しい思いやりある青年であった彼が、自らと同志とを「共産主義的人間」たらしめんとして凶暴なリンチの命令者・執行者になってゆく心理過程や、周囲の人間が自己保身の恐怖から抗弁する「勇気」をなくして命令に従うものになってゆく過程こそが、解明されなければならない。

 上の写真が富山市のフォルツァ総曲輪での上映初日に行われたトーク。右は富山出身ということでいっしょに登場した井上助監督。

※<追補>といってもたんなる道路交通法違反であるが。
[PR]
by sumiyakist | 2008-09-14 13:52 | その他

砂の器<試写会>

c0068917_9191187.jpg

 6月30日午後、「歌うキネマ・砂の器」の「試写会」を上演。地元小矢部よりも、石川県(小松・金沢・津幡)や、県内でも高岡・富山など、遠方の参加者がほとんど。上の写真のように会場はステージもない平場で、照明どころか音響装置もなしという、全く「素(す)」の状態。究極のアコースティック環境である。
 少ない観客であったが、語りの趙博とピアノ伴奏のハルマ・ゲンは全く気を抜かずに全力で演じてくれたと思う。私も「歌うキネマ」というジャンル自体が初めてのことで、期待の反面、会場の条件も悪いことで正直いって不安もあった。が、その心配は吹っ飛んでしまった。
 金沢から来たSさんがその夜にくださった次のようなメールがすべてを語ってくれている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『歌うキネマ・砂の器』の有料試写会に参加させていただいたSです。
帰りを急いでいたもので、ごお礼のご挨拶も出来ずに失礼いたしました。
趙さん・ハルマゲンさんによる石動での「砂の器」。
想像をはるかに超えた試写会でした!
 
照明・音響、効果の一切がない舞台。
空間と、演者と、この日のために集まった観客。
舞台の条件を問わずに、観客ひとりひとりへ向けて気を抜かずに、
発信する趙博さんの芸人魂は、さらに磨きがかってきているように感じました。
大ホールの座席から舞台を見上げるような公演では得られない貴重な時間でした!
 
石動の試写会を企画してくださって本当に有難うございました。金沢から駆けつけた甲斐がありました。
このようなライブに出会えたことを心から幸せに思っています。趙さん・ハルマゲンさんが創り上げる歌うキネマ。
メカニックな小細工一切なしの舞台を、これだけやってのける趙博さんとハルマゲンさんの実力を見せ付けられた思いがしました。
私も身近な知人たちになんとか伝えたいと心を熱くしています。
『歌うキネマ・砂の器』 富山の再演の折にはぜひお知らせください。
取り急ぎ本日のお礼までに。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by sumiyakist | 2007-07-02 09:25 | その他

歌うキネマ「砂の器」

c0068917_11242152.jpg

 趙博(チョウ・バク)という歌い手がいる。大阪・猪飼野で生まれ育ち「在日関西人」を名乗るミュージシャンである。自作自演のフォークからジャズ・ロック・ブルース・演歌・浪曲・パンソリと、音楽の領域も広いが、ホームページにあるとおり、活動の舞台も多彩。小さなライブハウスから講演会場、音楽ホール、野外集会、料理屋、学校など、変幻自在、神出鬼没。
 たぶん、彼の内奥深くから発する禁欲精神のゆえに、興行的にはマイナーに徹しているのであろうと推測するが、その音楽性のすばらしさは最近出したアルバム「趙博ベスト30」を聞けば誰もが納得するだろう。(最近ネット上では「そしてアベ」が話題になっているが、これは文字通りお座興なのであって、彼の芸はこれではわからない。)

 20年以上も前、ちょうど私がこの山里へ「入植」するころ、共通の友人の紹介で知り合ったのであるが、10年あまり前に、我が家近くの福祉施設を会場にして野外コンサートを企画した際に、わざわざ来て演奏してくれたこともあった。
 昨年秋には石川県まで来るというので、小矢部で小さなライブを企画した。(このときは市長選挙があって、私は高見の見物を決め込んでいたのであるが、急遽、同時に市議補選も行われることになり、オンブズのメンバーである石山氏が立候補。ライブと選挙応援という「二正面作戦」になったことであった。)友人のブログにそのときの様子がある。

 その畏友=チョウ・バクが、芸域を広げて「歌うキネマ」に取り組んでいるのはよく知っていたのであるが、なかなか実見の機会がない。当地でもやりたいと思うが、なにぶん目新しい概念のパフォーマンスであるから自分自身が観もせずに他人に勧めるわけにもいかない。
 そんな折り、今度もやはりピアノのハルマ・ゲンといっしょの北陸ツアーの計画があるというので一日を取って貰って上のような「試写会」(ネタ元が映画なのでこう洒落てみた)を企画した(チラシは先日の横浜公演のものを借用)。
                   *
 日時=6月30日(土) 午後3時開演
 場所=石動コミュニティセンター (1Fホール)
 料金=1000円


 設備の整ったホールではないので料金もお安く設定した。まあ、仲間内の「内見会」のようなものであるが、もちろん、どなたでも来場歓迎である。場所は小矢部市(石動)の町中、旧北陸電力小矢部支店。
地図
 この前日、29日(金)は金沢・近江町市場のライブハウス=メロメロポッチでライブがある。
[PR]
by sumiyakist | 2007-06-25 11:41 | その他

HDクラッシュ

c0068917_8265357.jpg メインマシンとして使っているノートパソコン(iBook)のハードディスクがクラッシュしてしまった。修復の手だてはなさそうなので、取り替えざるを得ない。
 その間、10年以上前から使っていて、いまも印刷物の版下作りなどに現役で働いているデスクトップ機(iMac)を使うことにして、ネット販売でハードディスクを手に入れる。
 以前に使っていて今は子供に払い下げたノートパソコン(PowerBook)でハードディスクの入れ替えをやった経験があるから、まあなんとかなるだろうととりかかった。が、今回のiBookは同じメーカーの類似機種とは思えないほど大変だった。
 筐体がプラスチックであるために、こじ開けるのに力を入れすぎないように気を使うし、2重3重にアルミのシャーシーやシールド材が現れるからそのたびに小さなビスをいくつもはずさねばならない。左の写真が、やっとハードディスクが現れたところである。
 80Gの新品を入れて、こんどは逆の順で組み立ててゆく。どうにか組み立て終わって(この間、往復4時間ほど)、恐る恐る立ち上げる。いつもの起動音がして、どうやら成功したらしい。
 とはいえ、それからがまた大変。OSから始めてソフト類を次々にインストールし、クラッシュしたハードディスクに封印されたデータ(バックアップしてあったのもあるが)は、差しあたりどうしようもないとして、ネットのアドレスやブックマークを入れ直すなどの復元作業に一日がかり。
 
 その間に新しい情報が入ったので、前回↓の記事の大内裕和さんの発言の映像記録のリンクを追加しておいた。また、大阪の畏友=趙博(チョウ・バク)の「そしてアベ」がネットでブレイクしているのも知る。これは大いに広めたい。月末には我が家にやって来るからナマで聴けるか。
[PR]
by sumiyakist | 2007-06-02 08:55 | その他

c0068917_234411100.jpg
c0068917_23464376.jpg
 裁判所に提出する署名に協力して貰った労組や団体に、お礼と報告を兼ねて報告会のチラシを持って富山市内へ出かけた。県議会選挙の真っ最中とあって役員が不在のところもあった。通りすがりの、市内の桜の名所=松川べりで桜が見頃だったので、車を止めて写真を撮った。
 上の写真の、太い幹の中央部のアップが下である。今日は息抜きのブログ。
[PR]
by sumiyakist | 2007-04-06 23:57 | その他

死刑執行

c0068917_8425952.jpg

 川崎磯信氏からの賀状である。かつて勇名をはせた元ヤミ米商はいまも健在で、婦中町でコメを作り富山市内でコメ店を経営するかたわら、行政などを相手にいろいろな裁判闘争を続けている。
 文面にも「富山のアンポンタン法相」とあるとおり、年末近くになって(クリスマスに!)「まとめて」4人もの死刑執行を命令した法務大臣・長瀬甚遠氏は富山県選出の代議士である。
 イラクでは、あたふたとフセイン元大統領の死刑が執行されたが、執行場面の映像がネット上で流された。バグダードに住む若いイラク女性、リバーベンドのブログを翻訳して流しているメールマガジンがあるが、彼女はこの死刑を私刑(リンチ)と規定し、次のように述べている。
                 *
イード(イスラームの祭)期間中の処刑執行など常軌を逸している。世界中(イランは除くけど)のイスラーム教徒は激怒している。イードは平和な時だ。少なくともイードの間くらいは口論や怒りなどは脇においておくものだ。
(中略)
(サッダームの最期の言葉は)「アッラー以外に神はなく、モハンマドは神の使徒であることを証言します」という意味だ。これらはイスラーム教徒(スンニ派もシーア派も同様に)が死に際して言うべき言葉だ。もう一度とてもはっきりとこれを繰り返したけれど、言い終わる前に彼は殺された。
[PR]
by sumiyakist | 2007-01-05 16:45 | その他

松下政経塾

お辞儀の仕方
 人もすなる「とらっくばっく」を我もせむとて、くりっくしてみた。

 「松下政経塾は松下幸之助の作った<欠陥商品>だ」と佐高信氏は言ってましたね。なんだか、たいした志はなく、ただ政治家になりたいだけという人物群を養成してしまったみたいです。
 代議士時代は結構鋭い質問をしていた上田清司などもさっさと民主党に見切りをつけて埼玉県知事に転出しました。たちまち本性を現して「つくる会」の副会長だったかの人物を教育長に迎えたりしてますね。
[PR]
by sumiyakist | 2005-09-20 20:03 | その他