2009年 01月 23日 ( 1 )

大きな問題

  いつまでも年賀状を掲げておくわけにもいかないので、更新せずばなるまい。

  もともとこのブログは、前富山県知事・中沖豊氏の「条例に基づかない不当な」退職金について、オンブズ運動としての取り組みを広く知らしめるために思いついたもの。「中沖退職金問題」がいちおう決着しても、オンブズ運動は続けているし、国や地方の政治状況(とりわけ憲法問題など)に対する対応なども続いているので、それらの問題を取り上げてきた。

 暮らしに関わる問題という点からいえば、自治体の情報公開や公共事業のコスト(談合)の問題なども取り上げてきたのであるが、その種の問題は、じつはさほどの難題ではない。談合を根絶しようと思えば、行政マンのうちのトップの数人と請負業者の経営者のせいぜい十数人が「止めよう」と腹をくくればいいだけの話である。

 本当に難しいのは、ゴミ処理問題とか、高齢者問題・少子化問題、あるいはーとりわけ地方都市の場合ー過疎化、農林業をどうするか、といった問題である。
 例えばゴミ処理問題ひとつ取り上げてみても、地方自治体の仕事の最重要な業務が住民の健康や安全をまもることであることは論をまたないし、その「基本のき」が保健衛生事業であることもまた、いうまでもない。その基本的な事業を遂行するための焼却処分場や最終処分場(埋め立て場)を建設しようとすると、抜き差しならない問題に直面せざるを得なくなることがある。
 それらの施設は、住民の誰にとっても必要な施設であり、建設そのものに反対する住民はいないはずである。しかし、実際にその計画が表面化すると、「総論賛成・各論反対」「ノット・イン・マイ・バックヤード(うちはお断り)」が必ず出てくる。
 それに加えて、焼却とか埋め立て、あるいは分別・リサイクル、といった問題が、常に新しい局面に直面するということもある。ここ10年前ほどは、ダイオキシン問題で焼却万能主義が改められ、それに資源(枯渇)問題も加わって、ゴミの資源化=リサイクル(分別収集)が大きく進められることになった。

 こういうことを考えると、ゴミ処理問題というのは、住民全体の意識の啓発や全体利害と個別利害の調整という、談合を止めさせるといった問題などと比べて、桁違いに深く大きな問題であることが分かる。
 
[PR]
by sumiyakist | 2009-01-23 21:34 | 地方自治