2006年 05月 25日 ( 1 )

県側の反論

 昨日、5月24日午前、前知事退職金返還請求訴訟の第4回公判が開かれた。われわれ原告側から晴山教授の意見書が提出されており、それに対する被告=県側の反論(準備書面)が出された。(もちろん、これもあらかじめ原告側に内容が届いている。)
 この県側の反論は、われわれの主張や晴山教授の意見書に正面から応えようとせず、まるでスジ違いの屁理屈を述べているものである。小泉首相の答弁のようだ。(笑)

 われわれは、これは再反論をするに値しないと判断。黙殺に近い内容の第2準備書面を提出し、これをもって結審することにした。判決は8月2日と決まった。
 
    〜〜〜〜〜〜〜以下、被告=県側の反論〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2006-05-25 08:50 | 知事退職金