2006年 05月 13日 ( 1 )

「誰か」が「何とか」

c0068917_10224594.jpg

  上の写真は「憲法をまもる小矢部の会」設立大会のチラシ案の裏面である。
 国民投票法案の上程が今国会にもあるかもしれず、「改憲」が差し迫った政治テーマになりつつあるが、改定に賛成にしろ反対にしろ、一般の意識はさほど高くないのがじっさいだろう。
 憲法第12条は、
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」
と説く。にもかかわらず、多くの人は、「不断の努力」などという面倒なことをしなくても「誰かが何とかしてくれるんじゃないか」と思ってきた。
 「配給された民主主義」という戦後日本の政治意識を揶揄する言葉もあったが、それは一面の真実を衝いていた。その帰結としての日本型「おまかせ民主主義」ができあがった。その弱みをついて、いま「誰か」が「何とか」しようとしているのである。
 滝沢教授のメッセージにあるように、この憲法=民主主義は「多くの血と涙が流された後に、やっと、手に入ったもの」であることを、深く思い起こすべき時が来たのである。
[PR]
by sumiyakist | 2006-05-13 10:35 | 憲法・教育基本法