2005年 12月 09日 ( 1 )

意見陳述その3

 意見陳述の最後は石山氏である。以下に氏の陳述草稿を載せる。
          *
 県民の一人として中沖前知事の退職金に対する意見を述べます。
 私は、小矢部市内で自営業を36年間営業しているが、今まで会社勤めと店の仕事と働き、妻と子の協力もえて、店や家のローンを10年で返済し、長年にわたり税金を納めてきた。中沖前知事の高額の退職金の2億3千5百万円の用に泉のような税金の使われ方に対して、苦労の中から工面して納めた税金のことを考えると、大きな怒りを感じてならない。
 小矢部市で市民オンブズの一人として参加し、みんなの協力のもとで活動をしています。機関紙や親子の対話の話として、 役所の行政のあり方、住民への対応など、子供達にもメールなどで解りやすく発信し、今出来て間もない市民オンブズ小矢部の活動に対して、学校においても、先生と生徒の話題にもなり、家では 親と子の中でも語られています。
 

続きを読む
[PR]
by sumiyakist | 2005-12-09 18:12 | 知事退職金