2005年 11月 20日 ( 1 )

第1回公判

c0068917_23093.jpg

 前知事退職金返還訴訟の第1回公判は、富山地裁で12月7日(水)午前10時から開かれる。原告3人が意見陳述をする予定。傍聴人は多いほど裁判所にも被告にも圧力となる。傍聴をお願いする。
c0068917_2312225.jpgところで、昨日(11月19日)市民オンブズ富山の講演会が開かれ、石川県津幡町の「市民オンブズマン・つばた」の西村氏と弁護士・出口氏を招いて話を聞いた。というのも、彼らは画期的な勝訴判決を勝ち取ったので、その経験を学びたかったからである。「市民オンブズマン・つばた」は同町が計画した生涯学習施設「シグナス」の建設に関して談合が行われているとして、監査請求(却下)を経て金沢地裁に訴訟を提起した。
 判決はいろいろな意味で画期的なものである。北陸中日新聞の記事
 もちろん、町側は控訴したが、この判決を勝ち取った意味は大きい。写真で分かるとおり、出口弁護士は弁護士登録3年という、若い熱血漢である。控訴審での奮闘を期待したいし、県を越えるとはいえ隣町であるわれわれも精一杯応援したい。
[PR]
by sumiyakist | 2005-11-20 23:07 | 知事退職金