北陸電力を包囲せよ!

c0068917_2037463.jpg 富山県には原発はないのであるが、能登の志賀(しか)原発を所有している北陸電力(北電)の本社は富山市にある。その志賀原発には2基の原発があるが、両方ともいまは休止している。1号機は、臨界事故という重大事故を起こしておきながらそれを隠蔽していたという、二重の信じられないような出来事で世間を驚かせ、昨年3月15日から運転停止(その10日後に直近の断層を震源とする能登半島地震が起きた)。2号機のほうは、金沢地裁で運転差し止め命令が出されたにも拘わらず控訴して運転を続けていたのだが、これもまた天の配剤というべきか、蒸気タービンに欠陥が見つかって運転を休止していた時に地震に遭遇した。
 そういうわけで、2機の原発は停止しているのであるが、臨界事故という致命的な事故を起こしておいて、それを8年間も隠蔽して来た体質や、直近の活断層の存在が安全基準に照らして重大な疑義があることなどから、「北電に原発運転の資格なし!」として、2機の運転再開に反対する全国署名運動が起こされている。(現在までに51万8千あまりの署名が集まっている)。
 今日2月23日、その署名をもとに北電に対して「志賀原発を動かすな」という申し入れを行うための行動が行われた。みぞれが本格的な雪に変わってゆくようなひどい天候であったが、労組関係の動員もあったから、石川県からはもちろん、「もんじゅ」の運転再開に反対する福井や、地震で全7機の原発が停止している柏崎刈羽原発をかかえる新潟、さらに長野県からも来て、悪天候にも拘わらず500人の参加者があった。

c0068917_20382831.jpg 参加者は富山駅前の広場で集会のあと、市内をデモ行進して北陸電力本社に向い、本社を取り囲んでシュプレッヒコール。その間に代表が北電に申し入れを行った。写真は北電本社前をデモ行進しているところ。

c0068917_20392198.jpg 大雪注意報が出されていて、今夜はまた、少しまとまった雪がふりそうだ。帰宅して夕食を済ませて、いつものようにイロリで沸かしたお湯を湯たんぽに入れる。灯油が高騰して薪ストーブや湯たんぽが品切れするほど売れているというが、わが家は20年以上前からずっと愛用している。
[PR]
by sumiyakist | 2008-02-23 21:34 | 自然と暮らし


<< 雪の一の滝 東京地検からの手紙! >>