ナラ枯れ・その後

c0068917_2138326.jpg

 時雨(しぐれ)というにはいささか激しい雷雨混じりの悪天候が続いたあと、11月13日、14日と、小春日の晴天が訪れる。山仕事が出来る日数は、もうあまりないだろう。山に置いた道具類もそろそろ撤収しなければならない。木々は日に日に色合いを変えてゆくが、例年に比べれば紅葉は遅れているようだ。
 夏には山の斜面の濃い緑の中で目立った ナラ枯れの木も、色とりどりの秋の山ではほとんど見分けがつかないほど埋没している。上の写真は同じマツオの尾根の最近の写真(11月14日)である。ナラは条件が良ければオレンジ色に黄葉するが、枯れたナラはいまでもずっと茶色の葉をつけている。来年の春にはもう新芽を出すことはないから、枯れ木であることが歴然とするはずだ。手前は刈り取った後のソバ畑。
c0068917_21424975.jpg

 もう少し低い側の様子。手前は我が家のタマネギとキャベツの苗。
c0068917_21443851.jpg

 いま、炭材を伐り出している山からもマツオの尾根を遠望することができる。中央の長い尾根がそれである。右下の隅に、玉切りした原木を一輪車で運んでいるうちに出来た小径が写っている。(この端まで運んで10メートルほど下の林道へ落とし、トラックに積んでカマへ運ぶ。)
c0068917_2146569.jpg
c0068917_21464376.jpg

 ナラ枯れを気にしているせいか、ある程度太い(30〜40年生)ナラを切り倒すとナラ菌の繁殖と思われる年輪の黒い汚れのようなものが目につくことが多くなった。 ひどい場合には、数日たつとタールが沁みだしたような黒い帯が現れる場合がある。これがナラ菌と確認したわけではないが、以前にはなかった、ナラ枯れがいわれ出して目立つようになった最近の現象である。
 ナラ菌を持ち込むといわれているカシナガが潜入した結果と思われる木くず(フロス)もよく見かけるようになった。
[PR]
by sumiyakist | 2007-11-15 21:50 | 自然と暮らし


<< 関組長講演会 出合橋 >>