HDクラッシュ

c0068917_8265357.jpg メインマシンとして使っているノートパソコン(iBook)のハードディスクがクラッシュしてしまった。修復の手だてはなさそうなので、取り替えざるを得ない。
 その間、10年以上前から使っていて、いまも印刷物の版下作りなどに現役で働いているデスクトップ機(iMac)を使うことにして、ネット販売でハードディスクを手に入れる。
 以前に使っていて今は子供に払い下げたノートパソコン(PowerBook)でハードディスクの入れ替えをやった経験があるから、まあなんとかなるだろうととりかかった。が、今回のiBookは同じメーカーの類似機種とは思えないほど大変だった。
 筐体がプラスチックであるために、こじ開けるのに力を入れすぎないように気を使うし、2重3重にアルミのシャーシーやシールド材が現れるからそのたびに小さなビスをいくつもはずさねばならない。左の写真が、やっとハードディスクが現れたところである。
 80Gの新品を入れて、こんどは逆の順で組み立ててゆく。どうにか組み立て終わって(この間、往復4時間ほど)、恐る恐る立ち上げる。いつもの起動音がして、どうやら成功したらしい。
 とはいえ、それからがまた大変。OSから始めてソフト類を次々にインストールし、クラッシュしたハードディスクに封印されたデータ(バックアップしてあったのもあるが)は、差しあたりどうしようもないとして、ネットのアドレスやブックマークを入れ直すなどの復元作業に一日がかり。
 
 その間に新しい情報が入ったので、前回↓の記事の大内裕和さんの発言の映像記録のリンクを追加しておいた。また、大阪の畏友=趙博(チョウ・バク)の「そしてアベ」がネットでブレイクしているのも知る。これは大いに広めたい。月末には我が家にやって来るからナマで聴けるか。
[PR]
by sumiyakist | 2007-06-02 08:55 | その他


<< 小矢部でも報告会 京都から再出発 >>