報告会

c0068917_23133219.jpg
c0068917_23141341.jpg 昨4月19日夜、富山市内で「前知事退職金返還訴訟報告会」を開いた。PRに十分な力を割けなかったこともあって、参加者は20人程度と、やや寂しい感もあったが、48ページの詳しい資料も作って、準備にはかなり手間をかけた。

 私の経過報告、石山氏の実感的オンブズ裁判報告、青島弁護士の論点解説と晴山意見書の説明などを話した後、参加者と話し合いを行った。(写真上は報告をする石山氏、下は資料)

 時系列に沿って全体を通観することで、参加者には問題点をよく理解してもらったようであるし、われわれも頭を整理するいい機会であった。

 最高裁でどういう判断が出されるのか(つまり、いったい、われわれに勝機があるのかどうか)ということが参加者の質問の一つの焦点であった。
 この点について青島弁護士は次のように話した。
 「最初から、われわれが勝つ可能性があるとすれば最高裁においてであろうということは原告やオンブズのみなさんにもそう言ってきた。つまり、現在の地裁や高裁は非常に行政に迎合的であって、まともな議論ができない。かつて市民オンブズ富山で、やはり住民監査請求から裁判に入っていった上水道談合訴訟においても、誰が見ても正当な、まったく教科書的な訴訟を提起したにもかかわらず、一審二審においては全く認めようとしなかった。しかし、最高裁では勝った。さすがに最高裁では、あまりにひどい判決を出すと国民の司法に対する信頼が損なわれるので、世間に知られたら困るようなひどいもの(下級審の判決)は直さざるを得ない。で、この知事退職金の問題がそれにあたるかどうかは、そのギリギリのところにあるように思う。学者が論文を書いたり学会で注目されたり、あるいは市民が関心をもって見つめていたりしていると、こっそり判決を書いて済ませてしまうわけにいかなくなるので、今後の運動の進め方も大切だとおもう。」
 
 さて、当日の資料の付録に富山空港ターミナルビル(株)のHPの1ページを載せておいた。
 下の方の常勤役員のところをご覧いただきたい。中沖豊氏がいまも代表取締役会長・社長を務めている。報酬もしっかり貰っているようだ。そもそもこの役職は、各種の財団理事長とか公的組合のトップなどと同じように、富山県知事のいわゆる「宛て職」のようなもので、氏が知事在職中は無給で務めていたという。ということからすると、知事を退職したならこれも辞任して後任の知事に替わるべきものだと思うが、この椅子だけ(他にもあるとの未確認情報もあるが)はしっかり確保して、ちゃっかり報酬も取っているというのは、いささか未練がましい、「美しくない」行為だと思うがどうだろう。
[PR]
by sumiyakist | 2007-04-20 23:21 | 知事退職金


<< 薪ストーブ 早朝街頭宣伝 >>