参加80人!

c0068917_9282577.jpg

 去る6月17日(土)、午後2時から「憲法をまもる小矢部の会」の設立総会と記念講演会を開いた(写真は記念講演をしていただいた滝沢荘一教授)。富山市・高岡市や金沢市から参加してくれた人もあったが、それでも80人ほどにしかならない。
 準備会のメンバー(世話人)がチケットを持って相当程度「営業活動」をし、チラシを新聞折り込みするという、市民運動としては精一杯のPR活動をしてこの程度なのである。これがわが小矢部市民の憲法にかんするの意識の現状を示していると思わなくてはならない。
 以前に、「平和ボケ」という言葉が、9条改憲派から護憲派に対する批判として用いられたことがあったが、大衆的には、まさしく「戦後民主主義ボケ」とでもいうべき状況にある。憲法の保障する「人権と平和と民主主義」の恩恵はしっかり享受しておきながら、しかも、それがあたかも天然自然に備わったものであるかのように無反省である。良くも悪しくも憲法は空気のようなものなのである。
 憲法第12条は、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」と説く。にもかかわらず、多くの人は、「不断の努力」などという面倒なことをしなくても「自然に保持されてるんじゃないか」「誰かが何とかしてくれるんじゃないか」と思ってきた。
 私は少年と言っていいような年頃から社会的・政治的な関心は強かったほうだが、特定の政治党派などに所属したことはない。いや、むしろ、いわゆる革新政党や労組の活動に、戦後民主主義を内部崩壊させかねない危うい要素が根強くあることを見て批判してきたといってよい。こんなことでは憲法をまもり抜くことは出来ないとさえ感じていた。
 だから、日本国憲法が危機的な状態に置かれることになったいま、「それみろ。だから言わないことじゃない」といいたい気持ちはやまやまである。しかし、そういってこの状況に背を向けたところでどうなるのか?  
 たまたま「ディープ・トヤマ」ともいうべきこの小矢部市に住んでいるときに日本国憲法の危機的状況に遭遇することとなった。これもまた何かのめぐり合わせであろう。
[PR]
by sumiyakist | 2006-06-21 09:32 | 憲法・教育基本法


<< またまた街宣 民主党に注意を! >>