憲法改定意見投票

c0068917_2052141.jpgc0068917_2052411.jpg

  昨日、4月29日に富山市のファミリーパークという動物園を会場にして富山のアースデーが開かれた。好天にも恵まれて、今日の新聞によれば1万7千人の入場者があったという。会場でいくつかのグループが憲法9条を改定することの賛否を尋ねる意見投票を行っていた。改定に「賛成」「反対」「わからない」の欄にシールを貼るだけの簡単なものである(右上の写真)。
 これは全国規模で行われているのであるが、特段組織的にやられているわけではなくて、各地のグループや個人がてんでに取り組んでいて、いちおう、憲法記念日の5月3日までの結果を集約して発表しようというものである。
 私は「平和をつくる富山県連絡会」というグループに加わってやってみた。アースデー会場に来るような人は平和志向が強いせいか、圧倒的に改定反対が多かったようだ。
 2チームで午後1時から3時まで行った結果は次の通りである。
   憲法9条変えるのに
   ●賛成 5
   ●反対 187
   ●わからない 30

 意見投票参加者の声
 「戦争放棄は維持すべき」「戦争には絶対反対です」
 「9条守らずに何を守るか?」「命はもっとも尊い物。
  戦争をもう二度と繰り返してはいけないと思う」
 「自衛隊の現状(戦力維持)などについて、法律で
  定義すべき」
[PR]
by sumiyakist | 2006-04-30 20:59 | 憲法・教育基本法


<< 学者意見書 石動駅街宣 >>