原発運転差し止め訴訟

 3月の16日の「上海便」訴訟につづいて、一日おいて18日、志賀原発運転差し止め訴訟の、やはり1審で被告側が敗訴した控訴審の判決が出た。裁判長は同じく渡辺修明判事。前回書いたとおり、渡辺裁判長は期待できそうな人物であったのであるが、すべて電力側の主張を容れて原判決を破棄。われわれの請求を棄却した。
 
差し止めの1審取り消し 志賀原発訴訟
2009年3月18日 19時06分
 北陸電力志賀原子力発電所2号機(石川県志賀町、稼働中)の耐震性に不備があるとして、周辺住民らが北陸電力(富山市)に運転の差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が18日、名古屋高裁金沢支部であった。渡辺修明(のぶあき)裁判長は北電による安全性の立証を認め、「原子炉に住民らの生命、身体、健康を害する具体的危険性があるとは認められない」として、運転差し止めを命じた1審金沢地裁判決を取り消し、住民側の請求を棄却した。住民側は上告する方針。
 判決は、2006年9月に改定された国の耐震指針(新指針)の妥当性を認定。「地震動を評価する手法は最新の知見を反映し、過小評価とはいえない」とした。
 渡辺裁判長は、原発直下で起こり得る地震の規模について「マグニチュード(M)6・8で十分」とする北電の想定を妥当と判断。「M7・3の地震を想定すべきだ」とする住民側の主張を退けた。
 原発の東側20キロに位置する邑知潟(おうちがた)断層帯についても、「2本の別々の断層帯からなり、連動して動くことはない」とする北電の評価を認めた。
 判決は、07年3月の能登半島地震や同年7月の新潟県中越沖地震にも言及。「外部への放射能漏れにつながる損傷は受けておらず、住民らが被ばくする危険性が示されたとはいえない」とした。
 訴訟は1999年8月、石川、愛知、岐阜など17都府県の住民が提訴。06年3月の金沢地裁の1審判決は「地震による重大事故で、住民に被ばくの恐れがある」と、商業用原発で初めて運転差し止めを認め、北電が控訴していた。
(中日新聞)


 これで金沢地裁で井戸謙一裁判長が出した画期的な3つの判決、住基ネット違憲判決・市民オンブズマンつばた、談合告発訴訟、志賀原発運転差し止め訴訟は、すべて高裁で逆転されてしまったことになる。
[PR]
by sumiyakist | 2009-03-19 00:18 | 裁判批判


<< 下肥運び また勝った!! >>