西山太吉講演会(市民オンブズ富山総会記念講演)

c0068917_20453361.jpg NPO法人市民オンブズ富山の年次総会が、11月22日(土)県民会館で開かれ、この1年の活動報告と収支報告、来年度の活動計画と収支予算などが提案されて承認された。(写真は以下もすべて会員のM氏撮影)

c0068917_20505327.jpg

 今年の記念講演には遠路福岡県から西山太吉氏にお越しいただくことが出来た。西山氏は元毎日新聞の政治部記者で、1972年に佐藤内閣が沖縄返還を成し遂げた裏に、米軍基地の跡地整備にかんして、返還協定の表向きとはちがって日米間に秘密の取り決めがあることをスクープした人物である。(この記事がもたらした結末が、外務省機密漏洩事件としてあらぬ方向に展開し、西山氏は社を辞職することになったということをご記憶の人も多いと思う。)

c0068917_2120248.jpg 詳細はウィキペディアの記事や氏の著書『沖縄密約―「情報犯罪」と日米同盟 』(岩波新書=左)をご覧いただきたいが、25年経ってアメリカで公開された公文書によって、その秘密協定の報道が事実であったことが証明された。しかし、日本政府はあくまでもそれを認めず、今日に至っている。
 西山氏はこれは国家権力による犯罪であるとして国家賠償請求を提起したが、裁判所は20年の除斥期間をたてに氏の訴えを却下した。(最高裁で確定)。
 しかし、氏(および氏を支援する多くの人びと)は、アメリカでは公文書館で明々白々に公開されているにもかかわらずわが国では「不存在」となっている密約文書について、情報公開法にもとづいて開示請求訴訟を来年早々に提起する予定で、行政と一体化した司法そのものも問い詰めたいという。


c0068917_21323386.jpg

 1931年生まれの西山氏であるが、立ったままで1時間半の講演をされ、民衆と政府とマスメディアが良き緊張を保ってこそ民主的な市民社会が成立しうるという話で締めくくられた。
 西山太吉氏の講演ということで、会員・サポーター以外の聴衆も多数参加し、補助椅子を出すほどの熱い講演会であった。

12月2日 追補
西山氏の講演の一部を会員の松永定夫さんがユーチューブに投稿している。

[PR]
by sumiyakist | 2008-11-23 21:49 | 裁判批判


<< 鎌仲ひとみ監督と語る 美しい仕事場 >>